最近のトラックバック

« LYNXXとLOW-RACERでランデブー | トップページ | 「リカンベントって ○○○ですか?」 »

ちょっと明石まで…

LOW-RACERもだんだん馴染んできたので、先日ちょっと明石まで走ってきました。

12062600

. 
いつもよりちょっと早めに起きて出発です。 国道2号線で一気に西へ向かおうと走り出したのですが、いきなり尼崎市バスが追い抜きながら幅寄せして来ました。 こちらが急ブレーキをかけていなければ確実に踏み潰されていたところです。
LYNXXみたく十分に乗り慣れている自転車だったら、バスのボディーを右手で叩いて警告・抗議するところですが、今回は回避するだけで精一杯でした。 危うく出発して5分で死ぬところでした…。

とりあえず死なずに済んだので、気を取り直して再出発しました。 国道2号線を走っていると、西宮市に入った辺りで六甲山が見えてきました。 大きい!(当たり前か…)
今日はこの山に上から見守られて走るんですよね~。

12062601 

芦屋の辺りで後ろからロードバイクが来ました。 乗り手の年齢は見たところ30代前半といったカンジです。 普段着にフラットペダルにノーヘル姿。 ところがこちらが赤信号で止まると、左右をキョロキョロ見ながら信号無視して行きます…。 「信号無視だぞ」と注意したのですがその後も次々に信号無視して消えていきました。 どうなんでしょうね。

神戸市内をスイスイ走ります。 盛豚はオートバイの経験があるので平気ですが、一般の方がこの辺りの車道を走るのは勇気がいりそうですね。

12062602 

途中で2号線からそれて神戸中央市場にやって来ました。 市場と言えば新鮮な食材とお安いご飯です! なるべく食堂っぽいお店を選んで丸高食堂さんに入りました。

12062604 

市場の食堂は鮮度の高い海鮮物が美味しい傾向があります。 そんな訳でマグロ丼を頂きました。 これが当たりで美味しかった! またお店のご主人も自転車乗りだそうで、しばし自転車談義に花を咲かせたのでした。 因みに食事を終えて11時にお店を出るとのれんがお店の中へ…。(もう閉店? それともたまたまなのかな?) 早めの昼ごはんにして正解でした。

12062605 

腹ごしらえが済んだので出発します。 道端には綺麗なアジサイが…

12062606 

和田岬の辺りで一台のロードレーサーに追いつきました。 乗り手の年齢は見たところ40代半ばといったカンジです。 高級ブランドのカーボンバイク・ヘルメット・ジャージ・レーパン・ビンディングペダル、いわゆるローディーです。 追い抜いて姿が見えなくなりましたが信号待ちで追いついて来ました。 しばらく同じ事を繰り返していたのですが、三度目の信号待ちでそのローディーが左右をキョロキョロ見ながら… 信号無視です。 「信号無視だぞ」と注意したのですがその後の信号をことごとく無視して消えて行きました。 どうなんでしょうね。

 

やがて須磨海岸に着きました。 近所の幼稚園児達が先生の引率でやって来て楽しそうに遊んでいます。 その内の二人がこちらにやって来て珍しそうにLOW-RACERを見ています。 そして案の定、話しかけられました。

子供A : 「スゲー! 乗ってみたい!」
子供B : 「これいくらぐらいするの?」
盛豚 : 「これぐらい」(指を三本立てて見せる)
子供B : 「3万円?」
盛豚 : 「もっと上」(空を指差して)
子供A : 「3千万円!?」
盛豚 : 「ピンポーン!」
子供A・B : 「………」(なぜか沈黙)

12062607 

さて出発しようかなとフッと見ると、そこには目的地の明石海峡大橋が…。 さぁ出発だ! ここからは一気に走りました。

12062608 

そして到着です。 二年前にLYNXXで来た時に比べて、すんなりと到着しました。 今回の道のりで、やはりベーシックモデルとレーサーの違いは歴然としている事が分かりました。 脚の疲労度も全然違います。

12062609 

12062610_3 

 

そして帰り道、例によって淡々と走っていると神戸市内で一台のロードレーサーに追いつきました。 乗り手の年齢は見たところ30代前半といったカンジです。 高級ブランドのカーボンバイク・ヘルメット・ジャージ・レーパン・ビンディングペダル・スネ毛は剃ってツルツル、走りもバリバリのローディーです。 走りも含めて総合的に観察するに、本格的にレース活動に取り組んでいそうです。

そしてとある大きな交差店での信号待ちで、そのローディーが左右をキョロキョロ見ながら… 信号無視です。 「信号無視だぞ」と注意したのですが止まるどころか逃げる様に走り出しました。 更に「信号無視するな」と大声で注意したのですが、ダンシングで猛ダッシュして逃げて行きます。 信号が青になってからスプリントをかけてすぐ追いついたのですが、チラッとこちらを見るや怯えた様に死に物狂いでダッシュして逃げます。 こちらはリカンベント・ローレーサーなので相手がよほどの豪脚でない限り、平地ではスリップに入らなくてもカルくついて行けるのですが、注意するつもりが事故を起こされては本末転倒なので追いかけるのをやめました。 するとそのローディーはその後の信号をことごとく無視して消えて行きました。 どうなんでしょうね。

 

以前よく職場で多くの人達に、「盛豚さんは自転車が趣味なんですよね? ドロップハンドルの自転車でヘルメットかぶってピチピチの服着て猛スピードで走る人達って、何で信号を守らないの? あの人達バカなんじゃない! 事故起こしたら死ねばいいんだ!」と言われた事がありますが、正直言って否定できませんでした。
この日も見かけたロード乗りの三人が三人とも連続信号無視です。 ロード乗りを無闇に否定するつもりはありませんが、派手な格好をしたロード乗りが信号無視する姿は普通の自転車乗り以上に目立つのは事実ですし、一般人から「ロード乗り=マナーが悪い」という目で見られつつあるのも事実です。

ロードレーサーとローレーサーの違いがあるとは云え、一般人から見ればレーサー乗りは同類ですから、自分の身内を叱るつもりで注意したのですが、それが連続信号無視に繋がってしまったのはとても悲しい出来事でした。
もし止まっても逆ギレされては困りますが、これからもこういう場面に直面したらメゲずに注意を促さなくてはならないのでしょうね…。

 

先日の京都に続いて今回は往復96kmでしたが、あまり疲労感も残りませんでしたので「近い内に琵琶湖北湖一周でもしてみようかなぁ…」と思う今日この頃です。

 

« LYNXXとLOW-RACERでランデブー | トップページ | 「リカンベントって ○○○ですか?」 »

リカンベント」カテゴリの記事

自転車でツーリング・ロングライド」カテゴリの記事

コメント

ビカビカのロードバイクに限って信号無視率が高いように思います
うっかり信号を見落としたという雰囲気では無いですね

流石、チャイマス・ロー
平地なら"自称貧脚"の盛豚さんでも余裕でローディーをブッチギリって事でしょうか?
それもフラッグを背負ってですからねぇ~

そろそろ(平地に限れば)重さも気にならなくなってきたのではないでしょうか?

仰るとおり本来であれば一番人口の多いロード乗りがマナーアップしていかなくてはならないのにと思います。
同じロード乗りとして恥ずかしいですよ。

こんにちは。
おおっ!順調に走行距離を延ばしてはりますね。
ローレーサーだとかなりの爽快感が味わえそうです。
それにしてもロード乗りは難儀なヤツが多いです。
レーパン・ジャージ・ヘルメットの三種の神器を揃えたヤツの信号無視の多いこと(怒)
法律で決められてないのに安全に留意してヘルメットを被っているはずなのに法律で決められている信号をなぜ守らないのか理解に苦しみます。
格好だけで乗ってる人間が多すぎますね。
車も危ない運転するヤツが多いですよね。
京阪神の幹線道路はほんと走りにくいので注意が必要です。

>かーすけさん
 
二台目と三台目は使用感があるけれどピカピカに磨き込まれているカンジでした。 赤信号を見て一旦停止もしくは徐行してから、左右を見て車の流れの間を走って行きましたよ。 
自動車みたくナンバープレートがあれば、容赦なく画像をUPしてやるんですがねぇ…。

>ちば県。さん
 
ハイ、流石はチャイマス・ローっす! 車重がLYNXXと同じとは思えない走りを見せてくれますよ。
私はロードなどで鍛えた事がない初心者レベルの脚なのに、平地や下りでしたら並みのローディー相手だと休み休みこいでも追突しそうになります。 先日も武庫川で斜め前を走るローディーがダンシングでアタックし始めたので、向かい風の中を40km/hでCRの終点まで5分ほど一緒に走りました。
平地だと向かい風の時や速度が乗った時は、車重はファクターに化けますからね。(笑)
身の回りの一般人の意見は「ピストはノロいけど、ロードはスピードを出すわ信号無視だわなので禁止しろ!」というモノが多いです。 因みに私も一般人からロード乗りの仲間だと思われたくないというのが本音です。 良識あるローディーを選んで交友しているので直接の自転車友達は別ですが、面識の無いローディーに対しては全然好感を抱けないですねw

>kimotoshiさん
 
お蔭様で一般道でも直線では走れる様になってきました。(笑)
信号無視する非常識ローディーについてですが…、思うにその日のアベレージを高い速度でマークしたいんじゃないでしょうか? 些細な数字に拘らなければ、信号待ちは長距離だと適度な休憩になるのは分かるはずです。
無知な奴ほどカタログ値や記録に執着しますからねェ…。
ローレーサーのリスクと現実について近い内に書きますが…、今回の一往復でバスに踏まれかける事2回、タクシーに踏まれかける事5回、一般車に踏まれかける事5回でした。 これがローレーサーの現実です。 
予め「どうせ見落とされてるんだろうから自分の命を守る為に、優先に関係なくこちらが避けなきゃな…」という心構えで走っていたから全て回避できました。
「俺が優先側を走っているんだ!」という意地を張る人は、確実に踏まれて死にます。
それも含めてローレーサーというモノですので、師匠が私に対してそうであった様に、私も人には薦めません…。

この記事へのコメントは終了しました。

« LYNXXとLOW-RACERでランデブー | トップページ | 「リカンベントって ○○○ですか?」 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ