最近のトラックバック

« 『はたらくチン電』たち… | トップページ | 時を刻まぬ時計 »

盛豚と『ミノルタ SR-T 101』

1月2日は朝から少し一人部活をしてきたのですが、それを通じて色々と物思いにふけりました。
きっかけになったのは、『ミノルタ SR-T 101』というカメラです。

11010400

. 

大阪にはかつて世界の最先端を進むカメラメーカーがありました。 オートフォーカスカメラを世に送り出し、カメラの世界に革命を起こしたミノルタさんです。
革新的な技術に挑み続けたミノルタさんは、しかし高級品よりも普及品に力を入れるメーカーでもありました。 最大の功績であるオートフォーカス機能の実用化こそ上位機種『α-7000』から始まりましたが、ほどなく初級機種から上位機種までの全グレードにオートフォーカスカメラをラインナップして、誰もがオートフォーカスカメラを手にすることが出来るようにしたのです。

オートフォーカスの前にミノルタさんが起こした革命は、絞り優先オートとシャッタースピード優先オートの両機能を同時搭載した、『XD』・『XD-S』の発売でした。 これらは高付加価値機能であるにも拘らず、高級品ではなく普及グレードとして発売されています。

その前にミノルタさんが起こした革命は『分割測光機能の内蔵露出計の搭載』であり、この機能を初めて搭載したカメラが、今回の一人部活を供にした『ミノルタ SR-T 101』です。

 

これら三つの革命は決して上位機種(高級品)だけの特典ではなく、普及グレードに積極的に搭載されて市場に浸透していきました。 我々ユーザーは分け隔てなくその恩恵を受けることが出来て、その後のカメラ業界では常識的な機能となっていったのです。 ミノルタさんはまさしく「時代を変えてきたカメラメーカー」だったと云えるでしょう。
新機能を高級品に集中させてブランドのカリスマ化を図るのではなく、薄利多売で新しい機能を普及させることに熱心だったのです。
(ハイブリッドの乗用車を高級車に集中させてる、どこかの自動車メーカーとは大違いです。)

そのミノルタさんが、合併やら何やらでカメラの製造・販売から撤退されてしまった事は、ミノルタさん贔屓の盛豚にとって痛恨の極みとしか言いようがありません…。

 
冒頭の画像は盛豚が兄から無期限貸与されている『ミノルタ SR-T 101』の白(カメラ業界では銀色のボディーを白と呼びます。)ですが、当時は白以外に黒も販売されていました。

11010401  

こうして並べてみると、色が違うだけで随分と印象が変わるのが分かります。

ん…? 何で並んでるのでしょう…?

…(汗)

……(大汗)

ハイ! そうなのです! やってしまいました!(ヤケクソ…)
元日部活の帰り道に部長と二人で某800富さんに立ち寄った時に、スゴイ出物を見つけるも何とかこらえて帰ったのですが、翌朝はこの黒が助けを呼んでいる夢で目が覚めてしまい…。

つまり一人部活は二次活動だった訳です…。(汗)

昨秋の部活で手に入れた大口径レンズ『MCロッコール85mm f1.7』が良く似合います。

11010402_2  

今年の部活としては、光画部(仮名)員の中でも先陣を切る二次活動なのではないでしょうか。(とうとうkimotoshiさんを出し抜いてしまった?)

11010403  

 

……

ヤバイ! 絶対にヤバイ!!(滝汗)

 

« 『はたらくチン電』たち… | トップページ | 時を刻まぬ時計 »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

おぉ~、とりあえずおめでとうございます。
元旦から開いてる店は罪ですね。
でも、いいお年玉になって良かったかも。(笑)

おめでとうございます。
相変わらずな逝きっぷり!でも何かが違う???
そうだ!ここは盛豚さんのブログだ、あの物欲仮面(仮名)さんのブログじゃなかった!(笑)
今年は盛豚さんの年ですね!(爆笑)

>しょうやんさん

ありがとうございます。(苦笑)
ハイ、元旦から開いてるお店にお年玉を貰った気になってましたが、正月休みの生活費を使い果たしてしまい、休みが明けるまでインスタント食品で飢えをしのぎました…。

>月城 月さん

ありがとうございます。(苦笑)
そりゃもうワシから逝きっぷりを取ったら何にも残りまへんわ…  違う???
ん!? いや、私は品行方正な盛豚です。 断じてMr,物欲ではありません!(汗)

おおっ!なんと、早々と逝ってしまいましたか。
元旦の日の帰りに八百に寄ったとの事やったんですがまさか翌日に逝ってしまうとは。
今年もその見境の無さは健在ですな(爆)
部長もなんか逝かれたようですし物欲向上委員もペンタ645を逝くはず。
そしたらわしは・・・・・
思いっきりこらえて節約を見せつけましょうか(爆)

>kimotoshiさん

ハイ! 正月早々に逝ってしまいました。(苦笑)
元日に一時活動、二日に二次活動…。 今年もヤりますよ~!(ヤケクソ)
とりあえず部員は今月中に二次活動を一つはこなして頂きましょうか。(笑)
節約なんてサボリは通用しませんよ~!(爆) 

こんばんわ~SRT101の黒!大昔に八百富で衝動買いしましたよ、SR505も買いましたね~ミノルタはファインダー倍率とか殆ど壊れないボディとか見えない所に金をかけたカメラを造る非常に良心的なメーカーだったと思います

>昭和鉄道少年さん

今晩は。
SR-T 101の黒は、昔兄の上司から一週間借り受けた事があり、その時の印象が忘れられずに買ってしまいました。 私も800富さんで衝動買いでしたよ。(笑)
ミノルタさんは「良い物を作ろう!」という意気込みがヒシヒシと伝わって来るカメラを数多く世に送り出して来ましたよね。 そんなカメラたちに囲まれている私は幸せ者だと思っています。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1237208/38324390

この記事へのトラックバック一覧です: 盛豚と『ミノルタ SR-T 101』:

« 『はたらくチン電』たち… | トップページ | 時を刻まぬ時計 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ