最近のトラックバック

自家用車と福祉車両 2(特装車両からマイカーの範囲内へ)

健常者の方… それも身内や近しい関係に高齢者や障がい者を含むいわゆる要支援者にあたる人がいない立場の方々にとっては、福祉とか介護・介助とか支援という言葉はどうしても重苦しい印象というか縁遠く関心が湧きにくいものかもしれません(かく言う盛豚自身もまた、長い間自分の健康の許す限り自由と快楽を享受する事にばかり目を向ける生活を送ってきました…)。
しかしながら世の中の高齢化が進む中で、「たとえ自分自身が健康を維持できていても、家族や身の回りの事情によりそうした事に向き合わざるを得なくなってきた」という例もそう特殊なケースではなくなりつつあると言われています。

(街中を走っていても、明らかに営業車ではなくマイカーと思しき車両に『国際シンボルマーク』と呼ばれる車椅子のマークを貼っている例を見かける機会が増えました)
Img_0173

» 続きを読む

勝尾寺

昨日は光線の具合が今一つでしたが今日は朝起きた時から青空が広がっていたので、比較的近場の範囲で紅葉の偵察に繰り出しました。

Img_0181


» 続きを読む

円成寺

今年もそろそろ紅葉の季節ですね。 今年も色々撮りに行くつもりなのですが、手始めに今日は円成寺へ行ってみました。

Img_2198


» 続きを読む

自家用車と福祉車両 1(福祉車両を買ってみました)

今年の始めに自家用車を乗り換えました。 それまで費用をケチってお下がりやド中古やそれ以下の車ばかりを乗り継いできた盛豚にとって人生初の新車購入となったのですが、その対象となったのは一般的な標準仕様の普通乗用車ではなくて福祉車両です。

一口に福祉車両といっても最近の物は出来が良い上に奥が深く、それでいて標準仕様車を購入後に専門の業者さんに持ち込んで改造・特装車両を製作して貰うしか選択肢がなかった過去の時代のそれらとは異なり、さほど大仰でもない車種も増えています。
そのお陰で敷居は低くなり色々な意味で気軽にと言っていいほど買い求め易くなりました(実際、盛豚は一般のディーラー店舗で購入しました)。

Img_0016


» 続きを読む

第二十六回戦

フィギュアスケートの 羽生 結弦 選手がイメージキャラクターになってからというもの、それまで不足を訴えて献血を呼びかけ続けていた赤十字さんは血液の供給に困らなくなったらしく、緊急協力要請の呼び出しがとんとかかって来なくなって三年が経ちます(社会的には喜ばしい事なのですが個人的には寂しいモンです…)
今回はたまたま友人からの誘いもあって、いつもとは違う地元の赤十字献血センターへ行ってきました。

(採血中は医療関係の勉強に励みます)
Img_2127


» 続きを読む

«『GP Car story S.E. Lotus 1977ー1979』(三栄書房)

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ