最近のトラックバック

« ブロンプトンのカスタム その3(旧型のフェンダーとテールランプ) | トップページ | ランドナーやキャンピングが欲しい… »

大原野 海鮮丼 稲荷ツアー

24日はotakeさん主催の『大原野 海鮮丼 稲荷ツアー』に行ってきました。

otakeさんといえば、以前もディスカバー京都な『ジャンボツアー』で大変お世話になっており、今回も期待『大』にして京都は桂へ向かいました。

Dscf00382

参加者はotakeさん・赤トラ乗りさん・kimotoshiさんXinyi FoldersさんA2Cさん・柏餅さん・盛豚の7名です。 AM11:00に阪急桂駅に集合して、早速出発です。

まずは桂坂野鳥園へと向かいますが、いきなり京大桂坂キャンパスを通り抜ける上り坂が待ち受けていました。 上り坂大好きの変態ブロンプトン乗り達(笑)をもてなすべく、otakeさんが仕掛けたワナに違いありません!  ところが大阪から自走で集合されたkimotoshiさんは走り足りなかったのか、グングン上っていかれます…。
対して本来、盛豚は上り坂禁止男です…。 しかし今回はこんな事もあろうかと、9月に一人合宿をしてきましたので、なんとか上りました。
道中でもチラホラと見かけたのですが、桂坂野鳥園では少し紅葉が始まっていました。 

Dscf0032_2 お次は本日の目玉商品『海鮮丼』へ向かいます。 その道中では整備された模範的な道路がありました。 車道・自転車道・歩道が分離されています。 今の日本では自転車の車道走行が義務化されているものの、残念ながらそれに合わせた道路整備はほとんど行われていません。 法律と現実が整合性を持たない状況だと思います。 それに対する答えがここにあるような気がします。

Dscf0033_2 そしてお昼はこの日の目玉商品、『茶房か寿が』さんの海鮮丼です!

Dscf0038_3 アッという間に頂きました。

続いて大原野神社を訪れます。 赴き深いこの神社には、ぜひ紅葉の時期にもう一度訪れてみたいものです。 きっとフイルムが尽きるまで写真を撮り続けてしまうでしょう。

Dscf0046_2 お次は竹林を通り抜けて…、

Dscf0050 走田神社を経由して長岡天満宮に向かいました。

Dscf0059_3

ここはotakeさんが縄張りとされているトコらしく、みんなでお参りしてから近くで小休止を兼ねてテイータイムにしました。 みなさん、お茶とお茶菓子ごちそうさまでした。

Dscf0064_2 ここからは少し急ぎましょう。 幕末に坂本くんがバッサリやられた旅籠『寺田屋』さんの支店を見物して…、

Dscf0069_3 最後は京都伏見稲荷神社です。

Dscf0090_2

Dscf0072_3 そしていよいよ伏見稲荷ヒルクライムです。 ブロンプトンを残して、みんなで自歩(笑)です。

Dscf0080_2 闇に向かって上ります。

Dscf0082_2 お参りのつもりがお稲荷さんに食べられてしまいそうな雰囲気ですが、とにかく上ります…。

Dscf0084_2 なんとか頂上に着いてお参りしました。 この怪しい薄暗さが、なんともいえないビミョーな雰囲気です。 盛豚は初めて訪れましたが、おそらく昼と夜では大きく雰囲気が違うのでしょうね。

なんとか取って食われる事もなく、降りようかと下を見ると夜景が…。(otakeさん、観光ガイドで食っていけますね!)

Dscf0087_2 盛豚は京都といえば市内の碁盤の目みたいな町と、観光名所的なお寺に目が行きがちでしたが、またしてもotakeさんのおかげで新しい京都を堪能できました。

みなさん、お疲れ様でした。

otakeさん、また新しい京都をありがとうございました。  今回もとっっっっても楽しかったです!

『茶話会(さわかい)』参加者募集中です。

« ブロンプトンのカスタム その3(旧型のフェンダーとテールランプ) | トップページ | ランドナーやキャンピングが欲しい… »

自転車でツーリング・ロングライド」カテゴリの記事

ブロンプトン」カテゴリの記事

コメント

いやー今回もOtakeさんはじめ皆さんのお陰で本当に楽しい一日を過ごすことができました。感謝!感謝!です。いつもありがとうございます。

さすがに伏見稲荷神社の80分以上の登山?のころにはそれまでに消費カロリーを使いきっており、お腹ペコペコを通り越し空腹状態の限界でした。今後はチョコレートなど簡単に食べれるものをカバンに入れておくようにします。頂上付近の自販機で缶コーヒー飲まなかったらマジ糖分切れで倒れてたかも・・・。

>赤トラ乗りさん

お疲れ様でした。 楽しい一日でしたね。
伏見稲荷の千本鳥居では私もガス欠気味でしたが、ジュースの自販機があっただけでも助かりましたね。 非常食の導入は検討の価値アリですね。
また色々と相談に乗ってください。(笑)

こんばんは。私の家の前も通過しそうなくらいご近所でしたね。桂駅からの坂はなかなかきついでしょ。
私は輪行する行きはいいのですが帰りは荷物が増えているのでこの坂にヒイハアなります。
5段化してよかった、ていつも思います。

海鮮丼の店はこれまたものすごいご近所にもかかわらずまったく知らなかったです。
近々行ってみます。ヘ(゚∀゚ヘ)

伏見稲荷は夜のほうが雰囲気あって好きです。
鳥居が左右に分かれるところ、どっちにいくか迷いませんでした?行き先は同じなんですけど人生の岐路っぽくていつも緊張します。

ともかく楽しく長距離を走られたようでよかったですね。
お疲れ様でした!

>泉さん

こんばんは。
なるほど、知らずにお住まいの近所を通っていたのですね。(笑)  桂坂は上り応えがありましたよ。 今回は空荷でしたので上れましたが、もしフル装備でしたら厳しかったでしょうね。
あの辺りにお住まいでしたら帰りのことを考えると、買い物の時にも予算のほかに重量も計算しなければなりませんね。(笑)  まぁ重量がオーバーした場合は、『(裏)ブロンプトンの楽しみ方』(押して歩くことです。『ハイキング』とも呼びます。)という裏技がありますので、ぜひお試し下さい。(笑)

海鮮丼のお店は私も初めて知りました。 立地的には山菜料理が似合いそうな場所ですが、お魚系が美味しかったので少々驚きました。 オススメなお店ですよ。

夜の伏見稲荷(千本鳥居)は、ちょっと怪しい雰囲気が気に入りました。 分かれ道になる度に、なぜかより怪しい方へと足が向いてしまい、頂上へと吸い込まれていきましたので(特に上りたいと思ってはいなかったのですが…)、もしかしてワナなんじゃないかなと思ったほどです。(苦笑)

走ったのか上ったのかよく判らない一日でしたが、楽しくすごせたのは確かですね。(笑)  また一つ京都が好きになりましたよ。

昨日はありがとうございました。

海鮮丼のお店までの道は確かに良い感じでしたね。
海鮮丼の写真を見てたら食べたくなってきました。
私は別の物を注文しましたので、、、

>柏餅さん

お疲れ様でした。
海鮮丼、美味しかったですよ。 でも皆さんが注文されていた穴子も美味しそうでしたね。 できれば両方食べたかったのですが、そこまでお腹に収まりそうになかったので…。
何でしたら一緒にリベンジしに行きます?(笑)

昨日はお疲れさまでした。
ほんまotakeさんにはいろんな意味で
毎回楽しませて貰いますね。

それにしてもなんだかんだ言いながら
皆さんタフですね。
ついて行くのがやっとです・・・

お疲れ様でした。
縄張りてなんですか(笑)

>整備された模範的な道路
この辺は洛西ニュータウンという地区で、走りやすい道が多いですね。

紅葉はもう少し先に見頃になると思います。
お寄りの際には大原野神社からすぐの花の寺にも行ってみてください。有料ですけど。

こんばんは。
日曜日はお疲れ様でした。
今回もotakeさん企画の京都ツアー、めちゃくちゃ楽しかったですよね。
前回に続きほとんど知らないところを案内してもらえるのでまた新たな京都を発見出来る感じがします。
お昼ごはんも美味しかったし大満足。
また次回もよろしくです

まいど〜。お楽しみ様でした!

僕も海鮮丼の写真をみたらそっちにしたら
良かったなと思いました。

>幕末に坂本くんがバッサリやられた

坂本くんって・・・。同級生かいな!

>A2Cさん

お疲れ様でした。
otakeさんはゆかいな仲間達の京都担当ガイドだけあって、一味違う京都に導いてくれますよね。 次はどんな京都を見せてくれるのか楽しみですね。

A2Cさん「皆さんタフですね。」なんて言いつつ、伏見稲荷の千本鳥居ではフツーに喋りながら上ってませんでした?(笑)

>otakeさん

楽しい一日をありがとうございました。

>縄張りてなんですか(笑)

あれ?『庭』でしたっけ?(笑)

洛西ニュータウンのような道は、ぜひ日本の模範的道路として普及してほしいですね。
紅葉は11月の上旬が見頃なのでしょうか? 大原野神社の他にも『花の寺』ですか、ぜひ行ってみたいです。
京都は見所が本当にたくさんあるので迷ってしまいますね。(笑)

>kimotoshiさん

お疲れ様でした。

otake日本ツーリストさん(笑)が企画されるディスカバー京都なツアーは、本当に楽しくて味わい深いツアーですよね。
これからも新しい京都との出会いに、期待してしまいます。 そしてジャンボなお昼ごはんにも期待です!

こちらこそ、また次回も宜しくお願いします。

>Xinyi Foldersさん

お疲れ様でした。

今回のツアーは海鮮丼が目玉商品だと思っていたのに、みんな穴子丼を注文されていたので、???と思っていたのですが、確かに穴子丼見ていて美味しそうでしたよ。

>坂本くんって・・・。同級生かいな!

小学生の頃に、「上級生には〇〇君って呼びなさい。」と先生に教わったもので、つい…。(笑)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大原野 海鮮丼 稲荷ツアー:

« ブロンプトンのカスタム その3(旧型のフェンダーとテールランプ) | トップページ | ランドナーやキャンピングが欲しい… »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ