最近のトラックバック

« 当たり・ハズレ | トップページ | リカンベント・ローレーサーについて考える(私見) その3 »

誘惑の試乗会とかすカレー鍋&うどん改めラーメンはしご+リカンベントミュージアムポタ?

いつもお世話になっているやまおかさん・タチさん・take3さんとラーメンのハシゴに行ってきました。

14011300

.
三連休の最終日はやまおかさん達と「かすカレー鍋&うどんを食べに行こう」という事になったので、足元をA級耐寒装備で固めてからM5で出動しました。

長居へ向けて大阪市内を一路南下します。 天王寺界隈は今一つ自転車で南下するのに適したルートが少なく、ここを南下するのは苦手だという自転車乗りも少なからずいるのですが、この日はソロでしかも足は車速の乗るローレーサーです。 何のためらいも無く松屋町筋→あべの筋のルートで近鉄前交差点を駆け抜けるコースを取りました。

やがて今話題のあべのタルカス… ハルカスが見えて来ました。 デカイです…。

(ウリィィィィーーーー!!!!!)
14011301 

近くまで来るとあまりの高さのせいで少々上を見上げてもビルの下の方しか見えません…。

14011302 

呼吸効率重視で上向き気味のポジションにしてあるM5から更に上を見上げて、カメラを目いっぱい広角にしいたらようやくビルの全体が写せました。

14011303 

さてと、集合場所へ急ぎましょう。 あべの筋は天王寺以南も比較的走り易い方なので、区間によってあびこ筋と上手く組み合わせると便利な南下ルートを確保できると思います。

14011304 

長居に到着すると程無く低いのんが集結しました。

14011306 

いやぁ~低いですね! 盛豚のM5よりも低いタチさんのスーパーローレーサーでさえフツーに見えてしまいます…。(笑)
ここでtake3さんから昼飯前に試乗会をしようとの提案がありました。 何やら最近某サイトで盛んになっている誘惑の続きというかオフ会版というムードが漂って来ました…。(汗)

この日の目玉商品(←売る訳では無い)はコレ! イギリスはICE社のトライク版ローレーサーとも言うべき二台で、左側がtake3さんのVortex、右側がやまおかさんのMonsterです。

14011307 

ICE社のフラッグシップ・トライクはMonster→Vortex→VTXと進化して来ました。 独特の低く狭く長く構えたデザインは、ゆとりを持って優雅に流すも良し、弾丸の様に走るも良し、降りて眺めるも良しという、様々な贅沢を楽しめます。
トライクは前輪の左右ブレーキが独立しており、ブレーキは制動性だけでなくコーナリングにおける旋回性のコントロールアイテムの一つとなります。 限界域で一般的なアップライト自転車よりも後輪のブレーキがスピン事故を誘発する傾向が高いので、国によって自転車に関する法律が異なる事もあり、リヤブレーキが装着されていないモデルも多いと聞いた事がありますが、この二台はいずれも装着されています。

14011308 

トライクの中でも特に低いモデルなので、こうして横から見てみるとその低さが尋常で無い事が良く分かります。
走る姿を後から見ると、まるで地面がそのまま走っているみたいです…。

(Vortexの乗り味にはしゃぐやまおかさん)
14011309 

この後で盛豚もMonsterとVortexのそれぞれに試乗させて頂きました。
盛豚はトライクを所有していないのでトライクの中でどうという評価はできませんが、両者共にこれまでに試乗させて頂いたトライクとは比較にならないほど軽快かつダイレクトな走りとハンドリングで、ノーマルのOPTIMALYNXXよりも早く走れました。

(手前がMonsterです)
14011311 

やまおかさん曰く「Vortexの方が走りは軽い」との事で、確かに20km/hを超えるあたりから車速の伸びはVortexの方が良いと感じました。 しかし両車共に色々と手を加えられた車体ですしチェーンチューブの長さや取り回しに違いがあります。 それからVortexの後輪にはカーボンディープリムホイール(それもREYNOLDS!)&チューブラータイヤが組み込まれていましたので、走りについてはどう比較したら良いのか分かりませんでした。

(カーボンディープリムホイール&チューブラータイヤの走りの軽さにはビックリ!)
14011313 

それよりも個人的にはもっと注目すべき違いが一つありました。 それはシート形状です。

14011312 

横から見ると良く分かるのですが、このMonsterのシートは腰の位置だけでなく背中の辺りがやや窪んでいて、それでいてローレーサー用のシートほど深くはありません。 しかしながらこの形状が実に秀逸で、これはあくまで盛豚の主観に過ぎませんがこれまでに乗った事のあるどのリカンベントのシートよりも優れた形状をしていました。

もちろんパッドの材質の違いも影響しているとは思いますが、Vortexのシートは背中の位置が比較的フラットな形状をしていて呼吸効率がより高いのに対して、盛豚の体との相性という意味ではMonsterのシートの方がフィット感が良く、それでいて呼吸効率も良い範囲でのバランスが両立されていました。 リカンベント用のシートは大抵どちらか一方に偏らざるを得ないモノなのですが、この二大要素を両立したシートは初めてでした。

もしこのシートが今でも新品で手に入るのなら、直ちに三つ購入して手持ちのローレーサー二台に組み込み、最後の一つを型取り用に保管したいですね。 個人的にはこれ以上のシートは存在しない…、そんなシートでした。

.

この他にもタチさんのスーパーローレーサーにおっかなびっくり乗らせて頂いたり、M5に乗って頂いたりしてから試乗会も終了となり、不二屋さんへ向かいました。

14011314 

(やっぱ低いなぁ…)
14011316 

ところが不二屋さんは何と定休日! 急遽ラーメンに変更して丸醤屋さんを襲撃しました。

14011317 

(最近は初心に戻って醤油ラーメンを食べる機会が増えてる気が…)14011318 

イイ歳したおいちゃん達が四人で学生のようにラーメンをすすり、リカンベント&ラーメン談義に興じます。 すると奈良県にあるtake3さんお気に入りのラーメン屋さんがこの日で閉店なので、後で食べに行こうという事になりました(←「ラーメンなら今食べてるやん」などと突っ込む人はいない…)。

そうと決まれば善は急げです。 ウエパーでの買い物もそこそこに…

14011319_2 

既に夕方でしたので自転車で奈良まで往復するのは困難でしたから、一旦解散してから秘密基地に再集合して自動車で行こうという事になりました。

14011321 

走りながら一旦解散していき、距離的に一旦帰宅・再集合が困難な盛豚はやまおかさんと一緒に某所の秘密基地へと直行して、メンバーが再集結するまでそこで待機しました。

.

.

某所の秘密基地…

そこは関西のリカンベント・レーサー乗りなら誰もが一度は夢見るリカンベント・ミュージアムでした…。 目の前に並ぶライトニングM5ローレーサー、OPTIMA BARON X-low、NAKAGAWAミッドレーサー、RANS F5、etc、etc…。 リカンベント・レーサーに乗る者が目の当たりにしたら誰もが至福の時を迎えるであろうその空間…。

画像は撮影していません。 それどころではなかったのです。 プライベートな空間であるという事もありますが、それ以前にそんな気さえ全く起きませんでした。

なぜならそこは聖域だったからです…。

そう、盛豚は神の領域を見ました…。

それとも桃源郷だったのでしょうか…。 いや、口止めされなかったので桃源郷ではないのでしょう…。(←頭脳と感性の許容量を超えてしまったらしい…)

自分の人生の運を一度に半分以上使ってしまったのではないかと思うほどの至福の時を過ごしました…。

.

.

そして全員が集合したところでタチさんが出して下さった車に乗り込んでGO! 阪奈を越えて弾丸往復で丸福軒さんへタンメンを食べに行ったのでした。

14011322 

皆さんお疲れ様でした。 とっっっても楽しかったです。

take3さん、Vortexに乗らせて頂いてありがとうございました。
タチさん、車出してくれてありがとさんでした!
やまおかさん、遠くまで送って下さってありがとうございました。

また次の機会も宜しくお願いしますね。

.

P.S. 一人だけミュージアムを満喫した事をtake3さんとタチさんにひがまれたのはココだけの話です…。

.

« 当たり・ハズレ | トップページ | リカンベント・ローレーサーについて考える(私見) その3 »

リカンベント」カテゴリの記事

自転車でお出かけ」カテゴリの記事

コメント

うわぁ~!
私も未だ足を踏み入れてない聖域に!
これは羨ましい(^^)

ところでMnonsterとVortexの乗り比べ、それぞれの良さが良くわかられたのでは?
こんな乗り比べができるなんでなかなかありません。
うぅ~ん、ラッキー(^^)
これで一気にVTXへ弾みがつきますね!
もう後戻りはできないことでしょう。

ところで師匠のMnonsterと私のMnonsterのリアセクションの造形が違うのに気付きましたか?
他にも並べて見比べると違うところがあったりする上、セットアップもかなり方向性が違うので、私のMnonsterにも試乗されたら、これまた違いがわかって面白いと思います。

またそのうちに(^^)

あ、そうそう。
Mnonsterのシートいいでしょ。
最初座った時、私のために作ってくれたんちゃうか?って思うほどのジャストフィットで、以来どんだけ走っても疲れ知らずでお気に入りです。

走りの方と言いますと、実は165クランクの頃から170のphantomと同じか、下手したらMnonsterの方が速いぐらいです。
BARONに迫る勢い。
そのぐらい私にとっては相性が良く、走りやすいトライクです。

そうなんですよ。
Vortexで唯一不満なのがシートなんですよね。
クッションもさることながらシート形状がいまいちしっくりこない。腰の位置が高くて背中がフラットすぎる。背中はも少し起こして欲しいのだけど…むむむ。

私のわがままで郡山までお付き合いありがとうございました。
でもそのおかげで魅惑の秘宝館を見れたのだし。うらやましいなぁ~

汚ない部屋やったでしょう。ホンマ失礼しました。

私の所有マシンもいつしかクラシックモデルとなり、特に意識して手に入れた訳ではなかったのですが、気がつくとヴィンテージ物が多くますます手放せなくなってきました(笑)
そろそろおニューも欲しい処ですが、Vortexに試乗させてもらえてやはり今一番欲しいマシンであると実感しました。

Monsterのシートは特に脇辺りのホールド性が良いのですが、シート形状自身は私の背骨とは全く合わず、クッション追加で相当補正してます。
えむきゅうさんがこのシート自分にピッタリやって聞いた時には信じられなかった程!
シートのフィット性もかなり個人差がありますね。
確かにVortexのシートはホールド感はイマイチですがカッコ良さはたまりません。

やっぱトライクは楽しいですよ~
盛豚さんも早くトライクオーナーになりましょう。
一緒にVTX逝きましょか(笑)
それともあのお方のレコード仕様Monsterを狙いますか(笑)

>えむきゅうさん
.
そのミュージアムはガンダーラ…、いえユートピア…、いえアルカディア…、いえ聖域… 神の領域でした…。 もう思い残す事は…ハッ、いかん、いかん!
.
かくしてかすカレーに釣られて出かけた筈がとんでもない大収穫の一日となりました。
MnonsterとVortexの乗り比べについてはVortexの方が高速域で伸びるカンジでしたが、やはり自分の感性はアルミフレームよりもクロモリフレームの方が相性が良く、デザイン的にもMonsterの方が好みである事を認識した次第です。
それにしても二台をその場で乗り比べたからこそ顕著に分かった事ですが、こんな乗り比べの機会って他地区ではまず無いほど恵まれているのでしょうね。
やまおかさんのMnonsterとえむきゅうさんのMnonsterのリアセクションの造形に関する違いについては、実車を見比べなければ決定的な事は言えませんが、付け根の造形を画像を見た限りではえむきゅうさんの物方が好みかも…。
.
それにしてもあの3Dシート! パッドの下の見えない部分にやまおかさんならではの手が加えられているとは思いますが、絶妙の3D曲面のフィッティングには感動しましたよ。 えむきゅうさんがトライクであれだけ早く走れる秘密が遂に解き明かされました! あれなら165クランクでさえ速く走れるのも頷けます。
いやぁ、エライのんに試乗してしまった…。(汗)

>たけ3さん
.
Vortexのバケットシートも十分魅力的だったのですが、やはりやまおかさんが手がけるポジションセッティングは麻薬よりも良く効くのではないかと思ってしまいます!
これを機にぜひやまおかさんのシートから型起ししたオリジナルシートを製造・販売して欲しいものです。
こちらこそ試乗にタンメンとイイ目に逢わせて頂きありがとうございました。 そのお蔭でミュージアムも満喫できましたし…。 タチさんから「オレもまだ見て無いのに~! 入場料!」とひがまれた時に、思わず払いそうになってしまいましたよ。(笑)

>やまおかさん
.
色々とありがとうございました。
特に意識せずにあれほどのモノが揃うのですから凄いですよね。 ぜひ次の機会はぜひ以前から気になっていたNAKAGAWAを… ってその為には上りを覚悟しなくてはいけませんね!(苦笑)
Vortexにお乗り換えの際にはぜひ私に下取りを…。(笑)
Monsterの3Dシートは縦横の両方にホールド曲面があってフィット感がたまりませんね! 実は今まで「えむきゅうさんってワザと二輪では手を抜いてるんじゃないかな?」と思っていたのですが、ついに謎が解けましたよ。 でもやまおかさんや私に丁度良いシートがえむきゅうさんにも合うあたりは新たなナゾです…。
それにしてもMonster…、エライのんに試乗してしまいました…。

この記事へのコメントは終了しました。

« 当たり・ハズレ | トップページ | リカンベント・ローレーサーについて考える(私見) その3 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ