最近のトラックバック

« ちょっと明石まで… | トップページ | 日本一大きな水たまり »

「リカンベントって ○○○ですか?」

リカンベントに乗っていると、色々な方々から色々な質問を受けることがあります。

12062100

. 
リカンベントとは『寝そべった』とか『もたれかかった』というカンジの意味の言葉だと聞いたことがあります。 一般的な自転車とは大きく異なる構造と乗車姿勢ですので、初めて見る人にとっては異様な印象が強いみたいです。

12062101  

確かに車体の構造は特殊ですが、ベーシックなリカンベントであるOPTIMA LYNXXを観察してみる限りでは、一般的な自転車との大きな違いは…

 

 

1.シートに背もたれが付いて後ろに傾いている

2.前後の車輪の大きさが違う

3.ハンドルのステムが長くて少しカーブしている

4.BB・フロントギア・ペダル周りが前についている

5.チェーンが長い

 

くらいのものです。 乗り手の乗車姿勢についても物凄く特殊な印象を受けますが、実は…

 

 

1.一般的な自転車の乗車姿勢のまま、後ろに45~90度ほど傾いている

2.首の角度は体の軸に対して顔を上げるのではなく、やや足元の方を向くカンジ

 

 

くらいのもので、実は見た目のインパクトほどの特異性ではないと感じています。
初めの内は自分の体が45~90度後ろに寝た状態で走ると、ハンドルの切れる方向など体感的な自転車の挙動は違和感がありますが、普段は上から見ているハンドルの動きを冷静にサドルの高さから見たらどうかなと考えれば、だんだん分かる様になってきます。

 

そしてよく受ける質問の代表格について、あくまでOPTIMA LYNXXを対象車輌として考えてみた場合、盛豚の私見はこんなカンジになります。

 

1.『寝そべって走ると体は楽ですか?(疲れないの?)』
 ヘッドレストを付けた状態でしたらとても楽です。 付けていなかったら首や肩がこってしまいますが、付いている状態でしたら一日中走れそうな気がします。 腰掛け型のサドルではなく自動車みたいなシートが付いていますので、乗っている間は自分で体重を支える必要がありません。 その結果として、ペダルをこいでいる脚以外はほとんど運動していないのです。
同じ距離を走るのなら、通常の自転車よりも疲労感は少ないです。 そのせいか長距離を走っても、距離のわりにあまり体重が減りません。(ダイエット効果が少ない…)
 

 

2.『気持ち良さそうですね?』
 ハイ! 少なくとも盛豚はそう感じています。 特に肉体面以上に精神面での気持ち良さを強く感じます。
乗り手の視界を上下の比率で分けて観察してみると、通常の自転車の場合は「前4割 : 地面6割」くらいの比率で見えていると感じます。 ロードレーサーに至っては「前3割 : 地面7割」くらいになると感じます。 これに対してOPTIMA LYNXXの場合は視界が「前4割 : 空6割」くらいになり、結構な比率で視界に空が入ってきます。
目の前に広がる青空! 空が高い! それだけで十分に気持ちイイです! 春先の天気のイイ日に芝生の上に寝転んで青空を見上げるだけで気持ちイイですよね? あれと同じ感覚です。 それを走りながら味わえるのです。 空が見える・視界が広い、人間はそれだけでも気持ちイイと感じる生き物なのだと再認識しました!(笑) 
  

 

3.『リカンベントって速いですか?』
 レーサー同士とかツアラー同士とか、同カテゴリーの通常の自転車と比べてのハナシとしますと、場合によりけりだと感じます。
平地や下り坂では速いです。 前面投影面積に注目して観察すると、リカンベントは乗り手の体が風を受ける面積が少なくなりますので、空気抵抗が少なくなる為だと感じています。 事実、向かい風の中で走る場合は空気抵抗の差が顕著になり、逆風の強さによってはOPTIMA LYNXXみたいな重量級の街乗り~ツアラー車種であっても、ロードレーサーに近いペースで走れる事があります。
ところが、上り坂になると一気に形勢が逆転します。 リカンベントは乗車姿勢が寝そべっていてペダルが体の下ではなく前にあるので、通常の自転車みたいに体重をかけた立ちこぎが出来ません。 「リカンベントの立ちこぎ」というのもあるのですが、体重をかけることはできないのです。 ちょっとでも登りになると激遅になります。 峠越えができる人は一握りの豪脚な方々くらいなのではないでしょうか?

 

  
  

まぁ通常の自転車との比較論は一長一短といったところですが、ロードレーサーが好きな人がいる様に、マウンテンバイクが好きな人がいる様に、BMXが好きな人がいる様に、その独特な乗り味に魅入られてリカンベントが好きな人もいます。
盛豚もそんな一人です。 

 

« ちょっと明石まで… | トップページ | 日本一大きな水たまり »

リカンベント」カテゴリの記事

コメント

こないだはローディーにケイデンスどんくらい?
って聞かれたんで、90前後狙いっていっといた!

だいぶ前に言われたんだけど、どうやって乗ってるんだろうって・・
自転車を変な乗り方してると見られた感じ。

こんばんは。
乗車姿勢が独特でお尻の痛くならないシートは乗り馴れるとほんと快適です。
私的にヘッドレストは必須アイテムだと思います。
あるなしで疲れ方が全く違いますしそれが走行距離にも随分と影響しますしね。
あと周りにアドバイスをもらえる熟練者の存在も必要ですね。
どの自転車にも言えることでしょうがリカンベントは特にそう感じました。

違いとして一番大きいのは「ペダルを前に踏み出す」、二番目は「ハンドルを曲がりたい方向の反対側に倒す」ですね。
日常生活ではあり得ないこの2つの行動を如何に頭の中で変換して四肢に伝えられるかがリカに乗れる乗れないを決めると思っています。
USSなら曲がりたい方向へハンドルを曲げるんですけど、更に乗車姿勢が特殊になりますから一長一短てところでしょうか。

そして三番目に普通自転車は6点で車体を支持しているのですがリカは4点(車種によっては実質3点)での支持になること。
これがバランスの取り難くなる理由ですね。
ロデオに乗ってる人はこの理由が分かると思いますが、なかなか文字では伝えきれないです。

まぁ習うより慣れろってのが私の持論ですので、機会があれば試乗してもらって慣れてもらうのが布教wの一番の近道じゃないですかね?

>kazさん
 
私も時々言われます。 「普通の自転車を変な姿勢で乗ってるのかと思った」と…。 普通の自転車は前でこげないんですけどねェ…。

>kimotoshiさん
 
こんにちは。
マッチングのいいサドルを見出せていない私にとって、お尻の痛くならないシートは重宝します。(笑)
ヘッドレストは確かに必須アイテムですよね。 そしてもちろん指導者も…。 私は師匠をはじめ何人もの先人・達人・指導者に恵まれましたので、リカンベント第二世代として最短距離を歩んで来られたのかもしれませんね。

>ちば県。さん
 
特にハンドルを曲がる方向の反対に向けて送るのは、なかなかに難しいですよね。 初めてLOW-RACERに乗らせて頂いた時も、いくら頭で考えても体がその通りには動きませんでしたよ。(笑) 正直言ってUSSの方が乗り易いと思った位です。
やっぱり布教車輌はLYNXXが一番ですかねェ…。

この記事へのコメントは終了しました。

« ちょっと明石まで… | トップページ | 日本一大きな水たまり »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ