最近のトラックバック

« オフ宴会と銀色と丹波笹山味まつり | トップページ | 盛豚流お手軽メンテナンス用シート »

ライトニング M5 ローレーサー

ライトニング M5 ローレーサー、とうとう手に入れました…。

13101700

.
M5社と言えばオランダにある泣く子も黙るリカンベントメーカーの雄ですが、今回手に入れたローレーサーはアメリカのリカンベントメーカーであるライトニング社と、オランダのリカンベントメーカーであるM5社の社名が連名になっているちょっと不思議な車輌で、本国版のM5ローレーサーと比べてBBの位置が非常に高いのが特徴です。

(本国版のM5ローレーサー)
13101709 

.

昨年の今頃にやまおかさんの車体に試乗させて頂いてからというもの、その猛毒とも言うべき快楽的な乗り味に一発で魅せられてしまい、どうにも欲しくて仕方がなくなって色々と調べてみました。 ところが分かったのは既に絶版になって久しいという事と、国内に正規輸入された台数はたったの三台らしいという厳しい現実だったのです。

(関西リカンベントの『赤い稲妻』…)
13101701 

それとなくやまおかさんに「本国版のM5ローレーサーには乗り換えないんですか?」と探りを入れたものの、「いやぁ~、今のローレーサーを気に入ってるから、愛車の最後の一台になるまで乗り続けるよ!」と、満面の笑みでバッサリやられてしまいましたが、お力添えを頂いて何とか別のオーナー車を入手できる運びとなりました。

(銀色の車体はメルセデスのF1に共通する雰囲気…!?)
13101702 

(他社のレーサーに比べてフレーム径が細く、シャープでスリムなソリッドレーサーです)
13101703 

このローレーサーについては、「ローレーサーを作るノウハウを持たないライトニング社からの依頼で、指定ジオメトリーに基づいてM5社が製造・供給した物らしい」とか、逆に「M5社がアメリカ市場へ輸出する代わりに、ライトニング社に委託して現地生産させた物らしい」など諸説ありますが、生産背景に関して詳しい事は分かっていませんでした。

ところがこの車体を引き取ってから自動車に積んで持ち帰り、タイヤ交換や簡単な掃除をしながら各部をチェックしている内にある事に気が付きました。 ヘッド周りとフロントビームに純正の物らしいシールが貼ってあったのです。

13101704 

ヘッド周りのシールにはこう書かれていました。
『PROUDLY MADE IN THE USA』
直訳すると「誇り高きアメリカ製品」って事みたいですね。

13101706_2 

ビームの方には何やら色々と書いてあります。

『PRODUCT OF LIGHTNING CYCLE DYNAMICS ING  DESIGNING・MANUFACTURING・RACING  LOMPOC,CA93436・(805)736-0700』
大雑把に訳すと「設計・製造・レース共にライトニング・サイクル社製(LOMPOC以下は意味不明…)」ってカンジですかね。 やっぱ直接の製造元はライトニング社によるUSメイドのようです。

13101707 

このシールは憧れのM5エンブレムを押し退けるかの様にフロントビームの中央に貼ってあります。 やまおかさんのM5みたいにビームの中央にM5エンブレムが貼ってある方が好みなのですが、純正の物みたいですので史料価値という意味も込めて、これらのシール・エンブレムはこのままの状態で維持する事にしました。

13101708 

M5には珍しい銀色のこの車体は、前オーナーによると「発表車が銀色でカッコ良かったのに市販車には銀色が無かったので、新車で買うついでに特注して銀色にして貰った」との事でした。
これから色々と手直しするつもりではありますが、全体的に銀色系でセンス良くまとめられているのが気に入ったので、手直しする時もこのイメージを崩さずに銀色・金属色系でまとめて行きたいと思います。

最後になりましたがやまおかさん、色々とお力添えを頂いてありがとうございました。
かーかみさん、ありがたく大切に乗らせて頂きます。

.

« オフ宴会と銀色と丹波笹山味まつり | トップページ | 盛豚流お手軽メンテナンス用シート »

リカンベント」カテゴリの記事

コメント

Lightning M5 Lowracer御購入おめでとうございます!

シールに書いてある、
"LOMPOC,CA93436・(805)736-0700"
ですが、Lightning社の住所と郵便番号と電話番号です。
http://www.lightningbikes.com/contact.html
に同じことが掲載されています。

あたかも銀色の矢が飛んでいくような走りなんでしょうね~
再生産希望だな~(笑)

素晴らしい。
入手おめでとうございます。
カワカミさんのローレーサー、確かLORO製のFRPシートに特注フォークだったですよね?
ガラス繊維の銀色そのままのシートがカッコイイなぁ。

ついに手に入れましたか…。
憧れの物が手に入れられるというのは幸せな事ですね^^
私はまだ強い思い入れのある車両がないので、少しうらやましく思います。

おめでとうございます!
譲り手が良く見つかったものですね。
盛豚さんの執念を感じます。
しかし、ご縁ってあるもんですよねぇ(^^)

私もMonster・BARONともにご縁によるもの。
特にMonsterはM5と同様入手不可能な車体でしたし・・・

それにしても達成まで早かったですね!
いかにも戦闘的で、美しいフォルム。
統一感のとれたコンセプトも感じます。

至福の時を満喫してください!

因みに私のPhantomはアメリカ生産の最終ロットのモデルらしく、全く同じステッカーが貼ってあります。

良かったですね!

M5のフレームは何か違いますね、何だかわからないけど。
ムーンスの魂が宿ってるのか?

確かフォークはオーダーの軽いのんに替えられてたんでちょっと注意だったかと。

この際クランクもライトニングを探しますか~

かなりモデファイされたこのマシンをどう盛豚流に味付けされていくのか、とても楽しみです。
私が言うのも変ですがシート下から綺麗な円弧を描いたスイングアームへのラインが非常に良いですね♪
お見合いする日が楽しみ~♪

これからは盛豚さんの質問には裏を読みながらお答え出来る様、精進いたします(笑)

ちょいちょい難儀なパーツ(絶版ものとか)を仕込んでるんで、なんとか手なずけてね

>El Gatoさん
.
ありがとうございます。
シールの内容はLightning社の住所と郵便番号と電話番号ですか。 解説ありがとうございました。 これでまた一つ謎が解けました。
.
>あたかも銀色の矢が飛んでいくような走りなんでしょうね~
.
エンジンが非力ですのでフツーの自転車速度で転がって行くかと…。(苦笑)

>ツカモトさん
.
ありがとうございます。
いかにもLORO製のFRPシートにNAKAGAWA特注フォーク(二種類アリ)です。
私もガラス繊維の銀色そのままのシートが気に入りましたので、ポジション直しで無闇に穴を開け足さずにヤスリで穴を削って長穴加工しました。(笑)

>foxhounderさん
.
やっと手に入りました!
十代でオートバイに乗っていた頃から何故か憧れるのは絶版車ばかり…。 いやはや難儀な趣向で我ながら困ったモンです。(笑)
強い思い入れのある車両が無いだなんて、誰もが羨ましがるドライカーボンの黒いハヤブサをお持ちじゃないですか~!

>えむきゅうさん
.
ありがとうございます。
タイミング良く前オーナーさんが手放す事を検討されているところだったみたいです。
執念というかご縁というか、そういうのってあるんですね。
確かえむきゅうさんのMonsterも国内に数台しかないんですよね? BARONに至ってはズバリその物の個体を手に入れられた様ですし…。
.
えむきゅうさんのUSメイドのPhantomにも同じシールが貼ってあるという事は、やはりUSメイドのライトニング社内製品なのでしょうね。 お蔭様で確信が持てました。

>kazさん
.
ありがとうございます。
かつてRAPTORは諦めましたが、こちらは手に入りました。
M5のフレームって径が細いせいか、シャープで独特の雰囲気がありますよね。 早く暫定仕様に組み上げて乗り味を楽しみたいです。
フォークはNAKAGAWAオーダー品のノーマルリーチ・オフセットと、ロングリーチ・オフセットゼロの二本があり、今組み込まれているのは後者の方です。
クロモリとしては軽い方なのかもしれませんが、手に持ってみると「意外と重いな」という印象でした。
実はクランクについては思うところがあり、その為コンポーネントを統一ブランドにする事は出来ないと思われます。 ついでと言っちゃ何ですが今度相談に乗って下さい。

>やまおかさん
.
この度は本当にありがとうございました。
ほぼ完成の域にあるほどモデファイされた車体ですので、China Mascot Products LOW-RACERの時みたいな大改造・仕様変更ではなく、私の体格に合わせたポジション変更やコンポーネンツの変更といった程度に留まると思います(見た目の印象はそれなりに変わるとは思いますけど…)。
長い直線フレームの延長線に浅い円弧を描いたスイングアーム…、私もこの部分がとても美しいと思います。
暫定仕様が出来たら慣らしを兼ねてポタに行きたいと思ってますので、ぜひお見合いしましょう!

>かーかみさん
.
ようこそお越しくださいました。 コメントありがとうございます。
なるほど絶版部品オンパレードですね。 リヤ用のバーコンも良く見るとワイヤーのラインが少しズレていますし…。 まぁ、色々楽しみながらやっていきます!

この記事へのコメントは終了しました。

« オフ宴会と銀色と丹波笹山味まつり | トップページ | 盛豚流お手軽メンテナンス用シート »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ