最近のトラックバック

« 盛豚のキャンプ道具 その8(3シーズン用シュラフ) | トップページ | 長岡天満宮へ »

盛豚のキャンプ道具 その9(エアーマット)

キャンプをする時には、テントの中にテントマットを敷いて、その上にシュラフ(寝袋)を置いて寝ます。

10042000

. 

盛豚的にはテントマットに求める主な機能として、4つのポイントが挙げられます。

①断熱性
②防水性
③クッション性
④収納性

いずれも『ある程度』でいいのですが、自転車でのキャンプツーリングでは積載スペースの都合から、④に頭を悩ませました。

10042002  

盛豚は夏山登りではシート状の銀マット(右)を使っていました。 雪山に登り始めてからは厚手なロール状の銀マット(中央)を買い足しました。 そして自転車での輪行キャンプツーリングを始めてからは、小さく収納できるエアーマット(左)を買い足しました。

コンパクトですが…
10042001  

広げて…
10042003  

空気を吹き込むとできあがり!
10042004  

 
装備は小さく収納できるに越した事はないので、機能的にエアーマットは便利です。 でも、かさばるロールマットだって、見た目がいかにも「旅してる!」って雰囲気があって好きです。(笑)

10042005  

 

 

第3回ブロンプトン・ミーティングが開催されます。

« 盛豚のキャンプ道具 その8(3シーズン用シュラフ) | トップページ | 長岡天満宮へ »

アウトドア・キャンプ」カテゴリの記事

コメント

銀マット!
懐かしいです、物持ち良いんで私も歴代のマットをまだ持ってます(笑)

現役モデルはモンベルですよね、多分サイズも同じのを使ってる様です(笑)

ロールマットはキャリーマットと言う今では聞かないメーカー製を使ってました・今でも時々は使いますが。 フレームザックにはロールマットが似合うデス。

>kazさん

こんなに身近なところで私以外にも歴代マットを持ってられる方がいらっしゃったとは! 感激です。(笑)

いかにもエアーマットはモンベルさんの製品です。 奇遇ですね。

アタックザックの中にはシート型の銀マット、フレームザックのトップにはロールマット。 私の学生時代にはそれぞれが定番でした。 懐かしいなぁ~。(笑)

キャンプ、楽しそうですね。。
十数年行ってませんけど・・
ちなみに今までどのような所に行かれたのですか?
しかし、その装備を全部ブロに積めるところがスゴいです・・

>こっさんさん

キャンプは楽しいですよ~。 これからも『たまに』でいいので、思いっきり開放感のあるアナログな時間を満喫したいです。
これまでにBSモールトンやブロンプトンで、四万十川・しまなみ海道・奥琵琶湖・『Coast to Coast(糸魚川~富士)』などにキャンプツーリングに行ってきました。 ただただ「キャンプしたい。」ってカンジなので、走行距離は少なめですけど…。(笑)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 盛豚のキャンプ道具 その9(エアーマット):

« 盛豚のキャンプ道具 その8(3シーズン用シュラフ) | トップページ | 長岡天満宮へ »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ