最近のトラックバック

« ちょっと京都まで… | トップページ | 自転車用グローブの話 2 (夏でもフルフィンガー!) »

盛豚とマンリー商会さん

撮り終えていた三本のフィルムを現像に出しました。

12091000

.
今さら言うまでもありませんが、カメラ・撮影の主流はデジタルに写って久しいです。 今では多くのラボ(現像や写真プリントをやってくれるフォトショップのコトね。)が写真では商売が成り立たなくなっているのが実情です。

盛豚が十年来お世話になっているラボのマンリー商会さんでも例外ではありません。 売り上げのほぼ全てがデジタル系のプリントや巨大な業務用プリンター関係の仕事で、写真の現像・プリントの仕事はほとんど無いそうです。
今では銀円写真用のフィルム現像機・プリンターの電源を入れる事さえあまり無く、こちらがフィルムを持ち込んでから電源を入れて、一時間以上かけて機械の暖機運転してから…と、急ぎでお願いしても三時間待ちというカンジです。 それでも当日仕上げだとか急ぎで三時間ならまだ他所よりかなり早い方で、普通のお店と利用客の関係でしたらたった一本のフイルムの為にすぐさま機械を稼動させるとは考え難いでしょう。 他所では持ち込み時間を問わず、何本か受注が集まるのを期待して翌日まで待つハメになると思います。

こんな状況下でも銀円・フィルム・スティル・写真を見捨てずに、銀円写真用のフィルム現像機・プリンターを廃棄せずにいてくれているだけでも、マンリー商会さんには頭が下がります。
コストよりも質を優先した印画紙を使い、価格は競争時代のままの格安(36枚撮りネガフィルムの現像・同時プリント代が約900円、ハーフでも約1500円!)で、ウデもいいし…。

盛豚はこのラボのおかげで、こんな時代にあっても銀円・フィルム・スティル・写真を楽しみ続けています。

12091003  

最近では急ぎの現像をお願いする時に、自宅を出る前からマンリー商会さんに電話を入れています。 そして迷子の子犬を可愛がるかのように、今日もマンリー商会さんの皆さんは現像機の暖機運転をしながら盛豚の到着を待ってくれています。

 

取材協力 : 『マンリー商会』さん 

 

« ちょっと京都まで… | トップページ | 自転車用グローブの話 2 (夏でもフルフィンガー!) »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
フィルム写真を愛するものとしてこういうラボは本当にありがたいですね。
私の場合、ネガで撮っても焼かずにデータ化ばかりでしたがこれからは焼くつもりです。
先日、行きつけのラボで初めて焼いてもらいましたがやっぱり紙ベースは違いますね。
写真はPCで眺めるより紙で眺める方が素晴らしいと感じました。

自分も今行ってる写真屋さんとは相当長い付き合いです。
「今はプリントだけでは商売になりませんわ。」とぼやきながらも、ニコニコして世間話にも付き合ってくれる優しい店長さんです。

>kimotoshiさん
.
今晩は。
長い付き合いの中で出来た関係かもしれませんが、ラボで生計を立てているだけに一家揃って「やっぱり写真が好き」な方々です。 懐かしむように面倒を見てくれますよ。 本当に有り難いものですね。
私見ですが、やはり銀円・プリントは手にとって見ると感じるモノがあります。 イイっすよね、写真って!

> しょうやんさん
.
みんなそれぞれにこういう付き合いのラボがありますね~。
しょうやんさんってラボに限らずカメラでもテツでも何でもそういうお付き合いのお店があって羨ましいですよ~。(笑)

この記事へのコメントは終了しました。

« ちょっと京都まで… | トップページ | 自転車用グローブの話 2 (夏でもフルフィンガー!) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ