最近のトラックバック

« 挫折 | トップページ | 気分転換 »

『RACERS Vol,8』(三栄書房)

中学から大学時代にかけての盛豚は、オートバイ大好き少年でした。

11030300

. 

特に高校時代はレースに関心が強く、レース関係のビデオも出回ってなくて雑誌を読みあさる程度でしたが、寝ても覚めてもレース記事を読んでいました。
レースに参加したりする訳でもなくもっぱらツーリング派の盛豚でしたが、オートバイに乗る友達の中でもレース好きとして知られていました。 特に世界選手権GP500(自動車でいうF1みたいなモンです。)が好きで、1980年代の激動の時代は印象に残っています。

ヤマハさん贔屓だった盛豚はホンダさんとは縁が薄かったのですが、ホンダ車の中にも一台だけたまらなく魅せられたマシンがありました。
失敗に終わったとされてシーズンの途中から出番が減り、型遅れの前年モデルNS500に取って代わられてしまった、NSR500’84年式です。

『冒険しすぎて結果も出せなかった失敗作』の汚名を着せられた不運なこのマシンは、その後GPの歴史を語る上においてもほとんど脚光を浴びることはありませんでした。 しかし登場から27年の時を経て、これまで語られることの無かった意外な秘話がここに打ち明けられています。
神秘のヴェールに包まれたNSR500’84年式、その真相が今明らかにされます。

« 挫折 | トップページ | 気分転換 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ、汚れた英雄とかふたり鷹が流行ってた頃ですな~その頃のバイクは懐かしいですね、FX、γ、RZR、CBR、KR、カメラとバイクは共通点が多いです、ホンダはニコンでキャノンがヤマハ、ミノルタはカワサキなんて対比されてました

ランティー・マモラが好きでした。
おかげで良く雨の日に走りに行きました。
レーサーレプリカはYSR50とかTZR(後方排気&V型エンジン)乗ってましたね~~!

へー!バイクにもご興味が!幅広いですねー確かにかっこいいかも!しかし。。私は、バイクだけは怖くて怖くて、乗せてあげる。といわれても、絶対にのることはありませんでした(>人<;)だって転けたら。。怖いんですもの( ; ; )

>昭和鉄道少年さん

こんばんわ。
汚れた英雄、ふたり鷹、懐かしいですね! それにしても当時オートバイメーカーとカメラメーカーをなぞらえて対比されていたとは知りませんでした。(笑)

>月城 月さん

私もランディー・マモラ選手のファンでした。 最初のヘルメットはAraiランディー・マモラレプリカです!(笑)。
 
80年代のGPはドラマと感動の宝庫でしたよね。 GP史上最大の激戦と呼ばれた83年のK,ロバーツ選手とF,スペンサー選手の激突。
86年サンマリノGPで4台のNSRを破った平選手の大逆転優勝。
88年日本GPでWガードナー選手を大バトルの末に破ったK,シュワンツ選手の優勝。
毎レースでタイヤを激しくスライドさせながら手に汗握るバトルを繰り返すW,レイニー選手とK,シュワンツ選手の激突。
etc、etc…。
 
NSR’84を後半戦にだけ与えられたのもう一人のライダーであり、『マモラ乗り』で有名だったランディー・マモラ選手ですが、彼が他の誰よりも早く開催地入りして現地の孤児院を慰問し、チャリティー活動に熱心だった事はあまり知られていませんでしたよね。 雨の日本GPを制した彼は、予告どおり優勝賞金からもその20%を寄付して行ったと聞いています。 また天候などによってプラクティスやフリー走行が中断になると、すぐにパドックで曲乗りやチャリティー活動を始める人だったそうですね。 走りやキャラクターもさることながら、そういう人柄に何よりも魅力を感じていました。
スズキの撤退によって84年の序盤戦に出走できず、途中からホンダに拾われたものの型遅れのマシンしか与えられず、シーズン中は契約条件どおりサポートライダーの役目に徹していた為に、この年のランキングは2位に終わってしまいましたが、他のライダーと同条件であれば84年のシリーズチャンピオンは彼だったでしょう。
 
ランディー・マモラ選手は私にとって永遠のヒーローです。

>tomoさん

え? 「かっこいい」って私の事ですか!?(違)
自分で運転する私でさえ、後部座席は位置が高くて恐かったです。 オートバイは自分でのんびり運転しながら風を感じるが一番ですよ。(笑)

国内でのオートバイ需要がガタ減りですね。
若い世代が乗らない、二輪も駐禁を取られる様になった、等の理由で・・

私はFZ、FZR、CBRの時代です・・
連れにバイク屋の息子がいたもんで、良く後ろには載せてもらいましたよ・・

私自身はバイク持ってなかったですが(笑)、20年近く原付(ずっとYAMAHA党でした)は乗ってました。。

>こっさんさん

今は若者がオートバイに乗りたがらない、スピードを出したがらない時代らしいですね。 「乗ったらとりあえず全開にしてみる」という我々の世代の感覚では考えられない事です…。
FZ、FZR、CBR! 懐かしいですね! 私と同じ世代ですね。(その時代に初期型RZやZ1300に乗っていましたが…)
RZ、起こそうかな…。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『RACERS Vol,8』(三栄書房):

« 挫折 | トップページ | 気分転換 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ