最近のトラックバック

« パンポタ五件を一気食い! | トップページ | 第十四回戦 »

第3回DKL42in姫路

第3回DKL42in姫路 に行ってきました。

12112500

. 
今回の「DKL42まつり」の舞台は姫路です。 主なテーマは「姫路モノレール跡の散策」と、「君には止めれるか? 時速300キロ新幹線ダッシュ(走り出す様)に挑戦、姫路駅流し撮りまつり」です。

姫路へは特急はまかぜで向かう事にしました。 はまかぜは電化されていない山陰方面へ走るので、ディーゼルターボエンジンのレシプロ車輌で運行されています。 以前は昔ながらのドッカンターボだったそうですが、老朽化・他の諸事情により最近新型車両へと更新されました。
盛豚は特にテツという訳でもないのですがエンジン物にはちょいと興味がありますので、ディーゼルターボと聞いて乗ってみる事にしました。

12112502  

ホームに上がると既にはまかぜは待機していました。 どれどれマフラーは…、あった!
鉄道の事はよく分かりませんが内燃機関の事は少しだけ分かります。 約100Φのマフラーがコンボイよろしく天に向けてW出しになっているのを見つけました。
メーカー物のレシプロエンジンが100Φのマフラーを使うという事は、一本あたり350~500馬力は出るエンジンであると推測されます。 それがW出しになっているので一両あたり700~1000馬力くらい出ると思われます。

ちょいと期待できますね…。

12112501  

やがてディーゼルターボがうなりを上げて出発しました。 近代的なターボエンジンはブーストの立ち上がりがとてもスムーズで、中・低速域の加速が極めて滑らかなのが印象的でした。
一速…、二速…、三速…、四速…とシフトアップしていきます。 恐らくこの車輌は五速なのでしょう。 もしくは副変速付きなのでしょうね。 

窓の外を見ると神戸マラソンのランナーの姿が見えます。

12112503  

あっ、明石海峡大橋だ…。

12112504  

姫路に着きました。 今回乗ったはまかぜのテールです。 何だか顔が鉄仮面…。

12112506  

名物の黄色いそばで腹ごしらえを…。

12112507  

姫路の町に繰り出します。 駅の北側に出ると不自然な橋脚跡が忽然と…。

12112508  

点々と続く姫路モノレールの名残りをたどって歩きます。

12112509  

途中で唯一の停車駅でもあった大将軍駅を内蔵する巨大アパートが…。

12112511  

新幹線が真上ギリギリに建造されたみたいです。

12112512  

おぉ、背景に紅葉が…。

12112513  

そして途切れました…。

12112514  

この先はレールの名残りはありませんが、終着駅だった手柄山駅跡と水族館は残っていました。

12112516  

駅跡はちょっとした博物館みたいになっていました。

12112517  

ありし日の姿…。

12112518  

さて、歩き疲れたから帰りは乗って帰りますか…。(!?)

12112519  

姫路駅に戻って小休止の後はいよいよ流し撮りグランプリです! エントリー費を払って会場へ…。 競技時間は二時間に制限されています。

12112521  

姫路駅は新幹線停車駅ですが、その前後約4.5kmが直線になっており(トンネルも含めると約7kmが完全な直線!)、更に追い越し・通過待ちの為の複線があるので、駅のホームから6mくらい先を最高速度で駆け抜ける新幹線を見る事ができます。 その速度と迫力たるやダイナミックを通り越えて異次元のスピード感でさえあり、一説には290km/hとも300km/hとも言われています(かつての500系は310km/h以上という説も!)。 そんな速度で鼻先6mを走られた日には、肉眼で見ていると新幹線が溶けて見えるほどです。

今回はその最高営業速度で走る新幹線のフェイスとテールを、流し撮りで捉えようというのが狙いの「修行」です。 撮影機材はF3とゼプトンを選びました。

12112524

お、一本目が来ました! 下り列車で手前側のレーンを走って来ます! パシャッ!

12112525  

速過ぎて写っていません…。
次が来ました。 今度こそ!! パシャッ!

12112526  

何コレ…?
ヨシ、置きピン&フレーミング&AEロックで今度こそ!! パシャッ!

12112527  

ブレブレではみ出してるやん…。 流しの速度が遅すぎるのか…。
ヨシッ、次は野球のバッティング並みにカメラを思いっきり振り回して撮ってみるぞ!!
今度は登りが来ました。 下りよりも距離があるので撮り易いハズです。
行くぜっ! パシャッ!

12112528  

止まったのはイイけれど、フレーミングがはみ出してるし…。
そしてそのテールはっ! パシャッ!

12112529  

ついに捉えた横顔っ!! …、でも目(ライト)が写ってない…。
また来た登り線、今度こそっ!! パシャッ!

12112531  

ピンが甘いよ…。
こうして二時間はあっという間に過ぎて行き、最後はかつて最強最速を誇った500系を700系が追い越すシーンで時間切れとなりました。

12112532_2  

あ~、面白かった! ちなみにフィルムで撮った方の出来は現在現像待ちです。
企画・引率して下さったしょうやんさん、ありがとうございました。 とっても楽しかったです!
また次の機会(リベンジ編!?)も宜しくお願いします。

 

« パンポタ五件を一気食い! | トップページ | 第十四回戦 »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ