最近のトラックバック

« リカンベントのペダリングについて考える(私見) | トップページ | 道を指し導く者 »

気配りの台湾ラーメンと足湯とお肉

日曜日はタチさんと遊んで貰ってきました。

14020901

.
スーパーローレーサーのステムを交換されたタチさんが試走に行かれるというので、ついでに食べ歩きポタに行こうという事になりました。 タチさんとは何かと好みが似ているせいか、目的地については即決で「Yおかさんが一日に二度も食べに行かれた(しかも美女の店員さんに良くして貰ってウットリしたとかしないとか…)というお店へ美女の店員さんを拝みに… 台湾ラーメンを食べに行こう!」という盛豚の提案ですぐ一致しました。(←オイラっておバカ…?)

十三で集合したところでタチさんの新しいステムをちょいと拝見。 やや細めながらワイヤー類を内蔵できるこのステム、見た目のスッキリ感がUPしていいカンジです。

14020902  

R176を北上して麺やマルショウさんに到着しました。

14020903  

カウンターの7席のみという小ぢんまりとした店舗ながら人気店らしく、お店の外には順番待ち用の椅子が並べられていました。 ここまではちょっと気の利く大きなお店なら何処にでもありそうな配慮なのですが、こちらのお店はここからが違いました。

順番待ち用の椅子には一席に一枚ずつ毛布が置いてありました。

(今風に言うとブランケットって言うんですかね? 小さめでひざ掛け用の毛布です)
14020904  

そして椅子が並ぶ列の川下側(まだこれから待ち時間が長い側ね)の足元から吹き付ける温風を感じたのでフッと見てみると…

(ブォー…っと低くてほぼ無音の小さな音がしています…)
14020905  

ファンヒーターです…。 「マジ!?」 思わず覗き込んで確認してしまいました。 そしてYおかさんの食いしん坊日記で紹介されていた方であろう美女がメニュー表を片手にお店の外まで注文を取りに来ています。 きっと「待ち時間の後にお店へ入ったお客さんを、それ以上はなるべく待たせないように用意しておく」という配慮なのでしょう(これほど配慮が行き届いているお店なので、回転率というよりも配慮によるモノなのだろうと感じました)。
順番が来てお店に入り厨房を見てみると、お店のスタッフは全員が女性でした。

いわゆる女性ならではの細やかな気配りというヤツなんでしょうね。 程無く出て来た台湾ラーメンと豚めしも、そうした細やかな気配りを感じさせる味わいに満ちていました。
Yおかさんが一日に二度も食べに来られたというのが頷けます…。

(美女がいて美味しくて気配りも行き届いていて…、リピート決定です!( `・ω・´ )/ )
14020906  

食べ終わってお店を出ると「変わった自転車ですね」と見送りに出て来てくれた美女に、「先日財布を忘れた人の友達です。 その節は友達がお世話になりました」とか、「実はあの人が偵察して高評価だったお店を後から僕達が食べ歩いてるんです」などと身も蓋も無いコトを言う二人だったのでした…。

美女のお見送りに後ろ髪を引かれつつ、千里川沿いをのんびり流してハマモトサイクルさんを目指します。
そして園田島を横断してある信号待ちでの事…。 信号が青になったので右ペダルをグッと踏み込むと、突然「バン!」・「ジャラッ…」という音がして何故かペダルが空回りしました…。

……

………???

最後の「ジャラッ…」いう音がした足元辺りを見てみると、そこには地ベタを這う黒くて長い物が…。 なんと、チェーン切れでした…。
「ミッシングリングが飛んだか…?」と思いながらLOW-RACERを歩道へ移動してチェックしてみると、ミッシングリングはビクともしておらず切れていたのは繋ぎ目のコネクターピンの圧入部分でした…。 実はこのチェーン、M5に付いていた物なのですが(LOW-RACERに入れて間もなかったデュラエースのチェーンとリヤホイールをAssyでM5に付いていた物と入れ替えたのです)、年式は古くても特に伸びている印象は無かったのでミッシングリングを調達して組み込んでいたのです。

一般的にローレーサーはロードレーサー用のチェーンを三本繋いで使うので、コネクターピンやミッシングリングなどの繋ぎ目は三箇所あります。 このチェーンはM5とセットで盛豚のトコに来てからも数百kmは走っていますので、組んだ当時のねじ込み不足などといった整備不良では無く、きっと継ぎ手の内の一箇所が経年劣化を起こしていたのでしょう。 そういう事にしておいて下さい。
盛豚はフツーの人間・フツーのライダーであって、破壊力抜群のサイボーグ・foxhounderさんじゃないんですから…。

(帰宅後に改めて入念にチェックしてみると、奥の差込み側の圧入部で外れた形跡が…)
14020907  

破損箇所が分かったのでサクサク修理します。 盛豚は自動車の草レース時代での経験などから、基本的にどの自転車に乗る時も軍手と多少の工具と応急処置用の部品は持ち歩いています(その中にはパンク修理具やチェーンカッターやコネクターピンも含まれます)。
転倒ほどでは無いにしろ一人では気が滅入って来るメカトラブルも、二人いれば心強いですし笑い話になったりするので助かります。 まして一緒にいる人がさり気なく色々と教えてくれながら手伝って下さるタチさんともなると、心強いを通り越してちょっとした遊びに興じている様な気分になれてありがたかったです(タチさん、お待たせしてしまったにも拘らず、笑いながら修理に付き合ってくれてありがとさんでした!)

そしてハマモトサイクルさんに到着するもリカンベントのHCWは諸事情で早仕舞いした後だったので、お次は足湯へ入りに行く事に。

14020908  

この日の足湯はタチさんが開拓された芦屋市立あしや温泉さんです。

14020909  

それでは失礼しまして、チャプン…spa

(手前にむさ苦しいモノが写っていますが気にしないで下さい…)
14020910

こちらの足湯は大きくて三十人前後入れそうなスケールです。 奥の方で新湯が出て手前の方に排水口がある構造なので、場所によって湯加減が異なり好みの湯加減に応じて楽しめます。 混んでいなければ手前で入って奥の席へ移動しながら湯加減を上げていくなんてのもアリです。

14020911_2  

そうそう、ここでも車椅子の方専用の席がありました。

14020912  

こちらの足湯は終了時間が○○:××といった時間設定ではなく、「日没で終了」という一風変わった設定になっていました(ちょっとファジー…)。

.

足が温まったところで引き返し(日没と共に客足が減った途端に追い出されたとも言う…)西宮ビーフさんを襲撃します。

14020913  

この日は「にくの日」だったので肉増しサービス! 大劇場丼はやまおかさんと再訪する日の為にお預けという事でハラミ丼肉増しを頂きました。

14020914_2  

メニュー表の片隅にはとんでもないサイズのメニューが…。

(やまおかさん丼!?)
14020916  

お店を出るととっぷりと日が暮れていました。 雪の翌日は日が暮れると急激に冷え込むので手の指先が冷たくなって来ましたが、足は芯まで十分に暖まったせいか自宅へ帰り着くまで平気でした。

タチさん、遊んでくれてありがとさんでした。
また次の機会も宜しくお願いしますね。

.

« リカンベントのペダリングについて考える(私見) | トップページ | 道を指し導く者 »

リカンベント」カテゴリの記事

自転車でお出かけ」カテゴリの記事

足湯」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
Twitterではどうも、白猫です。

このタチさんという方の新しいステムとはどこのメーカーの物なのでしょうか。
自作フレーム用に思い描いていたものとぴったりなので…

ここで聞くのもおかしな話なのですが、聞く先が他に思い当たりませんでしたので、
少しでも情報が欲しく思い書き込みいたしました。すみません。

ファンヒーター(?).... なんかリカンベントの後ろに装着すると300Km/h位で走りそう。
しかしリカンベント乗りって怪力の人多いですねw

↑ホンマですね~
ゼロ加速で踏み込んでチェーン引きちぎるってどんな脚力なんすか!?
盛豚さんまでサイボーグ化されてきた(゜ロ゜)

あ!もしや足湯で強化された?

ステムはPerformerデスヨ。

チェーンは小まめに交換する(3000km程度しか持たない…)ので未だ走行中に切れる経験はありませんねぇ。
変速性能が落ち始める頃に交換しちゃいます。

3000キロしか持たないのはfoxさんだけやと思います(;・ω・)

>しろいねこさん
.
こちらでは始めまして。 コメントありがとうございます。
サイトの方を拝見させて頂きました。 えむきゅうさんがコメントして下さっている様に、このステムはPerformer社製の製品でステム部の外径は一般的なシートポストと同径のパイプで出来ているそうですが、アヘッド用ステムですので自作されたリカンベントのスレッド用ステムとはヘッド周りの構造が異なる為、残念ながら装着できません。
溶接加工をできる環境がおありの様ですので、シティサイクルのステムとシートポストを材料に加工して自作されてみては如何でしょうか?

>きせるさん
.
おそらく石油(灯油)ファンヒーターだと思います。 なるほど言われてみればリカンベントの背後に後ろ向きで装着するとジェット噴射してくれそうな風貌ですけど、どちらかというと推進力よりも後続車のライダーから暖房として重宝されそうな気がします。(笑)
「グリップを付けたらドライヤー代わりになるかな?」などと考えていたのは私だけでしょうか…?
.
>しかしリカンベント乗りって怪力の人多いですねw
.
だ、だだだだからそれは推定十年物のチェーンが劣化していただけであって、私はちゃんとした人間です! 車検を受ける必要があるのはfoxhounderさんくらいのモンですよ。sweat01

>えむきゅうさん
.
だっだだだだだから年代物のチェーンが、こっここここここ骨粗鬆症を起こしていてですね…sweat01 そ、そうだ!実は足湯でドーピングしたんですよ~spa…って、しまった!足湯はこの後だっけか…。
私は断じてサイボーグの人とは違う善良な市民です。 信じて下さぁーーーーーい!
  ((((;゚Д゚)))))))

>foxhounderさん
.
3,000kmですか!? はて、そんなに短かったですかね?
変則性能についてはチェーンもそうですが、カセットスプロケットのカッティングに時代の差があるのか、シフトの切れ味に「年式なり」みたいなモタつきを感じます。 実は一コマ詰めたら変速のモタつきが少し改善しました。 どうも長過ぎたみたいです…。

えむきゅうさん、盛豚さん、返事ありがとうございます。

Performerの物なんですね、ハマモトサイクルさんとかで取り寄せてもらえるのかなぁ、
問い合わせてみます。

次の自作リカンベントはまた新規で図面を引き起こしていまして、
フルカーボンフレームで、ローレーサー寄りなフレームです。
フレームからフォークまで私めのサイトに掲載している初号機ものとはまったく異なります~。

フォークは既製品のTRIGONで1 1/8だから使えますね。

>しろいねこさん
.
詳細を直メしときますのでハマモトサイクルさんに問い合わせてみて下さい。
次の自作リカンベント用でしたか。 フルカーボンフレーム本体も自作されるのでしょうか? だとしたら凄いですね! 目指すは国内二番目のリカンベントビルダー!?
頑張って下さいね。

昨日は新境地にいざないいただきありがとうございました。
この日は上流は陣取られていたんですね(笑)

foxさんの3000kmは特別として、私のM5は3万kmで1回しかチェーン交換してません。
単純に3倍の長さなので普通の3倍持つと考えてますが。

>やまおかさん
.
昨日はお疲れ様でした。
この足湯は上流が込んでいる時は下流で粘って空席ができる度に上流へと移動して行く「引越し作戦」が有効化と…。(笑)
チェーンを3000kmで交換ってのは勿体無いのでお下がりを狙う手もあるかなと思ったのですが、冷静に考えると「foxさんが3000kmも踏んだ後のチェーン」な訳ですからねぇ…。
やまおかさんのM5が3万kmで1回チェーン交換というのは意外に長い印象がありますけど、確かに単純計算でロードの三倍の距離を走れる計算だと言えますね。 ただ今回切れたチェーンは車体ごと譲り受けた物なので累積走行距離が分からないんですよね。
年代物ですしやっぱ要交換でしょうか…。

この記事へのコメントは終了しました。

« リカンベントのペダリングについて考える(私見) | トップページ | 道を指し導く者 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ