最近のトラックバック

« 私たちに出来ること① | トップページ | 私たちに出来ること③ »

私たちに出来ること②

東北・関東大震災の被災地では切実に必要とされている物が沢山あります。 燃料・暖房・衣類・毛布、それに何より食料品など…。

11031700

.
昨夜帰宅途中に生協へ買い物に行くと、一部の商品が品切れになっていました。 カップ麺・レトルト食品・パックごの飯・電池・ガスボンベ・etc…。 買った人たちが被災地へ送ったであろう事が、容易に察しのつく物ばかりでした。
私は僅かに残っているお惣菜を買って帰りましたが、品切れになっていた物は、例え残っていても買うつもりは無かった物でもありました。

日保ちのしない食料品でも、帰宅したらすぐに食べられる私には何ら問題はありません。 TVのリモコンの電池が切れても、直接TVの操作ボタンで操作すれば済みます。 自宅の台所にガスコンロがあれば、ナベ料理を我慢する事でガスボンベの消費をせずに済みます。 自分が買わずに済ませば、被災地の身内へ送りたいと思っている人達が買えるかもしれません。  被災していない私たちにはまだまだ我慢出来るものが一杯あります。
軽油・ガソリン不足が報じられていますが、慌てる必要は全くありません。 被災していない私たちには電車・バス・自転車など、まだまだ選択肢があります。

被災していない私たちが買い物をする時に何を選ぶのかを考える事によって、ムダな消費を減らしてその分被災地への援助に物資を回せる可能性が増えていきます。

買い物一つをとっても、私たちが被災地に寄与できる事はあると思います。

« 私たちに出来ること① | トップページ | 私たちに出来ること③ »

その他」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
最近買占めって言葉がさもや流行のようになってますね。
食料品を始めそれらの物が被災地へ送られているのでしたらまだ納得できるのですが被災していない地域での備蓄用として購入しているのが多いようです。
確かに多少の備えは必要でしょうが物によっては即完売だなんて異常ですよね。
皆が盛豚さんのような気持ちで接すればそんな愚かなことも無くなるのでしょうが・・・・

そうですね。私も昨日お買い物にでかけ、美味しそうなイチゴを見つけ、美味しそう~どれにしようかな~と、迷っている時、被災地では食料も十分になく、ましてやこうしてお買い物なんてできない。。こうやって毎日を過ごすことができることに感謝し、また一日でもはやい、復興を祈りました。。そうですね。私も昨日お買い物にでかけ、美味しそうなイチゴを見つけ、美味しそう~どれにしようかな~と、迷っている時、被災地では食料も十分になく、ましてやこうしてお買い物なんてできない。。こうやって毎日を過ごすことができることに感謝し、また一日でもはやい、復興を祈りました。。

>kimotoshiさん

こんばんは。
この状況下で必要も無いのに買い占めを行うなど言語道断ですね。 被災していない地域での備蓄と被災地への援助のどちらが大事なのかは、小学生でも判る事でしょうに…。
文字通り日本が一丸となって『出来る事』・『やるべき事』を行う事を願って止みません。

>tomoさん

被災地では今日の食料にも困っていることでしょう。 職場を放棄して駆けつけるわけにもいきませんが、私なりに買い物の内容を選んだり、義援金を行ったり、燃料を節約したりと、身の周りの『出来ること』をコツコツとやっているつもりです。
当たり前だと思っていた事の一つ一つが、感謝しなければならないのだと気付かされました。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私たちに出来ること②:

« 私たちに出来ること① | トップページ | 私たちに出来ること③ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ