最近のトラックバック

« 四万十川の思い出 | トップページ | 盛豚、奥琵琶湖を行く。 »

盛豚のキャンプ道具 その2(オプティマス123Rスベア)

最初のキャンプツーリングは楽しく走れたのですが、装備をBSモールトンに搭載してみると、積むだけで精一杯という状況でした。 学生時代に使っていた山登り用の備品は、自転車での輪行キャンプツーリングにはちょっと大きいみたいです…。 装備のサイズに課題が残りました。

装備を見直して必要最低限の備品だけに減らして、シュラフなどの備品そのものを更新するたびに、小型の物を選んでいきました。 そして今回は火器の見直しです。 輪行キャンプツーリング用に、『オプティマス123Rスベア』を買い足しました。

手持ちの『オプティマス8R』でふんばっても良かったのですが、こちらは稼動実績が30年を超えている為に、少々老朽化が目立ってきました。 また近年はフォエーブス・オプティマスなどの、歴史ある火器が姿を消す一方です。 『オプティマス123Rスベア』についても先行きが心配でしたので、新品が手に入るうちにと、梅田の『IBS』さんで買い求めました。

またしても旧世代の火器ですが、タフで信頼性の高いオプティマスシリーズの一員ですので、これからの活躍に期待です!(笑)

買っちゃいました。 新品です!

Dscf0004 

セットするとこんなカンジです。 早く使いたいなぁ…。

Dscf0005 

パッキングする時は、小物のガタつき対策として軍手を詰めました。

Dscf0007 

専用ケースに入れる時も、ガタつき対策に軍手をかぶせました。

Dscf0010 

(注)…決して物欲だけで購入した訳ではありません。(汗)

.

« 四万十川の思い出 | トップページ | 盛豚、奥琵琶湖を行く。 »

アウトドア・キャンプ」カテゴリの記事

コメント

コレ、いいですね〜。
僕も狙ってたんですが、以外と高いんですよね〜。

>A2Cさん

昨年は諸金属の高騰の影響で値上がりしましたが、今週買った時にはずいぶんとお安くなっていましたよ。
ちなみに私はIBSメンバーズカードの割引きもあったので、さらにお安くなりました。
お一ついかがですか?(笑)

A2Cさんこの前差し上げたカタログ82ページの中段に載ってましたよ! 
ひとついっとく?(笑)

>赤トラ乗りさん
>A2Cさん

A2Cさん、赤トラ乗りさんもこう仰っていることですし、ガマンは体に毒ですよ。(笑)

赤トラ乗りさん、さすがは営業職! 商売のチャンスを逃しませんね~! …ん!? これって赤トラ乗りさんの売り上げにはなりませんよね…? さては物欲と葛藤しているA2Cさんを見て、楽しんでいるんでしょう!?(笑)

ブロンプトンでキャンプツーリング、いずれ実現させたいと思っていることですが、キャンプ自体ほとんどしたことがないので実感がわきません。

ブロンプトンでのキャンプ講習会、必要なグッズや荷物の積み方、その他コツなど是非開いてください。

>tac-phenさん

了解しました! 下記の三段階セットでのスパルタな講習会になりますので、覚悟して下さい!


①赤トラ乗りさんの『磨き塾』
 (出発前のメンテで、車輌を新車以上に磨き上げます。)
②A2Cさんの『ボーイスカウト式 焚き火・飯ごう炊さん塾』
 (ご飯が焦げたら退学です…。)
③盛豚の『レトロ備品による輪行キャンプ塾』
 (テキトーに積んでいきなり出発!)


この三段階をクリヤーできたら、免許皆伝の茶話会兼晩酌が待っています。 ①の講師が一番厳しいので、心して申し込んで下さい。(爆)

>tac-phenさん

追伸:冗談はさておき、一度日帰りか何か軽くやってみますか?

えっ!?結局『磨き塾』はないの?
なんちゃって 
この前のご自身のブログみる限り既にtac-phenさんは免許皆伝済みです(認)

おーっ、厳しい道のりが待ってるんですね。

何事も1日にしてならず。

そしたら盆空けぐらいにまたミーティングを開きましょうか。

>赤トラ乗りさん

いや~新車以上の輝きは一日にしてならずですよ。
『磨き塾』は長くなりそうですので(笑)、お先に③『輪行キャンプ塾』をさせて頂きますね。

>tac-phenさん

盛豚のキャンプ・アウトドアはシンプルですので、一般的なアウトドア派の方から見たら、少々「???」かもしれません。 そのスタイルについては、ブログの方でもおいおいご紹介していきますね。
お盆が明けたら、一緒にアウトドアな気分を味わいに行きましょう。 

シンプルなアウトドア、イイじゃないですか~。段ボール箱1つあれば路上で寝れますよね。(激違) キャンプ装備も究極的にオプティマイズすると、シンプルになりますよね。
1つだけお薦めしておきますと、背負子。折り畳み小径車も、背負子に乗せれば両手が空きますから、崖とか滝を登るような「イザ!」って時には有効かと思われます。

>yukkyoさん

>段ボール箱1つあれば路上で寝れ…

いや、それはビミョーに違う気が…(汗)。

>折り畳み小径車も、背負子に乗せれば両手が空きますから、崖
>とか滝を登るような「イザ!」って時に…

なるほど !!
…ん !? あれ? 崖? 滝? いえ、あの…アウトドアの方向性がビミョーに違う気が…。(大汗)

ありがとうございます。

楽しみにしてます。

>tac-phenさん

こちらこそ楽しみにしています。
よろしくお願いしますね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 盛豚のキャンプ道具 その2(オプティマス123Rスベア):

« 四万十川の思い出 | トップページ | 盛豚、奥琵琶湖を行く。 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ