最近のトラックバック

« ブロンプトンの純正ポンプについて | トップページ | もう一つの灯火、『リフレクター(反射板)』について »

『待つこと・譲ること』 がもたらすもの

「お先にどうぞ。」人に先を譲る行為は、自分自身に大きなものをもたらすのだと、盛豚は思っています。

目の前の狭い交差点で、歩行者の方が横断歩道を渡っているときは、少し手前で止まって、歩行者の方が渡り終えるのを待ちます。 するとその後ろから来た車が止まって、今度は盛豚に先を譲ってくれることがあります。 精神的に何かを得たような、心地よいひと時です。

そしてこの『譲る』という行為は、精神的な満足感と同時に『安全』も盛豚にもたらしてくれます。 自分が歩行者の場合や自転車の場合や自動車の場合などなど、もちろん相手が歩行者や自転車や自動車や…いろいろなケースがありますけれど、どちらが優先であっても全てに共通して言えるのは、

『相手に先に通ってもらって、相手が通り過ぎたあとに、自分は見通しが良くなってより安全になった道を行く』のが得策だろうということです。

善人のフリをして、『じつは自分が相手よりも安全な道路状況を手に入れようという。』という作戦です。(笑)  考え方ひとつで、先に行くのかそれとも待つのか、どちらの選択肢を選ぶかが変わってきます。

こう考えると、譲ることに抵抗感もなくなって来ますし、むしろ『待ったり譲ったりする方が安全で得だな!』っていう気になりません?

« ブロンプトンの純正ポンプについて | トップページ | もう一つの灯火、『リフレクター(反射板)』について »

自転車」カテゴリの記事

コメント

まぁ日本人、とりわけ大阪人はせっかちだから人より少しでも早く。早くしないと損する!だから早くってところが多分にありますよね。
あ~常日頃の自分に反省。。。

>赤トラ乗りさん

フッフッフッ、じつは私もせっかちです…。 そんな私に程よいペースを教えてくれたのは、ヒザの古傷かもしれません。 あまり負担をかけられないので、「先を譲ってゆっくり走った方がいいかな…。」と思うようになったのが、『待つ・譲る』という走り方のきっかけになりました。

おお、盛豚さんすごい!
と言いたい所ですが・・・。

僕は自動車には積極的に譲らん様にしてますね。
歩行者としても自転車としても。

免許を持ってる人で、大阪で車を運転する人は横断歩道の
前の菱形を見てもほぼ絶対に減速しないですね。僕が
信号を守る率と同じくらいに、彼らはルールを守りませんね。
この菱形を見て注意運転したり減速したりせずに歩道の端に
人影を見ても突っ込んで来ますし、横断歩道を(勿論ここ
意外でも)堂々と車中心で突っ込みますね。歩行者を待たせて
当然と思ってますし、待つ方もこの悪習慣に慣れてるきらい
があります。

信号無視も平気ですし、携帯かけながら運転してますし。
交通ルールのマナーの悪さと、事故率と犯罪率は全国有数でしょ???
犯罪者が多いのではなく、庶民の意識が低い訳ですよね。

そんな車に、低い民度に譲る必要は、法的にも道義的に
全然ないと思っています。

>歩行者の方が渡り終えるのを待ちます。 するとその後ろから来た車が止まって、今度は盛豚に先を譲ってくれることがあります。 
勿論、自転車ででも歩道は歩行者を優先します。
これは至極当たり前の事で社会的に徹底させるべきです。
僕は個人的には電車では自分より体力の無さそうな人に
席を譲りますし、知らん人の荷物とか乳母車も階段で持って
あげます。それは善意ですが、歩行者を待つのは善意では
なく必然の行為です。

けど車と逆走自転車にはそうはしません。

>Xinyi Foldersさん

確かに大阪の道を走っていると、一時停止の表示があるところを徐行程度で停止しない自動車はめずらしくないですよね。 こちらが優先車線を走っていてもちょっと怖くて、そのような自動車の前は横切れないです…。

『先に行かせれば、自分が轢かれる心配が減るので、待った方が得策だな。』と思うことがありますが、残念なことですね…。

とは言え、成るべくは盛豚さんの言うように
行きたいです。出来るだけ、ここの記事を
思い出すようしようと思います。

>Xinyi Foldersさん

恐縮です。
私自身も、自分に言い聞かせ続けていこうと思います。

譲り合いの気持ちは大切ですね。
しかし私も逆走自転車に対しては、なかなかそういう気持ちにはなれません。

>柏餅さん

自転車での逆走行為についてもいずれ書くつもりですが、自転車でも自動車でも逆走車輌とぶつかったらシャレになりませんよね。 逆走車輌に対しては『譲る』の対象外である『危険人物』として、私は自分なりに別の処理の方法をとっています。
その内容についても、その時に書かせて頂く予定です。

こんばんは。
譲り合いの気持ちは大切ですよね。
それはよくわかっているのですが実際はというと私はあまり出来てないのが事実です。
逆走自転車やマナーの悪い自転車、歩行者以外に対しては譲り合いの気持ちがあるのですが、車に関しては譲り合いどころか「車が譲らんかい!」と思ってしまうのですよね(汗)
これは少し改めた方がいいかもしれませんね。
自分では普通に車道のはしを走っているつもりでも車に対してそういう気持ちがあるからか何度かヒヤッとする事が起こってますからね。
気を付けないと。

>kimotoshiさん

これがなかなか難しいですよね。 じつは私もつい最近感じた事なんです。(苦笑)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1237208/30687827

この記事へのトラックバック一覧です: 『待つこと・譲ること』 がもたらすもの:

« ブロンプトンの純正ポンプについて | トップページ | もう一つの灯火、『リフレクター(反射板)』について »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ