最近のトラックバック

« 長岡天満宮へ | トップページ | 淡路へ… »

リカンベントのポジション調整

一般的に自転車のサドル高のポジションは、若干低めの位置から少しずつ上げていく方向に調整するのがセオリーだとされています。
リカンベントの場合これに該当する調整は、ブームの長さ調整です。 ブームとは、ペダル・クランク・BB・ギヤ板が付いている車体の先端部のことです。 下の画像では黄色いフレームの前(右側)の黒い部分がそれです。
最初は少し体に近い位置にセットして、慣れてきたら少しずつブームを体から遠ざけるように調整します。

10042801

. 

昨年末に納車したOPTIMA・LYNXXは盛豚にとって初リカンベントでしたので、店長さんからのアドバイス通りに、慣れるまでの間はブームを少し近めにセットして乗ることにしました。 乗り始めるとアドバイスは的中し、初心者に優しい仕様で順調なリカンベントデビューを果たすことができました。 そしてつい先日も明石海峡大橋へ往復100kmの遠乗りに行くなど、少しずつながら4ヶ月で500kmほど走りました。
ある程度乗り慣れてきたのか、これまでのポジションが「少し窮屈かな?」と感じられるようになってきました。

今回はまだベストポジションを出す段階ではありませんが、結果的にブームを9mmほど伸ばした位置に落ち着きました。
ブームを上から見ると少し白っぽく見える部分が、今回の調整で伸ばした部分です。
10042802  

これでまたしばらく走ってみて車体にもっと慣れたら、次の調整をしてみたいと思います。

ちなみにこの調整をした日は、リカンベントを購入させて頂いたUNPEU(アンプ)さんがオープンから二周年を迎えられた日で、営業時間終了後にたくさんの人たちが集まって、記念パーティーが開催されました。

10042803  

UNPEU(アンプ)さん、二周年おめでとうございます。
そしてこれからもワガママ盛豚を宜しくお願いします。(笑)

 

 

第3回ブロンプトン・ミーティングが開催されます。

 

« 長岡天満宮へ | トップページ | 淡路へ… »

リカンベント」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1237208/34432224

この記事へのトラックバック一覧です: リカンベントのポジション調整:

« 長岡天満宮へ | トップページ | 淡路へ… »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ