最近のトラックバック

« カウンタックツアー後編(大和ミュージアム&てつのぐじら館編) | トップページ | 伝承 »

LOW-RACER のタイヤ交換

LOW-RACERのフロントタイヤを交換しました。

(交換後)
12081900_2

. 
LOW-RACERのフロントタイヤにはすでに絶版となっているシュワルベ・ステルビオが組まれていましたが、経時変化でヒビ割れが目立ってきました。 BSモールトンで愛用してきたステルビオの場合は、タイヤ側面にブリスターが発生して寿命を迎える傾向がありましたが、今回はトレッド面に縦方向のひび割れが走っており、その深さが「そろそろ限度かな…」ってカンジになりました。
このひび割れは以前から徐々に出始めていたので、早い段階から念のために予備のタイヤを携行していたのですが、その為に次のタイヤ選びは携行性を求めて折り畳める物を選びました。

選択肢の限られた20インチ451のサイズの中から、今回選んだのはパナレーサー・ミニッツライトPTです。 このタイヤはビードが柔らかくて折り畳みが可能です… というか畳んだ状態で売っています。

(交換前)
12081901 

作業を開始します。 China Mascot Products LOW-RACER はフロントフォークが片持ち式なので、ホイールを外さずに作業ができます。 LOW-RACERを左にゴロンと寝かせてタイヤレバーを差し込んで…

12081902 

ヨイショっと。

12081903_2 

あとは古いタイヤを手で外して、新しいタイヤに入れ替えて出来上がり。(手抜き解説…)

12081904 

余談ですがタイヤ交換の作業性は、タイヤレバーの良し悪しに大きく左右されます。 盛豚はこれまでに三種類のタイヤレバーを使った事がありますが、行き着いたのはミシュランのタイヤレバーでした。

12081906 

このレバーは一見するとタダの板切れみたいですが、厚みと形状が絶妙で非常に使い易くて重宝しています。 三枚セットで売っているのですが、その訳は使ってみれば分かります。
過去に出来の良くないレバーで作業をしている最中に、レバーが折れてしまった経験もあるのですが、このレバーにたどりついてからはタイヤ脱着作業が容易になりました。

12081907 

芯出し作業に少し手こずりましたが数回脱着を繰り返しつつ、何度か手足で背筋力測定のポーズでビードを伸ばして、初期なじみを取った後に本組みをして作業完了です。 ちょいと色がアレですが、その分視認性がupしたという事にしておきましょう。(苦笑)

(作業前)
12081908 

(作業後)
12081909 

作業後は試乗を兼ねて夙川方面へパンポタに行きました。 まずはラ・バゲット・ド・パリ・ヨシカワさんでパリジャン(フランスパンの一種)などをGetです。

12081910 

続いてコンセント・マーケットさんへハシゴして…(サイドバッグからはみ出した袋入りのパリジャンが食いしん坊丸出し…)

12081911 

もうちょいと買い足します。

12081912 

いずれもクロワッサンはお店の外ですぐ食べました。 両方ともとても美味しかったです。 あえて違いを言えば前者はパンを愛する人が作ったクロワッサン、後者はパンを大事にする人が作ったクロワッサン、そんな味わいでした。

. 

最後にパナレーサー・ミニッツライトPTのファーストインプレッションですが、最高で47km/hまで出してみた約3時間に及ぶ試走の範囲でステルビオとの比較で述べると…

 

1.ステルビオよりもグリップ力が高い

2.ステルビオよりも直進安定性・コーナリング性能が高い

3.ステルビオよりも静粛性が高い

 

ただしこれは何年も使わてれかなり劣化していると思われる個体のステルビオとの比較ですので、各銘柄の直接比較とは言い難いところです。
しかしながらミニッツライトPTの感触自体は、ひとまず満足できる範囲だと言っていいと感じました。

 

« カウンタックツアー後編(大和ミュージアム&てつのぐじら館編) | トップページ | 伝承 »

リカンベント」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

パナの451好印象でしたか、また機会があれば付けてみたいと思います。
小径に幅広タイヤレバーは入れにくい印象があって敬遠してたのですが、これまで何本も折ってきたのでミシュランのレバー今度試してみます。

ローレーサーのバッグからはみ出たパンがとてもオシャレでいいですね♪
私なんぞ菓子パンで満足してるレベルではありますが、パンは好きなのでお店情報、参考にさせていただきます。

>やまおかさん
.  
ステルビオについてはBSモールトンで使い始めた頃から一貫して接地感が希薄で、直線ではまだいいのですが、カーブではアンダーが出易いので本当に恐かったです。 BSMでもLOW-RACERでもステルビオではハンドルをこじってアンダーを出しながら曲がる特性が馴染めなかったのですが、直線番長と割り切って使っていました。
一方でミニッツライトPTについては今朝もカルく走ってきましたが、タイヤ剛性がスピードに負けておらずしっとりとした接地感があり、直線でもカーブでも程よいグリップ感が印象的です。
突出したグリップ力があるのかはまだ分かりませんが、今のところは及第点かなと感じています。 ただ完全なスリックタイヤなので、路面の砂や雨には注意したいところですが…。
.  
ミシュランのタイヤレバーは薄さと形状が使い易さの秘訣かもしれないと感じます。 Wウォールのリムにキュウキュウのタイヤだったら金属製レバーの出番かもしれませんが…。
.  
>ローレーサーのバッグからはみ出たパンがとてもオシャレでいいですね♪
. 
ありがとうございます! 実はトートバッグからパリジャン(一番長いフランスパン)をはみ出させているみたいなイメージの見た目が気に入ってました。(笑)  いずれ専用の長いビニール袋を調達しようと検討中です。(食いしん坊丸出し…)
やまおかさんには近すぎるかもしれませんが、これからもパンポタのレポートは続けていきますので、乞うご期待!(笑)

この記事へのコメントは終了しました。

« カウンタックツアー後編(大和ミュージアム&てつのぐじら館編) | トップページ | 伝承 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ