最近のトラックバック

« バックミラーの話 | トップページ | 進行中… »

物欲御殿の恐怖…

ブロンプトン仲間のkimotoshiさんから、ゆかいな仲間たちで新年会をやろうとのお誘いを頂きました。 kimotoshiさんといえば『物欲』。 そして今回の会場は、ゆかいな仲間達きっての堅実派のtac-phenさんをも犯してしまった事で恐れられている、恐怖の『物欲御殿』です。 イヤな予感がしました…。

 

以前にも述べた通り、盛豚はランドナーやキャンピングが欲しいヤツですし、最近は更にリカンベントが気になって仕方ありません。 そこで新年会には小銭しか持って行かない作戦で臨む計画を立てました。 これなら『物欲御殿』の魔力も怖くありません。 何しろ盛豚はカード嫌いの現金主義者ですので、現金の持ち合わせが無ければ買い物は出来ないからです。
「勝った!!」
計画を立てただけだというのに、万全な対策が出来たつもりになり、安心していました。 しかし『物欲御殿』の魔力は、そんなに甘い物では無かったのです…。

ある平日の仕事帰りに、何かの波動を感じて電車を途中下車しました。 足が向いたのはとある自転車屋さんです。
久し振りにお会いする店長さんと歓談している内に、今度は強い波動を感じました。 波動が体に浸透するにつれて、脳から一つ…また一つ…と何かが消えて行きます。
とうとう残ったのは物欲と買い物をする時に特有の快感だけになってしまいました。 もはや理性のカケラもありません。 いつの間にか歓談が商談になり、商談が進むにつれてエンドルフィン(快楽物質です)が分泌されて行きます。 そうして本能の赴くままに逝ってしまいました…。

そう、波動の正体は『物欲』です。 そしてその波動を放っていたのは、あの『物欲御殿』だったのです! 和菓子以外には財布のヒモを緩めない筈のtac-phenさんでさえ帰り道の途中で負けたほどの強力な波動は、盛豚など足を踏み入れなくても支配できるほどの強大な魔力を持っていたのでした。

3 (こんな出費、BSモールトン購入のとき以来です…。)

負けた…。

狙った獲物は逃さない、『物欲御殿』恐るべし!

« バックミラーの話 | トップページ | 進行中… »

リカンベント」カテゴリの記事

コメント

盛豚さんまで御殿の餌食に・・・
恐ろしや物欲御殿。

>A2Cさん

訪れなくても波動を放つとは、恐るべき物欲御殿!

kimotoshiさんの宿命の物欲ライバルであるA2Cさんが訪れようものなら、破産するまで買い続けてしまいそうですね…。

おや?
今頃物欲御殿の恐怖を感じているのですか?
これじゃ来年の新年会が思いやられますよ。
なんてったって当日は4台あるパソコンをすべてネットに繋げてポチれるようにするのですから(爆)
思う存分逝って下さいませ(笑)

ところで逝ってしまった物は自転車のフレームですか?
写真ではよくわかりませんでした(汗)

>kimotoshiさん

現在、新年会に向けて新たな対策を検討中です。 あぁ恐ろしや『物欲御殿』…。

ご推察の通り、これは自転車のフレームです。 でも、完成したら自宅の部屋に入りきれるかどうか、定かではありません。 金額を省みずに買い物をした事は今までにもありましたが、収納出来るのかも判らずに買い物をしたのは初めてです…。

『物欲御殿』恐るべし!
 

初めまして。otakeさんとこからやって参りました。
ランドナーに興味があるとか。う~む、珍しい。
つい先日、サンジェのエルネスト氏死去で、3代目たるオリビエ氏に引き継がれるとのこと。
ただ、彼は現在志向の人間だそうなので、今や絶滅危惧種と化したおっさん達は一体どうなるのだろうと案じております。
神田のアルプスも無くなってしまった今、ランドナーの世界はどうなっているのかなぁ。
もしかして、今や時代はロングテールの自転車に変わってしまうのだろうか?
と、正月から酔っ払いつつコメントしてみますた。

>浮雲さん

初めまして。 コメントありがとうございます。

私はランドナーやキャンピングには『試乗した事がある』という程度の経験ですが、ゆるやかな河の流れの様な走りを楽しめて、落ち着いたいい自転車だと思います。 あの『ゆったり感』がたまりません。

記録と限界に挑むロードレーサーとは異なる方向性の自転車ですので、進歩・変化というものが数字に表れにくく、測るのが難しいものかもしれません。 しかし、乗ってみれば数字にならない良さというものが感じられますね。

サンジェさんは新しい時代に移るのかもしれませんが、オリビエ氏が引き継がれる事で従来とは多少路線が変化しても、これからも次の時代への自転車を送り出してくれるでしょう。

業績面の理由ではなく、伝統的なクランクが手に入らなくなったという理由で、アルプスさんが素晴らしい自転車作りを終えられてしまったと噂で聞きましたが、とても残念に思います。 私はまだアルプスさんのランドナーやキャンピングに乗った事はありませんが、ローバー等がすさまじい程の低重心で生み出す乗り味は、比類ない安定感を発揮すると聞き及びます。
それ程までに優れたフレーム技術があるのなら、一つのパーツを置き換えたぐらいで性能や乗り味は揺らぐ事は無いと思うのですが…。 外観も含めた拘りも大事だとは思いますが、出来る事なら再販して欲しいと願っています。
 

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1237208/32677737

この記事へのトラックバック一覧です: 物欲御殿の恐怖…:

« バックミラーの話 | トップページ | 進行中… »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ