最近のトラックバック

« 盛豚のキャンプ道具 その11(ライト・灯り) | トップページ | 盛豚のキャンプ道具 その12(使いかけのロールペーパー) »

盛豚のキャンプ道具 番外編(レトルト食品)

盛豚がブロンプトンで輪行キャンプツーリングに行く時には、念のために食料も少し持って行きます。

10080801

. 

盛豚はキャンプツーリングでの食事について基本的に外食ですませています。 ですが夕食や翌朝の朝食が現地調達できなかった場合に備えて、レトルト食品を携行することにしています。
旅行的要素が充実しすぎると宿が恋しくなるので、自然を肌で感じたいキャンプツーリングでは開発された観光地からは若干距離をおいて行動することがあり、食料調達がままならない場面もあるのですが、そのような場合に備えて携行しておくと安心です。

これが意外とよく活躍してくれます。 盛豚流輪行キャンプツーリングでは影の実力者達です…。(笑)

« 盛豚のキャンプ道具 その11(ライト・灯り) | トップページ | 盛豚のキャンプ道具 その12(使いかけのロールペーパー) »

アウトドア・キャンプ」カテゴリの記事

コメント

なるほど・・・多少の荷物にはなるでしょうが、
何らかのトラブルで道に迷ったり、足止めを余儀なくされる
ケースの非常食としても使えますね。
「保険」として携行するメリットがありそうですね。

>ocean810さん

有効な『保険』だと思います。 この保険があれば、たまたま素晴らしいキャンプ適地に出会った。→そのままそこでキャンプ♪ なんてのもアリです!

夏場でもレトルトは良いよね、重いのがネックではあるけど。
疲れたときは暖かい物は良く効きます。

うちはレトルトよりインスタントラーメン派かな?
マルタイ棒ラーメンは絶対必要。

>kazさん

夏場でもレトルト! 秋山でもレトルト! 雪山でもレトルト!! 
仰る通り、疲れた時は季節を問わず暖かい物が良く効きますよね。 それとサッポロ一番は永遠の友達です!(笑)

米に関しては現役時代に『飯炊きで盛豚の右に出る者ナシ』とか、白い巨塔の外科の財前・内科の里見よろしく『飯の盛豚・おかずのK』などと云われた私でしたが、近年ではすっかりα米に馴染んでしまいました…。(苦笑)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 盛豚のキャンプ道具 番外編(レトルト食品):

« 盛豚のキャンプ道具 その11(ライト・灯り) | トップページ | 盛豚のキャンプ道具 その12(使いかけのロールペーパー) »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ