最近のトラックバック

« クランクテスト開始 | トップページ | 第十七回戦 »

松尾カツサンドポタ+αに参加してきました (クランク検証を含む)

日曜日はやまおかさん主催の松尾カツサンドポタ+αに参加してきました。

13041400

.
今回のイベントは、食べログの裏番長なのではないかと噂されるやまおかさんの縄張りの中から、台湾ラーメンのお店とカツサンドが美味しいお店をハシゴしようという企画です。
告知にも「CRを中心にのんびりポタでいきましょう。 トレーニング不足の方も安心してご参加下さい」と書かれている平地走行イベントなので、行ってみる事にしました。

この日は枚方・八幡の二段階集合という事もあり、ちょっと早起きして出発します。 しばらく加工に出していたのでLOW-RACERに乗るのは久し振りでしたが、クランクテストも兼ねて少しゆっくり目のペースで枚方へと向かいました。

13041401_2 

172.5mmクランクを組み込んでから初の100km超走行という事もあり、念のために休憩を入れながらゆっくりと脚を馴染ませていきます。
僅かとは言えクランク長が長くなった事で従来よりも脚の伸展域が大きくなっていますから、今までよりも脚が大きい運動を強いられる事になります。 大げさな言い方をすると、今までの筋肉の動きでは経験していない領域の大きな動きに対応する、肉体改造みたいな事をするようなものです。
これが肉体の許容限度を越えると、関節が炎症を起こしたり靭帯を傷めたりする可能性がありますので、いきなりガシガシ走ったりせずに低負荷で感触を確かめつつ、脚の様子を見ながら走ります。

前日までに50km以上の初期ナラシをしておいたせいか、特に問題もなく走れました。

13041402 

枚方でやまおかさん・daigorouさん・foxhounderさんと合流して、一路八幡へと向かいます。 リカンベントがトレーンで走る姿を眺めるのは、満足感と爽快感が合わさって気持ちがイイですね。

13041403 

八幡の踏み切り手前でこんな横断幕を発見! 泣く子も黙るシャコタン番長のやまおかさんへの挑戦状でしょうか!?(笑)

13041404 

八幡の集合場所にリカンベント・バイク&トライクが集結します。 一番手前はSatoさんの前輪駆動トライクです。 ハンドル軸が中央にあるので独特のコツが要りますが(普通の人は左右にブレて真っ直ぐ走れない!)、Satoさんにかかるとフツーに真っ直ぐ走ってられます…。 前一輪・後ろ二輪の小径トライクですが、エンジン(脚力のコトね…)がSatoさんともなると物凄いペースでカッ飛びます!

13041406 

ニコラスさん・きせるさんとは初対面です。 簡単にご挨拶をしてからしばしリカンベント談義に花を咲かせました。
以前から感じていたのですが、やまおかさんと一緒にリカンベントを楽しまれている方々は、皆一様にフレンドリーで気配りも行き届いた紳士な方々です。 盛豚も今年に入ってからご一緒させて頂く機会に恵まれているのですが、皆さんがこうして何年も一緒に走って楽しまれているのが頷けました。

ニコラスさんのチャレンジFujinです。 某サイトで噂に聞いてはいましたが、ライダー・マシン共に速そうな風格に満ちています。 それでいて威圧的な印象はなくて上品な一台でした。

13041407 

参加者が揃ったところで八幡木津CRを南下します。 やまおかさんに促されて次のポイントまで四台のローレーサー・ミッドレーサーが先行する事になったのですが、走り出すと三台のレーサーはバヒューン!とカッ飛んで行き、あっという間に視界から消えてしまいました…。(←1kmくらい先まで見通せるCRです…)
約二ヶ月のブランクがあったとは言え、盛豚 一人旅です。(苦笑)

しばらく走るとポイントには完全に休憩モード(待機ではない…)のお三方が…。

(これで「のんびりポタ」なのか!?sweat0113041408 

後発のトライクと合流したところで今度はトライク先行です。 ようやく「のんびりポタ」が始まりました!(笑)

13041409 

台湾らぁめん大ちゃんさんに到着です。 いやぁハラ減った…。

13041411 

ピリ辛ラーメンとなってますが、よくある舌が痺れるだけの紛い物とは違ってイイ味付けでしたよ~。 再訪決定です!

(美味しっ!!)
13041412 

腹ごしらえも済んだので、来た道を北上して次のポイントである流れ橋へと向かいます。 始めの内はのんびりだったのですが、この後ガンダム… foxhounderさんとニコラスさんはまたしても消えて行きました…。

(ガンダムだけど顔がターミネーター!?)
13041413 

のんびり組のdaigorouさんと盛豚は、途中でお互いの自転車を交換試乗しながら走りました。

(初ポタでアオられたミッドレーサー、HPVスピードマシンです…)13041414 

このHPVスピードマシンはポジションやシート高がLYNXXに近いせいか、懐が深くて乗り易いのが印象的でした。 サス付きといっても乗り心地を求めたモノではなく、路面のギャップによる無駄な振動を打ち消す性格のモノであり、走りはレーサーに属していると感じます。 ある程度は予想通りの素直な乗り味でしたが、一つだけ独特の強い個性を感じたポイントがありました。 それはハンドリングです。

このマシンのハンドリングはスタビリティが非常に高く、他のレーサーというかあらゆる自転車と大きく異なる印象を受けました。 例えるならそれはステアリングダンパーを装着したオートバイに似ていますが、ヘッドパーツがかじっていたりハンドリングが渋いのとは全く異なります。
ビシッと安定しているのでスピードが出てもハンドルがフラフラとブレたりしない、高い走行性能が感じられました。

.

流れ橋に到着です。 小休止の後は御幸橋を経て桂川CRを思い思いのペースで北上しました。

(本日の参加者達です。)
13041416 

きせるさんのトライクです。 優雅で心地良さそうですね。

13041417 

天候にも恵まれて絶好のリカンベント日和ですね!

13041418 

シャコタン番長のトライクです! ローレーサーはスーパー7と同じくらいの目線の低さですが、このトライクはF1と同じくらいの低さです…。

(ライダーの低さに注目!!)
13041419 

ニコラスさんとチャレンジFujin。 紳士な人柄とは裏腹に、一度走り出したら誰も止められない速さです…。

13041421 

豪快な走りとは裏腹に、風にたなびく可愛いフラッグ…。(笑)

13041422 

のんびり走る姿は貴重な二台…。

13041423 

ブルーオニオンさんに到着しました。 お店の前がリカンベントで埋め尽くされます!

13041424 

こちらのカツサンドはボリューム満点です! しかも旨い! また、コーヒーの種類も色々と揃っていますのでオススメです。 ここも再訪決定です!!
皆でサンドウィッチをほおばりながら、foxhounderさんの油圧ディスク論に熱中した一時でした。

(しまった、コーヒーはサントスにすれば良かった…!)
13041426 

ブルーオニオンさんを出てからは、走り解散しながら枚方方面へと戻ります。

(小径ながら物凄いパフォーマンスを見せつけたSatoさんのトライク!)
13041427 

(高いトータルバランスを見せつけるHPVスピードマシン。)
13041428 

残ったメンバーも枚方で軽く休憩してから解散しました。 久し振りの長距離でヘトヘトな盛豚だったのですが、ここからはfoxhounderさんが向かい風の中を先行して引っ張って、近道を案内して下さいました。

(かなり手加減して下さっていたと思うのですが、良く見ると向かい風の中をアウター・トップで走ってられます…。)
13041429 

.
参加された皆さん、お疲れ様でした。

企画・引率して下さったやまおかさん、ありがとうございました。 また次の機会も宜しくお願いします。

foxhounderさん、最後までヘトヘトなペースに合わせて引っ張って下さってありがとうございました。 おかげ様で道は覚えられましたので、次回からは盛豚の事は放置して思う存分カッ飛ばしてご帰還下さい。(笑)

.

----(クランクの件)--------------

.
172.5mmクランクを組んでからこの日に150km・累積で200km走ったので、中間インプレッションとしてここまでの感想を述べてみたいと思います。

.

走った日はいずれも強めの風がありましたが、この二ヶ月はあまり自転車に乗れなかったので脚力が落ちている事を考慮すると、距離や速度などの条件のわりに疲労感は少なかったです。 特に中盤~終盤の走行速度のタレ具合が減少しているので、明らかに筋肉疲労が軽減されていると感じています。

一方で伸展域が大きくなった事によるダメージや負荷については、前半は従来よりも窮屈感から開放されたかの様なスッキリ感があり、後半は伸展域が大きくなって不慣れな運動が長時間続いたせいかな?と思わせるかすかな大腿部の張りを感じました。
しかしながら従来の同条件化での経験と比較すると、筋肉疲労については明らかに軽減されており、炎症などのダメージについてはほぼ皆無となっている事が実感できました。

これらの事から現段階では、身長173cmの盛豚がリカンベントでクランク長を170mm→172.5mmに変更する事によって、レバー比と慣性の向上による恩恵を享受できて、脚にかかる余計な負荷を軽減できている可能性が十分に考えられます。 また、ペダリングサークルが直径で5mm大きくなる事による脚の伸展域の増大は、久し振りの長距離にも拘らず炎症やダメージがなかった事から、今後の脚の慣れで解決できる公算が十分に期待できると考えます。

.

考察と口コミから始まったロングクランクの検証については、このまま続けてみる価値があるという手応えを得られました。 もうしばらく172.5mmクランクで走ってみて、脚の伸展域にも十分に慣れてきたら175mmを試してみたいと思います。

.

« クランクテスト開始 | トップページ | 第十七回戦 »

リカンベント」カテゴリの記事

自転車でツーリング・ロングライド」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。
ご参加ありがとうございます。
2人やったら台湾ラーメンやめて木津のレガルのパンにしようかと思ってたんですよ(笑)

【大ちゃん】は城陽で有名な【屋台】の支店で、名古屋のホンマの台湾ラーメンは知らないんですが、個性的な味付けが魅力ですね。
CRから近いし店も広いのでポイント高しです。

盛豚さん含め皆さん紳士的な方ばかりで今後も長くお付き合い出来たらと思ってます。

盛豚さんの愛機もブームが伸びシートが下がって、シルエットが美しくなりましたね♪
オレンジorピンクor赤紫、どれも私の好きなカラーなので楽しみ~♪

またご一緒出来るの楽しみにしてます。

お疲れ様でした。
いやはや、昨日はレブリミッターが掛かっていたのであのペースが自分にも丁度いいくらいでした^^
アウタートップでじわ~っと小さい力を掛け続ければ疲れも溜まり辛いので、ロングの終盤はいつもあんな感じです。
ダイレクトでペダリングロスの少ないフレームの成せる業ですかねぇ。

お疲れさまでした。
「のんびりポタ」と聞いて参加させていただいたのですが
えらいシゴかれた気分ですw

天気は最高でしたが風キツかったですね!

この日はご一緒できて楽しかったです。
あの短い交換時間でこれほど観察されていたとはビックリです。
私も初の2輪リカンベントでスピードマシンにどれだけ助けられたことか。。。
サスが無ければ転倒していたことも数回あったかと。
下り坂の安心感はサスの恩恵かと思いきや、ハンドリングにもあったのですね。

盛豚さんのマシンも乗った瞬間に楽しかったですよ^^
なんだか、やる気にさせられるというかギュンギュン走りたくなりました。
スピードマシンとは全く違う印象を受けました。
次にお会いする時は、美しいオレンジ色になっていることでしょう。
楽しみです^^

>やまおかさん
.
企画・運営お疲れ様でした。 ありがとうございました。
レガルさんは時々やまおかさんの日記に出てくるパン屋さんですよね? 一度行ってみたいと思ってるんですよ~。 バ-コンが届いてLOW-RACERを10速化したら、172.5mmクランクテストの仕上げを兼ねて行ってみようかなぁ…と思う今日この頃です。
.
舌が痺れるだけの無造作に辛い食べ物はパスな私ですが、確かな味付けの美味しい辛さはそれなりに好きですね。 韓国街の本場系キムチなども結構好きです。
そういう意味では【大ちゃん】の台湾ラーメンは気に入りましたよ~。
これからも紳士的な皆さんと一緒に走って食べて長いお付き合いをと願っておりますので、宜しくお願いしますね。
.
LOW-RACERはシートを下げて前進しましたので、いくらかシルエットがマシになったでしょうか? 今回はやまおかさんからシャコタン指導が出なくてホッとしています。(笑)
あとは仕上げと塗装の順番を待つばかりですが、色は未だに楽しく迷っています。
.
また次の機会も宜しくお願いしますね。

>foxhounderさん
.
お疲れ様でした。
レブリミッター…。 一説には前日にまた大きな水溜りを周回されてきたばかりとのウワサを聞いたのですが、もしや…。(汗)
私が帰りにあのペースからアウター・トップに入れたら、間違い無くじわ~っと失速していった行った事でしょう…。(大汗)
いやはや、まさしく『鬼に金棒』ですね! 

>きせるさん
.
お疲れ様でした。
私も 「のんびりポタ」に釣られて参加させて頂いたのですが、ほぼ予想通りの心身共に充実したペースでした。(笑)
誤算は自分のブランクと風の強さが予想以上だった事ですが、皆さんのトライクペースと私のローレーサーペースが吊り合ったのでホッとしました…。(苦笑)
また次の機会も宜しくお願いしますね。

>daigorouさん
.
お疲れ様でした。 こちらこそご一緒できて楽しかったです。
交換試乗で走り出した途端、「ハンドル重っ!」と勘違いしましたが、速度が乗ると「重いのではなくスタビリティが高いのだ」という事が分かりました。 実はヒラヒラ走る腰高なタイプの挙動なのかなと想像していたのですが、予想に反して低重心でスタビリティの高い挙動には驚きました。 やはり乗ってみないと分からないものですね。 おかげ様で貴重な体験を出来ましたよ。
乗らせて頂いてありがとうございました。
.
私のLOW-RACERも楽しんで頂けた様で何よりです。 手に入れた頃はパッとしなかったのですが、やまおかさんのM5を試乗してからポジションや構造を真似してみたところ、着座した途端に「走るぞーッ!!」モードになってしまうポジションが出来上がりました。 きっと誰が乗っても「ハンドルを握ると性格が変わる」的なマシンになっていると思います(笑)
.
.また次の機会も宜しくお願いしますね。

この記事へのコメントは終了しました。

« クランクテスト開始 | トップページ | 第十七回戦 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ