最近のトラックバック

« 大阪ポタリング 忘年会 | トップページ | サイフの中の異邦人 »

リベンジ… だと思う…

日曜日は土曜日の部活のリベンジということで、しょうやんさんと天王寺七坂・名水を巡ってきました。

10121200

. 

今年も大阪ポタリング忘年会は大いに盛り上がり、とっても楽しかったです。 そう、忘年会は…。
しかし、日中の部活の方はWの悲劇(雨)でぶち壊しとなり、二次活動でも予算不足で出物を逃すハメになった盛豚は、部活の面では完全無欠の不完全燃焼(?)のまま日曜日の朝を迎えました。 目覚まし時計よりも早く起きて洗濯その他を済ませ、撮影機材をかついで出動です!

道中で五軒のカメラ屋さんを荒らし回ってから、集合場所である日本一のカメラ屋さんに到着しました。 しょうやんさんの到着を待つ間にちょっと二次活動を…。
さすがに一流の接客・品揃えで知られるだけあって、色々なワガママに対応してくれます。 コンパクトカメラや一眼レフはもちろん、デジカメも、ライカも、蛇腹・大判カメラも、中判カメラも何だって出てきます。 そして今回の収穫は…。

10121201

ついに二眼レフカメラに手を出してしまいました。 かつてオートフォーカスカメラを世に送り出し、大阪が世界に誇ったカメラメーカーのミノルタさんが、1955年に発売された『ミノルタ オートコードL』です。

前日からの不完全燃焼を吹き飛ばす出会いを果たしたところで、いよいよ一次活動に繰り出します。 まずは腹ごしらえを…

10121202  

土曜日の続きの四天王寺に向かって坂道・名水を巡っていきます。

(亀井の水…)
10121205  

10121206  

(逢坂…)
10121208 

(安井の清水は、残念ながら…)
10121209  

(地獄の番犬ケルベロス…?)
10121210

(ゴルゴ御用達の理容室?)
10121211  

(天神坂…)
10121212  

(たき道を登っていくとその奥には清水寺が…)
10121213  

10121214  

(大阪市内唯一の滝、『玉出の滝』が…)
10121215  

(滝だそうです…)
10121216  

(清水寺の裏手から出ると、清水坂が…)
10121218  

ちょっと撮影しますか…。 早速これで練習撮影をしましょう…。

10121217  

見た目が可愛いでしょ? ちなみに上のフタを開くとファインダー(のぞき窓のコトね。)が現れます。 上からのぞき込んで見るとこんなカンジです。

(意外と見やすい!)
10121219_2  

綺麗な夕陽に見とれていると、現実(寒さ)が襲ってきました。 サクサク行きましょう。

(金龍の水…)
10121220  

(愛染坂…)
10121221  

10121222  

(口縄坂…)
10121223  

(口縄坂の真ん中辺りでフッツと壁を見ると、町と町の縄張りの主張が…)
10121224  

(源聖寺坂…)
10121225  

(源聖寺坂の上から見ると…)
10121226  

(源聖寺坂を上りきると…)
10121227  

10121228_2  

(最後は真言坂…)
10121229_2

いや~歩いた歩いた。 フッと見上げると空は『マジックアワー』に…

10121230  

 

土曜日とはうって変わり、坂と水と撮影を満喫した一日でした。 その後は反省会で御用達の場所へと移動して反省会を…。 いや、本当に反省ですね。(朝っぱらから何してんねん…。)

10121231  

 

しょうやんさん、二日に亘りありがとうございました。
また次の機会も宜しくお願いします。

 

« 大阪ポタリング 忘年会 | トップページ | サイフの中の異邦人 »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

「男爵」というネーミング昭和からある場末のスナックとかに多い気がします..
あと色物関係とか..
おしゃれサロン、って初め理容関係かな?と思いましたが、看板の男性が帽子被っているのでそうでもないかと・・
一体何のお店なんでしょう??

おはようございます。
なんと!逝かれましたか!
前にお会いしたときには中判は危険だから逝かないって確か言うてはった様な気が・・・・
まあその見境の無さが素敵ですよ(爆)
しかし中判、いいですね。
う~ん、わしも逝っとかなあきませんね。
でないと中判縛りの部活には参加できませんから(苦笑)

部活やってたんですね、ご連絡いただければオニューなカメラで参加しましたのに。
2眼逝きましたか!私は肩コリ&首コリが酷いので使用は断念、6×6はレンジファインダー機!
後は蛇腹修理して・・・テスト撮影して・・・実践投入!
ちなみに男爵という理髪店、かれこれ20年前に行ってました。

二眼レフ・・・カメラはそんなにわかりませんが、なぜか昔から所有欲を掻き立てられます。
あとポラロイドのSX-70とか。

男爵・・・密かにチェーン展開されてるんですかね?フランチャイズ制とか。
実家の近くにもあって、親父が通ってます。
天王寺と平野しか知りませんけど(笑)

>こっさんさん

『男爵』というネーミング以上に目を引いたのが、誰がどう見てもゴル〇13(もしくはデュー〇東郷)にしか見えない絵の看板でした。
あと色物関係とか..
おしゃれのお店みたいです…。

>kimotoshiさん

今晩は。 ヤッてしまいました…。
今から中判に手を出してレンズを揃える費用を考えると、負担が大きすぎると思って敬遠していましたが、これなら固定レンズなのでその心配は無いかなと…。

今回の買い物については物欲御殿の波動によるものではなく、前日のリベンジだと思います…。(汗)
 

>月城 月さん

ついに私もkimotoshiさんに続いて、『二次活動→一次活動』の逆走部活をしてしまいました…。
ストラップで首から下げた二眼レフは、一眼レフよりも軽く感じました。 早くもお気に入りです。

今度『男爵』さんについて熱く語って下さい。(笑)

>A2Cさん

二眼レフといえば『ローライ』が代名詞とされていますが、ミノルタさん贔屓の私にとっては『ミノルタ オートコードシリーズ』以外の候補はありませんでした。

>なぜか昔から所有欲を掻き立てられます。

さぁ、自分に素直になってカメラ屋さんへ行きましょう! そして『男爵』さんでダンディな髪型にセットしてもらって、撮影にくり出すのです!(笑)

まさか、そんなことになるとは・・・。
でも、店長の「すでに奥に座っておられますよ。」の言葉には笑いました。catface

七坂は予想以上に面白かったですね。
朝・昼・晩と違った光線で撮ってみたいかも?

>しょうやんさん

はい、すでに奥に座って商談中でした。(笑)

七坂・名水探検はとっても面白かったです。 ありがとうございました。 シロート写真家としましては、仰るとおりに朝・昼・晩と違った光線で撮ってみたいですね~。
そんな訳で続編行っちゃいましょうか?(笑)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1237208/38068606

この記事へのトラックバック一覧です: リベンジ… だと思う…:

« 大阪ポタリング 忘年会 | トップページ | サイフの中の異邦人 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ