最近のトラックバック

« ブロンプトンのカスタム その1(内装5段) | トップページ | 奈良和菓子ポタ »

盛豚のキャンプ道具 その4(二重構造のマグカップ)

山登りやアウトドアでは、『ちょっと飲み物を飲む』ことで暖を取ったり、雰囲気の味わいが深まったりすることがあります。 そんな時に活躍してくれるのが、マグカップです。

Dscf0042

盛豚が愛用しているマグカップは、二重構造になっているので断熱効果があります。 真ん中の層は真空になっていて熱が伝わりにくく、さらに縁がカールしているので、熱いコーヒーを入れても外側や飲み口は熱くなりません。 また、寒い所にいても中身は冷めにくいという優れ物です。 今でこそ珍しくありませんが、20年前に手に入れた頃は、ちょっと自慢のアイテムでした。

このマグカップは、大学一年目で初めて白馬岳に登った時に、「日本アルプスに登ったこの感動を、これからの山登りでも感じ続けたい。」という想いから、記念に買って帰りました。 お店に並ぶカップの中から、側面にペイントされた『WIND BLOWING HILLS』(風吹く丘)というロゴと、樽みたいで愛嬌のある形が気に入って、これを選んだのです。

あれから20年…。 幾多のキャンプや茶話会(みんなでコーヒーなどを飲みながら、談笑してくつろぎの時を過ごすことです。)で、味わい深い一時をもたらしてくれたこのマグカップは、盛豚が最も長く使い続けている、キャンプ道具の一つです。
使い込んでいるので外観は傷んでいますし、ロゴも擦り傷で消えてしまいましたが、持ち手の取り付けや断熱性は全く衰えを知りません。
堅牢性が高くて今も現役で働いてくれている、お気に入りの一品です。

見た目はボロだけど、思い出でピカピカさ!(笑)

Dscf0040 

 

« ブロンプトンのカスタム その1(内装5段) | トップページ | 奈良和菓子ポタ »

アウトドア・キャンプ」カテゴリの記事

コメント

それでは今日のコーヒーの味もさぞかしおいしかったのでは???

>赤トラ乗りさん

もちろん!
最初の画像でカップの横に置いてあるのは、フィルムケースに詰め替えて持参したインスタントコーヒーです。 アウトドアで有名な『シェルパ斉藤』さんの著書で紹介されていた持ち運びワザです。
ゴミを出さずに済みますし、湿気も防げますので重宝しています。 ドリップコーヒーには叶わないかもしれませんが、そこはkimotoshiさんの言われる『外で飲むと何でも美味い!』でカバーです!(笑)

こういう食器類は割と手に入れやすい金額なので
僕はついついいろいろ買ってしまいますね(笑)
今のお気に入りは今日も使ってたダイネックスですね。
600円程で買えますし、こっそり2重構造なので
多少保温性もあります。色もいいので他の色も欲しかったりします(笑)
また物欲が・・・

>A2Cさん

A2Cさんのマグ、「さりげなくお洒落だなぁ。」と思っていたのですが、意外とお求め易いお値段なんですね。
とりあえず全色いっときましょか?(笑) 

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 盛豚のキャンプ道具 その4(二重構造のマグカップ):

« ブロンプトンのカスタム その1(内装5段) | トップページ | 奈良和菓子ポタ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ