最近のトラックバック

« 『岳』 18巻 | トップページ | ちょっと京都まで… »

LOW-RACERにギアカバーを付けてみました

OPTIMA LYNXXに続いて、LOW-RACERにもギアカバーを付けてみました。

12090400

.
OPTIMA LYNXXに付けたICE社製のギアカバーは、形状・質感ともに申し分なかったのですが、LOW-RACERには寸法の関係で取り付けることができませんでした。
同じ物をベースに曲げ加工をすることも検討したのですが、パイプフレームの曲げに失敗して新品がいきなりパーになるのは避けたかったので、これを参考にワンオフ品を製作する方向で進めることにしました。

製作自体は外部に依頼するため、製造元(個人)にICE社製ギアカバーを見せて概念を説明して製作を依頼します。
「ペダルキックの確率の方が高いし、競技用車輌には不要なのでは?」という指摘を受けましたが、盛豚は普段から日帰りツーリングでLOW-RACERに乗りますし、その時にはよく近所の小学校の前を通ります。 いくら気をつけて乗っているとはいえ、子供達の姿を思い浮かべるとやはりこのまま乗り続ける訳にはいきません。
しぶる製造元へしつこく通って頼み込み、ようやく引き受けてもらえました。

.
目的は万一の事故で歩行者に衝突してしまった場合に、フロントギアで相手に大ケガをさせてしまうことを防ぐことです。 自転車の保護が目的ではないので材質・強度的に丈夫過ぎるよりは、衝突時に少々変形してでもいくらか衝撃を吸収してくれる方を選びます。 自動車のウレタンバンパーみたいなイメージですね。
製造元の指示に基づいて簡単な図面を書き、大まかな形状と具体的な寸法を指定します。 「仕事がヒマな時に作るので納期は不問」というのが条件ですので、後はひたすら待つのみです。

待つこと二ヵ月、仕上がったギアカバーが届きました。

12090401  

具体的は形状は製造元に一任したのですが、材料と剛性のバランスからICE社製を踏襲した物になりました。

12090403  

上から見ると…

12090406  

前から見ると…

12090407  

OPTIMA LYNXXの方みたいにプラの覆いも付けようかなぁ…

12090408

.

モデルの基本形状が優れているせいか、見た目のわりに程よい剛性感でした。

よし、これで一安心だな…。

 

« 『岳』 18巻 | トップページ | ちょっと京都まで… »

リカンベント」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
おっ!ローレーサーにもカバー装着完了ですね。
なかなかいい感じに仕上がっているのでは。
さすがワンオフ品ですね。
こういう安全に大しては気を配りたいものですね。

>kimotoshiさん
.
今晩は。
ありがとうございます。 おかげ様で質感の良い物が届きました。
ギアカバーについては人様に強要するつもりはありませんが、自宅から2号線に向かう道中に小学校があり、その辺りは歩道と自転車専用道路と専用横断歩道があり、自転車で通る度に一年生と思しき子供達が目の前を通りますので、どうしても気になって仕方がありませんでした…。
これで一安心です。

この記事へのコメントは終了しました。

« 『岳』 18巻 | トップページ | ちょっと京都まで… »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ