最近のトラックバック

« 油かすポタに参加してきました | トップページ | 偵察パンポタ2 »

迫力のあるホイールが欲しい…

盛豚のLOW-RACERには、シマノ社のWH-R540という完組みホイールが組み込まれています。 シャープなデザインで気に入っているのですが、より軽量で迫力のある物が欲しくなることもあります。

13021500

.
リカンベントの多くがそうであるように、LOW-RACERのエンド幅はMTB用の135mm(ロードレーサー用ハブは130mm幅。)で、リムはロードレーサー用の物です。
体重をかけた立ちこぎが出来ないリカンベントの登坂力不足対策として、ロード用のフロントギヤ・クランクに対して、後輪にはギヤ比がワイドレシオになっているMTB用のギヤを組み合わせるのがベーシックな組み合わせなのですが、このホイールの場合はロードレーサー用の完組みホイールのハブ軸を、MTB用の物に組み替えてあるみたいです。

盛豚は平地専門と割り切っているので、ギヤ比がワイドレシオなMTB用よりもクロスレシオなロード用を試したいと感じています。 もしフレーム加工によってエンド幅が130mmにできればそれが可能になるのですが、ギヤレシオの他にもリヤホイールの選択肢が増えることになります。

ロードレーサー用のホイールは手組み・完組みを合わせて選択肢が多く、色々なメーカーから販売されています。 その中には憧れのディープリムの物も含まれています。

(あんなのとか…)
13021501 

(こんなのとか…)
13021502 

そしてもっとド迫力系のバトンホイールと呼ばれる、カーボンファイバー製でエアロタイプの物もあります。

(精悍です…)
13021503 

(イカツイ…)
13021504 

(オイラのと違ってスパルタンだ…)
13021505 

でもこの手のホイールって高価で車体よりも高かったりするんですよね…。 んで、お値段から考えて現実的なものを探すと、見た目も現実的な範囲に戻って来ちゃうんですよ。

(こんなのとか…)
13021507_2 

(あんなのとか…)
13021508 

 

やっぱド迫力系のホイールって、高嶺の花だよなぁ…。

 

« 油かすポタに参加してきました | トップページ | 偵察パンポタ2 »

リカンベント」カテゴリの記事

コメント

AEROSPOKEはキョーレツに重です(^_^ゞ
画像はLOROのBARONですね~
実は余りの美しさに一目惚れし、
本気で買おうと思い、思い止まりました(^^)

SPINERGYはカーボン4本スポークでインパクト大な割りに
中古で良ければオークションで案外安くで手に入りますよ 。
AEROSPOKEよりは軽量です。

因みにHED3はかなり軽量らしいです。

俺的にはこの辺が興味あるかな。
フォントとホイルのデザインがクールでとっても素敵。
http://www.cyclowired.jp/?q=image/tid/5391
製品の安心感でで言えばコレかな。
http://ysroad-maniac.com/itemblog/2012/02/fulcrum-red-wind-xlr.html


空気抵抗の低減ってことでは、この形状なんかは興味深いです。
http://www.bikeradar.com/news/article/mavic-unveils-cosmic-cxr-80-aero-wheels--34221/

MTB用だけど、タイヤレスホイル。
http://www.bikerumor.com/2012/10/26/airless-mountain-bike-tire-no-tubes-no-pumps-no-problem/#more-51130
将来はこうなるんじゃないかと思うと、チョット楽しみ。

はじめまして。
最近、リカンベントに興味を持ちまして色々なサイトを閲覧してるうちにここにたどり着きました。

OLD135mmのフレームに130mmのロードバイク用のホイールをとのことですが

本来であれば左側に5mmスペーサーを入れてニップル調整でホイールセンターを変更して使用します
(ヤフーオークションでも130mm→135mmのするアダプターみたいなものが出品されています)
ですがホイールセンターの調整が面倒ですので 邪道なやり方ですと
ホームセンターでよく売られているM10mmワッシャーを左右にかます方法があります
厚みが大体2.3mmぐらいの物が売られていますので二枚で4.6mm 0.4mmほど足りませんが誤差の範囲でごまかせるかと

この方法はロードバイクですとチェーンラインが狂いますのでオススメしませんが
RDの稼働範囲は余裕がありますのでRDの調整次第で10速でも問題なく使えます
リカンベントですとチェーンが長いですからチェーンラインの問題は考えなくてもいいかもしれません
あくまでも参考までに書き込んでみました
気に入らなければ削除していただいてもらっても構いません。

そうそう、
因みに私のBARONは26インチ135エンドのエアロスポークにロード用カセットをデュラエースでドライブしてます。
スペアに同じく26インチのSPINERGYにはマウンテン用のカセットを入れてますが、RDはそのままデュラエースでドライブしています。

既に無理矢理エンドを絞めて・片側にスペーサー・両側にワッシャーで・フレーム加工…と様々な修法で700cを入れてる方もおられます。
(特に700cに強い拘りを持つあのお方は勿論フレーム加工で特注色に再塗装。)

私もBARONに700cを入れるにエンドも去ることながら直径が足らないフレーム加工に再塗装まで視野に入れていたのですが、剰りに大掛かりなため二の足を踏んでいましたが、最近650cとか26インチがリカンベントには良いと提唱されるお馴染みのあの速い方や強い方の影響で26インチのままでいこうと決めました。

リカンベントに26インチが多いのは意味があってのことの様です。

スマホからコメントすると画面サイズが合わず、まともにスクロールしないので確認が出来ず、恥ずかしながら誤字脱字の嵐になってしまってます。
スミマセンm(._.)m

ローレーサーの退院が待ち遠しいですね~(^^)

お披露目楽しみにしてます!

最近ロードの世界ではディープが多くなってきましたね。
カーボンやアルミの太フレームには似合いますし。
リヤだけ手に入れるのも限られますが、数セット用意して気分やコースで履き換え
られると楽しさ倍増で憧れます。
車と同じくドレスアップには最高のアイテムですもんね。

そもそもリカンベントでもロードのフリーで充分なんですよ。24×27T付けてりゃ京都の激坂でも大丈夫やし。
特にローレーサーならフラットメインでしょうからワイドでは走り難くてしょうがないです。

お互い物欲は留まるとこを知りませんね(笑)

>えむきゅうさん
.
あの白BARONはキレイでしたが、今のところ博物館に入荷した最後のBARONになってしまってるみたいですね…。 寂しいです。

SPINERGYはバイオレンスな外観がお気に入りなのですが、ネットオークションでは事前に現物確認ができないので保留してます…。 AEROSPOKEは重いと仰られてたのを聞いてドン引き中。 HED3は軽いみたいですね(お値段は重量級ですが…)。

ロード用コンポーネントの組み込み方法は、人それぞれ工夫されているみたいですね。 参考にさせて頂きます。
私もあのお方と同様に700cに強い拘りを持っていますので(大艦巨砲主義に近い…)、フレーム加工がうまくいかなかったら、ホイールをオーダーメイドしようかと思案中です。
ローレーサーが仕上がったら、またご一緒させて下さいね。
  

>ツカモトさん
.
どれもヨダレが出て来るホイールですね!(お値段を聞いたら胃潰瘍になりそうですが…)
タイヤレスホイールって初めて知りました。 個人的にはまずディープリム→いつかはバトンと思っているのですが、夢はいつまでも夢のままの様な気がする今日この頃です…。(汗)
  

>四四久さん
.
初めまして。 コメントありがとうございます。
色々ご教授頂きありがとうございます。 一口にスペーサーと言っても色々な方法があるのですね。 大変参考になりました。
ご指摘どおりスペーサー+ロード用完組みホイールというのも、ある程度覚悟はしているのですが、現在はフレーム加工の結果待ちという状況です。
フレーム加工がうまくいかなかったら本格的に参考にさせて頂きますね。
  

>やまおかさん
.
やっぱディープっすよね!
それにしても「数セット用意して気分やコースで履き換えられると楽しさ倍増」って憧れますけど、セレブなマダムのハイヒールみたいですね。(笑)
人も車もドレスアップは足元からと言いますからね~。
. 
自動車でも非力な小排気量ほどクロスミッションが必殺技になるのですから、非力な人力車… 自転車なら必須だと思うんですけどねぇ…。 でも24×27Tでさえ京都の激坂は遠慮しておきます!(笑)
. 
 物欲よ… 心地良きかな この響き…(笑)
 

この記事へのコメントは終了しました。

« 油かすポタに参加してきました | トップページ | 偵察パンポタ2 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ