最近のトラックバック

« 雨の日の喜び | トップページ | 大川峠 »

台風一過の徳島ラーメン

いつもお世話になっている やまおかさん・タチさんと一緒に、徳島ラーメンを食べに行って来ました。

13091600

.
えっ? いえいえ、夜中に国道をブッ飛ばして徳島県まで自走でラーメンを食べに言ったんじゃなくて、神戸にある『徳島ラーメン』のお店に行ってきたんですよ。 念の為…。
※…(紛らわしいタイトルバックですみません…)

.

このところ週末毎に雨や台風が続いて、自転車で遠出する機会に恵まれません。 この連休にも台風がやって来ましたが、今回はよくある肩透かしパターンの「台風が夜中の内に予報よりも早く通過して、近畿は朝から台風一過の晴天」というのを期待して早起きしました。 ところが6時に起きると雨音が…。 寝直して7時に起きてもまだ雨音が…。 思い出の地である大川峠への往復を狙っていた盛豚にとって、期待外れの朝となりました。

この時間で雨が上がっていないので時間的には厳しいモノがあります…。 三週連続でアテが外れたのでフテ寝、次に目覚めたのは昼前でした…。
さすがに雨は上がっていましたが、今さら遠出する気にもなれず部屋でフテラーメンをすすっていると、やまおかさんから「神戸方面に徳島ラーメン食べに行くよ!」とのメッセが入って来ました。

油かすうどんが一段落したのか、最近のやまおかさんは徳島ラーメンに凝っているという情報は既にキャッチしていました。 すぐさま返事のTELをすると食べ終えた丼を流しに放り込み、ライダーベルトで「変~身、トォーウッ!!」と変身して緊急出動です! サイクロン号… LOW-RACERをカッ飛ばして集合場所へと向かいました。

13091601  

R2を神戸方面へ走ります。 複数のリカンベントで走るのは久し振りなのでちょっとテンションも上がります♪

13091603  

13091602  

やまおかさんの今日の愛車はグルメハンティングの定番X-lowです。 台風一過の青空に相応しいブルーの車体が眩しいですね。

13091604  

サクサク走って元町の麺王さんに到着しました。 お店の外にある食券販売機で食券を買ってから店内に乱入します。

13091605  

こちらでは麺の固さが四段階で選べるのですが「ふつう」でもシッカリ目の麺で、やや醤油味っぽい濃厚豚骨スープと相まって美味しかったですよ。

13091606_2  

その後は南京町へ繰り出して…

(何故かファンキーなシャッター絵とマッチするローレーサー達…)
13091607  

タチさん御用達の老祥記さんで豚饅頭を調達!

13091608  

ちょいと移動して…

13091609  

ポートタワーんトコで食べました。

13091611  

美味しっ! タチさん、ご馳走さまでした!

13091612  

(タチさんのパフォーマ・ローレーサー。 オレンジパールに塗装されたホイールが輝きます!)
13091613_2  

豚饅頭を食べながらリカンベント談義に花を咲かせていると、小径車に乗った外人さんの男性と日本人女性の二人連れに話しかけられました。 男性はロシアの方だそうでリカンベントは見たことが無いらしく、「その変わった形の自転車に乗ってみたい!」とのリクエストに応えて、ちょっと支えながらLOW-RACERに試乗して頂きました。 乗ってみるとその方はとても筋が良く、もう五分も練習したら自走できそうな程でした。

やがて陽も傾いて来ました。 そろそろ引き上げますかね…。

13091614_2  

R43を大阪方面へと走ります。 R43は車の通りが多くて四六時中ロードストリーム(スリップストリームどころか道路中に走行気流が流れていて、空気抵抗が少ない状況の事ね)が発生しているのでペースが上がります。 その上にヒトは徒歩でも乗り物を運転していても暗い所では本能で速度が上がりますので、更にペースが上がります。

単独ではなかなか速いペースを作れない盛豚ですが、街灯に浮かび上がって幻想的でさえあるやまおかさんとX-lowの美しい姿に魅入られてしまい、エンドルフィン(快楽物質)が分泌されているかの様な感覚で巡航しました。
いつも思うのですが人間でも自転車でもオートバイでも自動車でも、速き者とはこうして走る姿を斜め後ろから眺める時が最も美しいと感じるのは盛豚だけでしょうか…(タイトルバックの画像はその時に盛豚が見ていたモノです…)。
不思議と全く疲労感を感じなかったのですが、時々街灯の灯りでメーターを確認すると、巡航速度は普段の単独走行時よりも10km/h近く速いペースでした…。

13091616  

やまおかさん・タチさん、お疲れ様でした。 ありがとうございました。

また次の機会も宜しくお願いしますね。

.

« 雨の日の喜び | トップページ | 大川峠 »

リカンベント」カテゴリの記事

自転車でお出かけ」カテゴリの記事

コメント

ナイトランの写真の絶妙なブレ加減が速さを感じます。

あぁ~走りたい…

お疲れ様でした。
ひとりよがりな趣味にお付き合いいただきありがとうございました。
おまけに盛豚さんにとってはラーメン続きやったんですね!
几帳面な盛豚さんの性格からして、突然の誘い、(不意打ち)には乗って来られないだろうとほとんど諦めの気持ちでお誘いしました(笑)

帰り、ミラーの視界から突然消えて、えらい右寄りに走られてたんで、てっきり「何をチンタラ走っとんねん!」ってイラつかれてるのかと思ってました(笑)
沢山撮っていただいてたんですね!
モデルは最悪ですが、盛豚さんの腕で多少はカッコ良く見えますかね(笑)

>えむきゅうさん
.
ナイトランのムード出てますか? こういう画像はストロボ焚かずにスローシャッターのまま撮った方が、スピード感と臨場感が出る気がするので気に入っています(今回は被写体もイイですしね)。
えむきゅうさん復帰ポタの時にも撮りましょうね。

>やまおかさん
.
ありがとうございました。 お疲れ様でした。
私も走る事&食べる事が好きですので丁度良かったです。 声をかけて頂いてありがとうございました。 美味しい物ならラーメンでもカレーでも連続でOKです!(笑)
   
若い頃にオートバイに乗っていたせいか道路の左端を走る事には窮屈間があり、自動車の流れがなければ一番左車線の中央に近い位置を走ると安心感があります。 そしてその位置から先行されている方を眺めるのが好きですね。
そうしてやまおかさんのお姿を眺めながら走っていると、普段以上のペースで走っているのに不思議と疲労感はありませんでした。 きっと視覚的効用というものでしょうね。 リカンベントのレーサーに乗る人が同じ状況で走ったら、きっと同じ様に街灯に浮かび上がるやまおかさんとX-lowの幻想的な姿に見入られていた事でしょう!

こんばんは
某所でリカンベントに試乗するも全く走ることができなかったししろくです
リカンベントに乗りながら写真を撮るとは、私からみると異次元ですねー(^_^;)

>cycle446さん
.
今晩は。
見た目がビックリなリカンベントですが、コツが分かれば誰でも乗れますよ(LYNXXはこれまでに私がついて試乗した初心者の全員が乗れました)。
慣れるとローレーサーで走りながらジャージのポケットからデジカメを出して撮影するのも片手間になりますし、時々パンを食べながら走る事もありますよ。(笑)

こんにちは。
一枚目の写真カッコイイです!
ネオ大阪って感じです♪

>山ちゃんさん
.
今晩は。
手ブレ補正機能さえ付いていれば、コンパクトカメラで十分にスピード感に溢れた画像が撮れますので、便利な時代になったものです。
こうして被写体にさえ恵まれれば、夜間に曇天モードでストロボ発光禁止にしてシャッターを切るだけで、誰にでも撮れますよ。

この記事へのコメントは終了しました。

« 雨の日の喜び | トップページ | 大川峠 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ