最近のトラックバック

« 比叡山へ | トップページ | 琵琶湖々北 輪行キャンプ紀行:中編(キャンプ編) »

琵琶湖々北 輪行キャンプ紀行:前編(リベンジ編)

25日~26日の二日間はいつもお世話になっているkimotoshiさんと一緒に、琵琶湖北部へ輪行キャンプツーリングに行ってきました。 悪天候で中断になったお盆のリベンジです。

10092500

. 

装備も行程も前回と同じで行きます。 

10092501  

大阪~長浜を新快速で輪行して、長浜から走り始めました。

10092502  

前回とは違って絵に描いたような晴天です。 向かい風が吹いていましたが、青空の祝福を受けて出発です!

10092503  

10092504  

まずは木之本の宿場街を訪れます。 つるやパンさんでオリジナルの『サラダパン』(コレが絶品!)などのお昼ご飯を買い出ししてから(獲物は後でご紹介しますね)、宿場街を北に向かって散策しました。

10092505  

よく見ると古民家が至るところにあります。

10092506  

10092507_2  

10092508  

10092509  

10092510  

10092511  

10092512  

造り酒屋さんには「新酒あります。」の目印が…。 更によく見ると、お店の表の窓ガラスは年代物らしく、表面は時代を感じさせる凹凸が見受けられます。

10092507  

 

木之本の宿場街に漂う独特の古風な雰囲気を味わった後は、余呉湖へと向かいました。 お盆の時には小雨と霧で幻想的な雰囲気を見せてくれた余呉湖でしたが、今回は神秘的で美しい輝きに満ちていました。

10092514  

天女の羽衣掛け柳にて…
10092515  

10092516  

東側の湖岸で桜並木を発見、その木陰でお昼にします。
10092517  

ツルヤパンさんで買い込んだ『サラダパン』・『ランチパン』・『パンプキンうずまき』を一気にたいらげます。 どれも気に入りました。 また湖北へ行くときに買いに行こ~っと!

10092518  

10092519  

食後は腹ごなしをかねてゆっくりと余呉湖を周遊しました。

10092520  

10092521  

10092522  

10092523  

さて、余呉湖の輝きを満喫したことですし、そろそろ本日のキャンプ予定地であるマキノへと向かいましょうかね…。

 

つづく…。

 

 

« 比叡山へ | トップページ | 琵琶湖々北 輪行キャンプ紀行:中編(キャンプ編) »

アウトドア・キャンプ」カテゴリの記事

ブロンプトン」カテゴリの記事

自転車でツーリング・ロングライド」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
キャンプツーリング、お疲れ様でした。
今回も色々と伝授いただきありがとうございました。
いや~ほんといいお天気で楽しかったですね。
初めての場所も巡れて良かったです。
存分に『趣』を楽しませていただきました。
また是非お願いしますね。
色々と楽しい計画があがってきましたね。
是非実現させましょう!
またよろしくお願いします。

天気も気候もよく、楽しまれたようですね~。
お盆の時の写真とは同じ場所なのに全然違いますね。

本当に美しい水面・・・
空・雲・空気の透明感、爽やかさですねえ
後半のキャンプのご様子が楽しみです(^o^)丿

>kimotoshiさん

お疲れ様でした。
今回は天候に恵まれて良かったですよね~。 終始趣深くい湖北を満喫できて楽しかったです。 こちらこそまた宜しくお願いしますね。

色々と上がった楽しい計画も是非実現させましょう!

きれいな風景、趣のある建物。いいですね~。
盛豚さんは歴史のある建物お好きなんですね。
景色がいいとパンもよりおいしく感じられますね。

>A2Cさん

今回は天気や気候にも恵まれて、終始楽しむことが出来ました。
天気が違うだけでこんなにも同じ場所が違って見えるので、湖北にはビックリです!

>Naokoさん

余呉湖の湖面の輝きは、本当に『美しい』という表現が相応しいものでした。

>空・雲・空気の透明感、爽やかさですねえ

まさしくその通りの爽やかでした。 引き続き美しき湖北をお楽しみ下さい。(笑)

>いずみさん

趣のある風景には惹かれますね~。
そしてサラダパンにも惹かれました。 またおかわりしに行きたいと思います!(笑)

いい天気になって良かったですね。
「サラダパン」って滋賀県独特のパンだというのを昔、「ケンミンショー」でやってたのを思い出しました。

しかし、荷物があっても折り畳めるのはスゴいですね・・

>こっさんさん

滋賀県独特のパンですか…、沢庵を食材にしながらキャベツのような食感のサラダパン、スゴいアイデアだと思います。 私はとっても気に入りましたよ。 ぜひ近所のパン屋さんでも取り扱って欲しいものです…。

ブロンプトンは小さく畳めるので、キャンプ道具と併せてバッグ二つ分くらいに収まってくれます。 たまにブロンプトンをハンドルだけ展開したままツーリングパニアバッグを装着して、カートみたく押している人を見かけます。 確かに出来なくはありませんが折り畳みのジョイント部分が傷みそうなので、私はやらない事にしています。
扱い方に気を配るのも、耐久性を伸ばすメンテナンスの一つだと考えているからです。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1237208/36959507

この記事へのトラックバック一覧です: 琵琶湖々北 輪行キャンプ紀行:前編(リベンジ編):

« 比叡山へ | トップページ | 琵琶湖々北 輪行キャンプ紀行:中編(キャンプ編) »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ