最近のトラックバック

« 第五回戦 | トップページ | ポチ袋 »

『伊達直人』現象(善意の広がり)

昨年末から始まった『伊達直人』を名乗る施設への寄付は、今や全国各地に広がりを見せている。
目撃証言や同封された手紙の筆跡などから、明らかに同一人物によるものではなく、複数の人物が同じ匿名を名乗っていると思われる。

11011300

. 

『あしながおじさん』を名乗る単発の寄付は時代を越えて例が多いそうだが、昭和の時代に生を受けた世代の日本人にとって、『施設へ寄付する善意の人』と言われて思い浮かべるのは、何と言ってもタイガーマスク=伊達直人が筆頭なのではないだろうか?
この『伊達直人』という日本人にとって分かりやすいヒーローの名前だから、共感を呼び同じ匿名を使う人が現れたり、「自分にも何か出来ないか」と、同様の行動を起こす人たちが増えたのではないかと思う。

11011301  

普段は注目されていないだけで、世の中には常にこれほど多くの善意があるのかもしれない。 だがもし例年よりも寄付の件数が多いのなら、その主な理由として

・『伊達直人という分かりやすい人物像を匿名とした人がいたこと』
・『それを報道機関が報じたこと』

の二つが挙げられるのではなかろうか? 特に報道機関が果たした役割は大きく、今回の影の立役者と呼んでも差し支えはないとさえ感じている。

 
全都道府県に広がったというこの現象、願わくば今年だけのブームではなく新しい日本の文化として定着し、毎年いつまでも続いてくれることを願って止まない。
 

« 第五回戦 | トップページ | ポチ袋 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

伊達直人
 見習いなさい
  菅直人

>月城 月さん

見事な川柳ですね。(笑)
山田君、月城 月さんに座布団一枚あげて!

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『伊達直人』現象(善意の広がり):

« 第五回戦 | トップページ | ポチ袋 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ