最近のトラックバック

« LYNXXとLOW-RACERでランデブー3 | トップページ | 『RALLY&CLASSICS vol 02 よみがえるグループB』(三栄書房) »

LYNXXとLOW-RACERでランデブー4

いつもお世話になっているkimotoshiさんと、ランデブーで大和の国に行ってきました。 国境越えです!

13011600

.
先日のランデブーの時にkimotoshiさんから、「次回は奈良に行きましょう。 穴虫峠なら標高も低いし緩斜面なので、盛豚さんのヒザの事を含めてもリカンベントで越えられますよ」との提案を頂きました。
リカンベントは体重に頼った立ちこぎができないので上り坂が苦手な自転車ですし、そもそも登りと聞くだけで全速力で引き返したくなる盛豚です。 でもリカンベントでブロンプトンで時にはキャンプツーリングへ、kimotoshiさんは自転車仲間の中でもご一緒するシーンが多岐に亘り、盛豚のヒザと走行力を良くご存知の方です。 そのkimotoshiさんの判断に基づく提案でしたので、思い切って行ってみる事にしました。

そして当日の朝、凍てつく寒気をペダルで切り開いて走り出します。 川原は一面に霜が降りて白く輝いていますが、「寒気も旅路の情緒かな」と思いつつ集合場所へと向かいました。

13011601  

集合場所には30分ほど早く着いたのですが、例によってkimotoshiさんは既に到着されていました。 通算成績は二勝五敗、もはや張り合うのは無謀なのでしょうか…。(汗)

13011602  

軽く腹ごしらえを済ませて出発します。 大和川沿いにはサイクリングロードや自転車通行も可能な歩行者道路などが整備されていたりして、ゆったり心地良く走れる道が多いです。

13011603  

そして大和川サイクリングロードから石川サイクリングロードへ。 車止めも少しだけありますけど、大抵の自転車なら降りずに通過できる程度ですので、走り易いですね。

13011604  

そして玉手橋へ。 いつ見ても生活に馴染んだ景観だと思います。

13011606  

それにしてもイイ天気…。 天気がイイとイイ気分で走れます。

13011607  

羽曳野大橋で石川サイクリングロードを離れて太子町へと向かいます。 やんわりと標高が上がり始めて、山肌にあるブドウ園のビニールハウスが見えてきました。

13011608  

そしていよいよ穴虫峠へ。 緩やかな斜面で少しずつ標高が上がり始めます。 LOW-RACERのギアがインナー・1~2速を行ったり来たりしてる間に、予想通りkimotoshiさんの姿はみるみる内に小さくなり…

(この後すぐに見えなくなりました…。)
13011609_2  

sweat02
……sweat02sweat02

13011611  

二度ほど立ち止まって進んだその先に、kimotoshiさんの姿が見えてきました。

13011612  

国境です! ついにガリビエを登りきったのです!(←実はfoxhounderさんならアウター・トップで登っちゃいそうな緩斜面…)

13011613  

ここからは専門の下り道なので、すいすい走ります。 リカンベントでは初めて奈良県に入りました。 中将堂さんに駆け込んで…

13011614  

「よもぎ餅、美味しいっ!」

13011616  

そして橿原神宮へ…。 まさかリカンベントで来る事になるとは!

13011617  

そしてkimotoshiさん御用達のお食事処よろづさんでお昼ごはんです。

13011618  

サービスランチを頂きました。 これが食べてみると見かけ以上にボリュームがあり、フツーの定食なら二人前は食べられる食欲のある盛豚でも、ご飯をおかわり(無料!)したら満腹になりました。 おかげでその後のパンポタが全然はかどらない程でしたよ。(苦笑)
ちなみにこちらのオーナーさんは自転車乗りの方だそうで、自転車乗りの気持ちと食べ応えを考慮された結果がこのボリュームなのではないかと思われます。(笑)

13011619  

さて出発…と思ったらLOW-RACERの後輪パンクが発覚! オーナーさんにポンプをお借りして(ありがとうございました!)修理、そさくさと出発しました。

お次はラスティック・ベーカリーさんを襲撃します。 こちらは天然酵母が売りのパン屋さんとの事で、店内のイートインスペースで頂いていきました。 大阪市内や阪神地区などではイートインスペースを利用するためにドリンクオーダーが必要なお店が大半ですが、こちらでは自由に使わせて頂けました。

13011620  

飛鳥米を使った米粉のパンで作られたコルネ(注文を受けてからクリームを入れてくれます。)。 米粉らしくパリッとした食感と自家製クリームが美味しかったです。

(大阪にも出店してくれないかな…。)
13011621  

バリッとした食感のクロワッサン。 クロワッサンはデリケートで持ち運びに気を遣わされがちですが、このクロワッサンは持ち帰って食べてもほとんど崩れていませんでした。

(クロワッサンにしては珍しく、お持ち帰りにも強い!)
13011622_2  

お店を後にしてリカンベントで飛鳥の道を行きます。 そういう意味では個人的には未知の光景です!

13011623  

最後のチェックポイント、ボーノさんに着きました。 

13011624  

サービスランチのボリュームが響いてお持ち帰りです。 プレーン系のパンを中心にちょいと控えめのチョイス…。

13011626  

山に囲まれた奈良の日暮れは大阪のそれよりも早いですね。 冷えて来るのも早いので急いで引き上げるとしましょう。

sweat02
……sweat02sweat02

帰りの穴虫峠を通る頃には、辺りも薄暗くなって来ました。

13011627  

そして石川・大和川サイクリングロードを走る頃には、すっかり日も暮れていました。 一人では寂しさと不安感に苛まれがちな暗闇のサイクリングロードですが、供に走る仲間と明るいライトがあれば、たちまち趣のある夜の旅路に変わるから不思議です。
走る時にも休憩の時にも、ライト談義やリカンベント談義に興じながら帰りました。

(明るさ比べで夜道も楽しむ二人! この後、電池交換されたkimotoshiさんに逆転されちゃいました…coldsweats01
13011628  

kimotoshiさん、お疲れ様でした。 一日お付き合い下さってありがとうございました。 案内して頂いた穴虫峠は私のヒザでも翌朝に若干の筋肉痛が残る程度で、奈良行きを可能にしてくれる道だと分かりました。 kimotoshiさんとのお出かけはいつも楽しい事づくめですが、今回は更に新しい領域が開けましたよ。

本当にありがとうございました。 また次の機会も宜しくお願いしますね。

 

« LYNXXとLOW-RACERでランデブー3 | トップページ | 『RALLY&CLASSICS vol 02 よみがえるグループB』(三栄書房) »

リカンベント」カテゴリの記事

自転車でツーリング・ロングライド」カテゴリの記事

コメント

おっ! とうとう奈良に足を踏み入れましたね(笑)
しかも橿原神宮、明日香、桜井とそちらからだと結構な距離になりましたね。
桜井は三輪さんにお参りに行く事が多いのでよく行くのですが、ボーノは未訪。
要チェックです。

米粉のコルネ、美味しそうですね〜
パンハンティング休止中ですが、触発されそうです(笑)
こういう「ご褒美」も、峠越えの励みになっているのでは
ないでしょうか^^

>やまおかさん
.
ドキッ! 見つかってしまった…。(汗)
この日の走行は130kmでした。 穴虫峠の標高が低くて交通量も少なかったので、随分低いハードルになった事が勝因だと思います。
今回はサービスランチのボリュームが響いて、ボーノさんの豊富な調理パンに手が出ずじまいでしたので、いすれ出直そうかなと思案中です。(苦笑)

>ocean810さん
.
米粉のコルネ、美味しかったですよ~。 パリッとした食感もそうですが、組み合わされるクリームは更に良かったですね。
カスタードクリームは自家製であっても他のお店との差が出にくい傾向があるのですが、このコルネのクリームは独特の柔らかいトロ味が印象的でしたよ。
やっぱり峠越えの励みは、行く先々での美味と美女のご褒美が一番ですね!scissors

こんにちは。
この日はお疲れ様でした。
穴虫峠は緩いし交通量も少なくて走りやすいでしょう。
少々距離が長くはなりますがそれでもリカンベントならこちらの道をお勧めします。
奈良に行くにはここを走るのが一番のような気がしますね。
和菓子もお昼ごはんもパンも満足頂けたようでよかったです。
確かにお腹一杯になりましたよね。
因みにこの日の晩御飯を抜いたのはここだけの話です(苦笑)
また色んなコースを考えてお誘いしますのでよろしくです。
お互いリカンベントで走るコースを広げていきましょうね。

こんばんは。
ついに奈良へ行かれたのですね。
きもとし兄さんは口は悪いですが頼りになる方なので安心して走れたでしょう。良かったですね!飛鳥米コルネ、美味しいですよね。私はコルネのあまりの美味しさに自転車の鍵を店前に落として後日封筒を送付して返送していただきました(苦笑)
膝は無理しないことがなによりですね。私は本日整形外科へ行き膝の骨に異常はないものの痛みがでないようにうまく付き合っていくしかない、という診断結果でした~。

>kimotoshiさん
.
今晩は。 先日はお疲れ様でした。
穴虫峠は夢の峠ですね。 緩くて交通量が少ないとなれば、奈良行きのメインストリートに採用決定は必至かも!?
日が長くなって来たら、淀川→木津→奈良→堺のロングコースで和菓子ポタもアリかもしれませんね!
この日は晩メシ抜きですか!? 相変わらず燃費がイイですね。(苦笑)
また次の機会も宜しくお願いしますね。

>いずみさん
.
今晩は。
ついに国境を越えて大和の国へ攻め込みましたよ! これで大和の国の年貢は我々の物です!!
kimotoshiさん名実共に泉州紳士ですので、自他共に認めるレディのいずみさんと息がピッタリなのが頷けますね。 この日も素晴らしいナビゲーションぶりでしたよ。
初めて食べた飛鳥米コルネですが、他には無い食感と美味しさですね。 これはリピート決定です。
 
ヒザの件、日常生活や歩くだけなら痛みはありませんか? 医師は一軒での診察が全てでは無いので、抜本的な対策を打ち出されない様でしたら、見切りを付けて次をあたるのも大事です。 ハシゴする位の勢いで何件も行ってみる事をお勧めします。
何はともあれお大事にして下さい。

先日は遠路はるばるお越しくださいましてありがとうございました。
バタバタしてゆっくりしてもらえず申し訳なかったです。奈良へのルートもできましたのでこれに懲りずまたお越しくださいませ。。と、言っても・・ウチから南は坂だらけですが(^^
パン屋さん情報も楽しみにしております(^^
これからもよろしくお願いします。

>millionさん
.
こちらこそギリギリでお邪魔した上にパンクでモタモタしてしまってすみませんでした。 その上ポンプを貸して頂いてありがとうございました。
kimotoshiさんのニューカマーがデビューしたらまた一緒に伺いますので、宜しくお願いしますね。

この記事へのコメントは終了しました。

« LYNXXとLOW-RACERでランデブー3 | トップページ | 『RALLY&CLASSICS vol 02 よみがえるグループB』(三栄書房) »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ