最近のトラックバック

« 盛豚とロッコールレンズ | トップページ | 『Racing on 462号』 »

安全装置?

「ポンッ!!」

12121300

.
先日実家で父親がおでんを温めていると、何やら電子レンジの様子がおかしい様な気がしたので覗いてみたら、以下はこんなカンジだったそうです…。

   
モクモクモク…(煙が出始めた…)

ピカッ!(何かスパークした様な…)

モクモクモク…(中で何かが光りながら煙を出してる…)

「ピピピピピピピッ…!!!」 (アラームが鳴り出した。 何だかヤバそう…)

「ポンッ!!」 (うわっ!!)

   
「シーン…」 (止まった…)

 

こうして実家の電子レンジは天に召されたそうです。 父親によると、「アラームが鳴って非常停止したから安全装置が働いたんじゃないかな」との事…。 

 

この電子レンジが盛豚家にやって来たのは今から30年前。 盛豚家が千葉県柏市に住んでいた頃で、母親が日立さんの工場へパートに行っていた事から、初の電子レンジは日立製を選んだそうです。
パート仲間には『爆風スランプ』で有名なサンプラザ中野さんのお母さん(明るくゆかいな方だったそうです。)がいらっしゃったりと、休憩時間が楽しみなイイ職場だったみたいです。

モーターに初期不良があって部品交換をした(母親が職場で部品をもらって来て自分で交換していました。)後は、何のトラブルも無く働き続けてくれていました。 さすがに30年も経っているので寿命ですよね。 もう部品も残っておらず今回は修理不能との事…。

 

長い間ありがとう。 お疲れ様でした。

 

« 盛豚とロッコールレンズ | トップページ | 『Racing on 462号』 »

その他」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
30年前の電子レンジでしたか。
もう十分過ぎるほど働いたことでしょう。
こういう類の電化製品って案外長持ちしますよね。
以前の我が家にもかなり古いそれが残ってましたし(笑)

30年とはすごいですね!
実家に電子レンジがやってきたのは20年ほど前だったのでかなり早い導入では
ないでしょうか。
結婚して後輩からもらったレンジは合計で8年ほどで天に召されました。
昔の電化製品は長持ちしますよね。実家にある扇風機は40年は働いたと父が
言ってました。

〉kimotoshiさん
家電品の評価は辛口な私ですか、さすがに30年働きゃ合格だなと思います。 音響系と映像・画像系みたくショボい品種とは大違いですね。(笑)

〉いずみさん
30年は良く保った方だと思います。 ソ○ータイマーを筆頭に、家電品メーカーは開発し尽くして作り慣れた物ほど、耐久性を計算して引き算して作る様になりますからねえ…。
どの品種も登場してから3〜5年頃の機種は品質向上開発段階ですので、本気で「他社を出し抜く良い製品を作ろう!」とした結果、耐久性引き算を始める前のある程度良い製品が手に入る傾向があると感じます。
実家の電子レンジは祖父母宅に遅れる事十年でやって来ました。 導入してからは母親が「家事がグッと楽になった」と喜んでいましたので、この電子レンジには感謝しています。(合掌)

こんにちは。
電子レンジ良く働いて頑張ったのですね。感謝感謝ですね。

私は以前、某家電メーカーサービスに勤めていた者としまして私的意見ですが家電製品は昔の製品の方が、やはり頑丈で丈夫に作られているように思います。
機械的な部分もそうですが電気的な部分も簡単で故障しても少し手を加えれば部品交換するまでの応急処置も出来て丈夫だったように思いますね。
最近の家電製品の寿命も部品のメーカー保有年限(色々な面で今もそうですが営業部門の薄利多売の間違った経営理念からの売価をさげさす為の圧力)で設計している為と思いますが大体6〜8年もてば良い方じゃないかな。

ブロンプトンのように基本設計を変えなければ部品交換だけで家電製品も長く使えるようになるのにバブル期以後、チャチになって値段は安くなりましたが良いと思う製品がなくなったように思いますね。MIDE IN JAPANの品質世界一の物作り日本だった頃が懐かしいですね。

ですが何より電子レンジご苦労様でした。

>ヒロくんさん
.
昔は「イイ物作ろう!」の精神でしたが、壊れなきゃ需要が続かないので、いつしか狙った寿命で壊れる物作りに…。
時代は変わりましたね…。

この記事へのコメントは終了しました。

« 盛豚とロッコールレンズ | トップページ | 『Racing on 462号』 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ