最近のトラックバック

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

活字と思い出

高校・大学時代に『自分の言葉が活字になった』経験が何度かあります。

11033100

続きを読む "活字と思い出" »

転校生とツッパリ

昭和の転勤族の家庭に育った盛豚には、度々『転校生』というレッテルが付きました。 先生方から見ると特に問題の無い生徒である一方で、どこかしら孤独の匂いがする少年だったそうです。

続きを読む "転校生とツッパリ" »

究極の上司とブロンプトン

サラリーマン盛豚には、かつて父親のような上司が二人もいました。 一人は時々ウワサしている『親父さん』、もう一人は盛豚が新入社員の頃からずっっっとお世話になった『Mさん』という上司で、二年前のこの時期に定年で退職されました。

11032500

続きを読む "究極の上司とブロンプトン" »

名も無き勇者たち②

彼らは北へと向かいました。

11032200

続きを読む "名も無き勇者たち②" »

名も無き勇者たち

大震災の被災地には事態の収拾の為に駆け付ける人達がいます。
自衛隊、機動隊、消防隊、医師、ボランティア、原発関係者、etc、そして重機オペレーターも…。

続きを読む "名も無き勇者たち" »

『ローライフレックスの時間』(えい出版)

気持ちの面で疲労が溜まった時や俯き気味な時に、この本はとても良く効きます。
写真をやっていない方でさえ、とにかく騙されたと思って読んでみる価値はあると思います。

11031900

続きを読む "『ローライフレックスの時間』(えい出版)" »

私たちに出来ること③

今回の東日本大震災にあたって、被災していない地域に住んでいる私たちに出来ることはまだまだありますが、『やらなければならないこと』も色々あります。
日本の経済を支えることもその中の一つです。

続きを読む "私たちに出来ること③" »

私たちに出来ること②

東北・関東大震災の被災地では切実に必要とされている物が沢山あります。 燃料・暖房・衣類・毛布、それに何より食料品など…。

11031700

続きを読む "私たちに出来ること②" »

私たちに出来ること①

東北・関東の震災における救助・支援活動が各地で始まっています。
被災地に駆けつけることが出来なくても、私たちが被災地の方々のために出来ることは色々あります。
私はその中の一つとして、自家用車に乗るのを控えています。

11031600

続きを読む "私たちに出来ること①" »

頑張ろう日本!!

復活の朝から今日で三日目です。
昨日のTV番組で、多くの命を飲み込んだ津波被害の翌日に、被災地の病院で新しい命が誕生したと報じられていました。
生まれたのは女の子で、名前は幸愛(ゆきあ)ちゃんといいます。
幸愛ちゃんの人生に幸あれ!

11031500

続きを読む "頑張ろう日本!!" »

復活の朝  ~ エール ~

三年間の眠りからSEIKO5が目覚めた。 もちろん勝手に動きだした訳ではない。
時を刻まぬ時計となってからも、ずっと居間で一緒に過ごして来た。 納得して修理を託せる相手を探し続けて来た。 予算に糸目はつけない覚悟は出来ていた。

11031301

続きを読む "復活の朝  ~ エール ~" »

お見舞い申し上げます

大震災と津波という二重の大災害…。

被害に遭われた皆様には心よりお見舞い申し上げます。

続きを読む "お見舞い申し上げます" »

勝敗とエール

かつて草野球ならぬ草レースに出場した時のことです。 クジ運と対戦相手の油断に付け込んで駒を進めて、決勝戦に向かう盛豚に二人の男性が近づいて来ました。
二人の顔には見覚えがありました。 12人の参加者が1対1で対戦するトーナメント方式のその草レースで、初戦と二戦目で対戦した相手でした。

続きを読む "勝敗とエール" »

気分転換

久し振りに空を見上げて走りました。

11030500

続きを読む "気分転換" »

『RACERS Vol,8』(三栄書房)

中学から大学時代にかけての盛豚は、オートバイ大好き少年でした。

11030300

続きを読む "『RACERS Vol,8』(三栄書房)" »

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ