最近のトラックバック

« LYNXXのカスタム その2(E.B.S.さんオリジナルセンターブラケット) | トップページ | 『色』への執着 »

遠乗り

赤トラ乗りさんと遠乗りに行ってきました。

10061202

. 

LYNXXに小物入れを付けたので、早速パンク修理具や工具を積んで遠乗りに行ってみることにしました。 和菓子大好きの赤トラ乗りさんを「京都に行きますよ~!(ホントに行くだけ…)」とおびき出して、淀川サイクリングロードを京都に向けて出発です。 赤トラ乗りさんは週末専用のPハンドル仕様ブロンプトン『ジャガー号』に乗って来られました。

10061201  

淡々と走って京都市内に入ると、とあるリカンベント博物館を訪れました。 盛豚、壁を埋め尽くすリカンベントの山を見上げている内に、ヨダレが…。

10061203_2  

博物館の次は松尾の『はやし屋』さんで冷やしにしん蕎麦を頂きました。 美味し!

10061204  

腹ごしらえがすんだら帰路に着きます。 桂川のとある橋のトコで休憩を取ったのですが、リカンベントのLYNXXはここでも人気で、野鳥の撮影に興じる方々とお話させて頂きました。

10061205  

淀川に入ると向かい風が強くなり、その後は終始向かい風との格闘になりました(行きは追い風なんて吹いてなかったのに…)。
枚方凍氷さんに到着した頃には二人ともヘトヘトでしたが…

10061206  

絶品のマンゴー味のかき氷を頂いたら生き返りました!(赤トラ乗りさんは桃味!) 

10061207  

再び向かい風と闘いながら帰路を走っていると…

10061208  

LYNXX納車から半年を目前に、やっと走行距離が1,000kmに達しました。
うん、これからもあっちこっち走りに行こうっと!

赤トラ乗りさん、お疲れ様でした。 本当にタダの遠乗りだったので退屈させてしまったでしょうね。 まっ、念願の枚方凍氷さんのかき氷に免じてヨシとしといて下さい。(笑)

 

 

※… 一部、赤トラ乗りさんの写真を使用させて頂きました。

 

 

« LYNXXのカスタム その2(E.B.S.さんオリジナルセンターブラケット) | トップページ | 『色』への執着 »

リカンベント」カテゴリの記事

自転車でお出かけ」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした(苦笑
行きたかった伏見ふたばの豆大福も却下され(涙
ホントに行くだけでした(嘘つき
自宅から嵐山の手前松尾まで往復自走で130Km程度でしたが、帰りの淀川サイクリングロードの向かい風はすごかったですね~ッ。Pハンドルのブロで正解!低姿勢にして退屈と感じるヒマもなく必死でこぎました。
梅雨入り前に遠出できたのは良かったのですが、激走の代償に古傷を再発させまして(汗
・・・帰宅後、左膝靱帯アイシングしてます。梅雨入りしたら当分おとなしくしてます。

赤トラさんのP仕様…見たかったな~。
もしかして、先週テルミニにも乗ってきてらっしゃってたんでしょうか?

A2Cさんへ
ハイ、先週はP仕様でテルミニさんに行ってました。週末はテルミニさんに常駐してます(笑
是非赤トラ号に試乗してみてください♪
きっとA2CさんもPハンドルにしたくなりますよ(笑

こんにちは。
お疲れ様でした。
梅雨入り前の晴天時に名コンビで楽しまれたようで何よりです。
なるほど、トラさんを肉ではなく和菓子でおびき出したんですね(笑)
なかなかの戦略家、トラさんの悲しそうな顔が目に浮かびます(爆)
リカンベントも本当に楽しそう。
一度試乗、よろしくです。
そういえば同じ土曜日、なにわ筋を北上中にローレーサーに乗った方が西から東へ走って行きました。
多分盛豚さんはよくご存じの方だと思いますがローレーサーってかなりのスピードが出るんですね。
ビックリしました。

リカンベント博物館・・・
五条通りのところですかね?
私はそこで今乗っているブロンプトンを買いました。。
ちなみにSKINSのタイツ、私も愛用してます。。

リカンベントの注目度は今回も高かったようですね。
自転車きっかけに知らない人とコミュニケーションを取れるのがいいですね。
ちなみに、リカンベントはこちら(関東)でも稀少なのか、今のところ1台しか出くわしておりません。

>赤トラ乗りさん

お疲れ様でした。
博物館から伏見ふたばさんへの道は分からず、豆大福はどこ吹く風…(笑)
帰りの淀川CRでは向かい風に悩まされましたね。(苦笑) 和菓子は影も形もありませんでしたが、一日中P仕様のテストランで充実したことと思います。(キッパリ!)

ついつい頑張ってしまいがちですが無理は禁物です。 左膝、大事にして下さい。

>A2C

赤トラさんの『ジャガー』はP仕様になってから、ヘビーの度を増しましたね。 しかし乗ってみるとウソみたいに軽いと評判です。
『調律』という言葉が相応しいこの一台、ぜひ試乗してみたいですね。

>kimotoshiさん

こんばんは。 梅雨入り前にちょっと足を伸ばして来ました。(笑)
このトラさんの『肉には見向きもせず、和菓子の誘惑に弱い』という特性を利用しておびき出しました。 人手不足などでご入り用の際にはぜひ試してみて下さい。(笑)

リカンベントは街乗りでもこんな遠乗りでも、気持ちにゆとりのあるサイクリングを楽しめます。 近い内に一度試乗会をしなきゃいけませんね。(笑) その時には宜しくお願いしますね。
これがローレーサーになると信じがたい程の走行性能を発揮するそうです。 私もぜひ一度お毒見をしてみたいと思う今日この頃です。

>こっさんさん

いかにも五条通りの博物館です!(笑)
この日もリカンベントの他にブロンプトンなども展示されていました。
リカンベントにレーサーパンツはパッドが邪魔になるので、SKINSのコンプレッションタイツを新調しました。 初めて着用したのですが快適で気に入りました。
これってイイですよね!

>ocean810さん

リカンベントの不思議な雰囲気は、初対面の人とのコミュニケーションのきっかけという意味でも役立ちます。 この日も大活躍でした。(笑)

関東ではまだ少なめなリカンベントかもしれませんが、多摩川CRにはたまに黒いローレーサーが出没すると聞き及びます。 そのローレーサーは私の憧れの『幻の一台』です。

>Mr,PARK

hi.

Wellcome to my blog.

OPTIMA LYNXX makes me happy.

Let's enjoy each other!

So,long. 

この記事へのコメントは終了しました。

« LYNXXのカスタム その2(E.B.S.さんオリジナルセンターブラケット) | トップページ | 『色』への執着 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ