最近のトラックバック

« 盛豚のキャンプ道具 その12(使いかけのロールペーパー) | トップページ | お盆の天気は… »

お盆と上司の思い出

毎年お盆になると、昔の上司のことを思い出します。

10081301

. 

盛豚家の盆供養は毎年8月12日に行います。 会社にはお盆休みがなく、交代で休暇を取る仕来たりになってますが、盛豚が職場では駆け出しだった頃は休暇を取ったことがありませんでした(今でもその名残りで12日以外に休暇を取ることはありません…)。 若い頃に休暇を取らなかった背景には、その当時の上司の存在が深く関わっていました。

 

お盆に会社が営業していても、ハッキリ言ってヒマです。 取引先のほとんどが盆休みなので、なぜ営業しているのか未だによくわかりません。 ですが若い頃の盛豚はそのヒマさをフル活用していました。
実は当時の直属の上司は『人工透析』を受けている方でした。 週に三回、平均5時間の透析は体に大変な負荷がかかることを、盛豚なりに勉強して理解しているつもりでした。 その通院のために週に三回は午後から『下っ端だけの部署』となり、色々としんどい事もありましたが、直属の上司・その上席の上司と尊敬する二人の上司の指揮下でフル回転で働いていた、盛豚のこれまでのサラリーマン人生で最も充実していた頃でした。

「オヤっさん、仕事はヒマだけど一番暑くてしんどい時だから、俺に任せてゆっくり休んでて下さいよ!」などと生意気を言って12日~16日の間は上司に休んでもらい、一方でヒマに飽かせて女性を含めた若い後輩たちを連れて、営業されている取引先の方々と昼食会をしたりして後輩達の顔を売り、仲良くなってひいきしてもらえる様に手回ししていたのです(経費はその上司が全て面倒を見てくれました…)。
時には重要な決断が求められる事態が起きたりしましたが、若気の至りとも云うべき恐れを知らない豪放さで乗り切ったモンです(後日エラいことになった時もありましたが、休暇明けの上司が豪快無比な手段でそれらは全て解決してくれました)。(苦笑)

 

月日は流れ、サラリーマン盛豚の父親とも云うべきその二人の上司たちは定年退職されました。 特に直属の上司が無事に定年の日を迎えられたことに、心の底からホっとしたものです。 何しろそのために盛豚は必死で働いていたのですから…。

 

下手の横好きレベルですが、たまに盛豚は写真を楽しんでいます。 その中から出来の良いものを選んでポストカードを作っています。 そんな盛豚の写真を楽しみにしていてくれたその上司に、年賀状と暑中or残暑見舞いは欠かしません。

今年もそろそろポストカード作らなきゃ…。

 

« 盛豚のキャンプ道具 その12(使いかけのロールペーパー) | トップページ | お盆の天気は… »

その他」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
人それぞれいろんな思い入れがあるんですよね。
その上司の方、盛豚さん始め多くの部下の方から慕われていたのが伝わってきます。
昨今の会社ではなかなかおられないタイプの方ですよね。

写真、いいですね。
盛豚さんのとったアナログの写真も拝見したいものです。
ブリントされた写真はポジですね?
私的には女の子のシルエットの写真がいいです。

>kimotoshiさん

こんばんは。
幸運にも私はこれまでに数人の『良い上司』の揮下で働いた経験があります。 その中でも今回ごお話させて頂いた上司は特に『昭和の匂い』が強い方々でした。 今でも変わらず敬愛しています。

画像のポストカードですが、実はお眼鏡に適ったシルエットの物だけはネガフィルムで撮影した物です(他はポジ)。 機材はミノルタSRT-101にMCロッコールレンズと、アンバ-色が強くて夕陽が得意な組み合わせです。 夕陽の写真に夢中だった頃に撮った思い出の一枚です。(笑)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お盆と上司の思い出:

« 盛豚のキャンプ道具 その12(使いかけのロールペーパー) | トップページ | お盆の天気は… »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ