最近のトラックバック

« 久し振りに撮りに行ったような行ってないような… | トップページ | 『GP Car story vol.07  Wiliams FW16』(三栄書房) »

日生のかきおこ&カキフライソフト&走るカキフライソフト?

いつもお世話になっているやまおかさんから、「パーク&ライドで日生にかきおこ(牡蠣のお好み焼き)を食べに行かへん? 朝ご飯は姫路にモーニングの美味しいお店があるから、そこで食べて行こうと思ってんねんけど」とのお誘いを頂きました。
もちろん行かない手はありません! 二つ返事で行く事にしました。

14031000

.
そんな訳で土曜日の晩は深酒をせずにサッサと寝て、日曜日は未明からM5を車に積んで尼崎に集合すると、やまおかさん・タチさんと車を連ねて一路西へと夜道に消えて行ったのでした。

明け方の国道は空いていて二時間ほどで姫路のCafe de Mucheさんに到着。 こちらでモーニングを頂きます。

14031001  

早朝の郊外にも拘らず賑わっている店内に入って、メニュー表でモーニングを探していると…

(やまおかさんがここを選んだ理由は、この「いっぱい」みたいです…)
14031002  

ハイハイ、いっぱい食べたいですよ~note ってな訳で矢印の方を見ると、可愛らしいイラストと解説に紛れて、訳の分からんお値段が書いてあります…sweat02 大阪市内でモーニングというと¥350というイメージがあるのですが、このお値段はランチ級!?

(誰がどう見てもモーニングのお値段ではナイ!www )
14031003  

でもお腹が減っていたのでエルダンジュを注文して待つこと数分、出て来たのは…

(でかっ!)
14031004  

オムレツの下には盛豚のげんこつ二つ分のサイズのスパゲッティが山盛りになっています…。

(食えるモンなら食ってみろ!www )
14031006  

トーストの下には盛豚のげんこつ二つ分のサイズのサラダと、女性のげんこつ一つ分のサイズのポテトサラダがギッシリ詰まっています…。

(何故やまおかさんがわざわざ姫路でモーニングを食べると言い出したのかが良く分かりました…www )
14031007  

いやぁ朝っぱらから食べ応えがありましたよ。(笑) 早起きの遠出でお腹が空いていましたから丁度良かったのですが、ボリューム的にモーニングっていうカンジでは無いですな!
量が量だけに食べ終わるのにちょっと時間がかかりましたけど、やまおかさんはほんの数分で食べ終わってしまったというのはここだけの話です。

.

ご飯が済んだのでサクッと相生の駐車場に移動して出発準備に取り掛かります。

14031008  

準備が済んだ頃に原住民… 地元のベントライダーでこの日のガイド役のうっしーさんが登場されました。

(foxさんが自走で追いついてきたのではナイ…)
14031009  

メンバーが揃ったので早速出発です。 走り出して3分後には最初の上りが…。

14031011  

以前kimotoshiさんに連れて来て頂いた時にも通った事があるコースから始まりました。

14031012  

そうそう、発電所があってね…。

14031013  

「確かこの辺りは相生湾が見えた筈」と思いながら左手を見ると、ローレーサーのお約束「ガードレールの絶景」が広がっていました…

14031014  

海の駅しおさい市場で小休止、早速牡蠣を頂きます。

(R250沿線の室津~相生~日生といえば牡蠣街道ですからねェ~!)
14031016  

坂越湾沿いの道は瀬戸の静かな道ってカンジの趣があって好きですね~。

14031017  

トンネルをくぐって千種川沿いを走ります。 対岸のR250とは打って変わって交通量が少なくて路側帯も広く走り易い道でした。

14031018  

七軒家でR250に入り西へと進みます。 ここからは上りの標高差がこれまでよりも少し高くなります。

(うっしーさん:「ここからはちょっと上りがありますよ~」)

14031019  

(やまおかさん:「ちょっとアップダウンがあるね」)14031021  

(タチさん&盛豚:「峠越えだ、ガリビエだ!」)
14031022  

二度のガリビエ… アップダウンを越えて目的地が近づいて来ます。 R250は決して道幅が広い道路ではありませんでしたが、走っている自動車は一様にマナーが良い上に自転車の事を慮った運転をしてくれているので、別の意味で走り易いコースでした。

14031023  

そしてお昼のグルメポイントタマちゃんさんに到着しました。

14031024  

自動車やオートバイで訪れているお客さんが多い中で、低いのん四台は注目の的でした…。

14031026  

日生(「ひなせ」と読むそうですね。 ずっと「にっせい」だと勘違いしていました…)でかきおこと言えばココというくらいの人気店らしく、待ち時間は一時間を超えましたが待った甲斐のある美味なかきおこでした!

(はふはふっ、美味い!!)
14031027  

しっかり食べた後はまたR250を西へと進みます。 日生湾ではガードレールが棒状の柵になり、牡蠣の養殖用らしき筏が見えて来ました。

14031028  

(食べるカロリーが使うカロリーを明らかに上回っていますな…)
14031029  

往路の最終目的地の五味の市へ到着しました。 市場に入るなりやまおかさんがそわそわと探し回られていたこの日最後の牡蠣グルメは…

(コレです!)
14031031  

ご当地グルメの雄、カキフライソフトです! 冗談だと思うでしょう? 私もそう思いましたよ。 やまおかさんが本当に買って食べ始めるまでは…(笑)

これはソフトクリームになぜかカキフライ(さすがにホットではナイ…)が二つ突き刺さっていて、おまけに上から滴っているのはシロップではなく刺身醤油です!(爆笑) 刺身醤油がソフトクリームの甘さと絡まってキャラメル味みたいに感じるという触れ込みだそうです。 真の甘いモン好きをもって自負する盛豚も実際に買って食べてみたところ、そのお味はソフトクリームとカキフライと醤油の味でした(間違いありません!)。
不思議な… 素晴らしい味わいですので、日生を訪れる方は是非ご賞味下さい! 一生の思い出になる事請け合いです…!scissors

朝食のモーニングと併せてこんなにも笑いを提供してくれるグルメな一日は人生で初めてでしたよ。(笑)

.

さてと引き返しますか。 五味の市の隅っこにある駐輪場に戻ると市場のおっちゃんやおばちゃんが群がって来て、「これしんどくないの?」とか「いやいや、楽なんとちゃう?」とか「どうやって動くの?」などと質問攻めにされました。

(そりゃ自転車っぽいけどペダルの位置といいシートといい訳が分からんよな…)
14031032  

こういう時は広報部長のタチさんの出番なのですが、この日は原住民のうっしーさんもいたので半分くらいはうっしーさんにお任せしておきました。

(不思議という意味ではカキフライソフトの事は言えない!?)
14031033  

ってな訳で牡蠣街道を満喫して帰路に着いたのでした。

(走るカキフライソフト軍団!?)
14031034  

ちょっと雲行きが怪しかったけど特に降られる事も無くガリビエを越えて…

14031036  

最後のガリビエ高取峠を越えて相生まで戻り、帰路に着いたのでした。

14031037  

参加された皆さん、お疲れ様でした。
ガイドのうっしーさん、グルメな案内をして頂いてありがとうございました。

また次の機会も宜しくお願いしますね。

.

« 久し振りに撮りに行ったような行ってないような… | トップページ | 『GP Car story vol.07  Wiliams FW16』(三栄書房) »

リカンベント」カテゴリの記事

自転車でお出かけ」カテゴリの記事

コメント

お疲れさまでした。
前半は好天に恵まれドライブ、サイクリング共に気持ち良かったですね。
またハイブリッドツアーやりましょうね。

走るカキフライソフト・・・?
なるほどそういうことでしたか!

こんにちは。
姫路経由相生まで車載は正解ですね。
もう少し手前の御津か龍野あたりに車を停めて行かれると七曲りの素晴らしい景観を堪能しながら走れますよ。
リカンベントで走っても気持ちいいやろうなあ・・・・
カキオコはたまちゃんでしたか。
人気のお店ですね。
因みに私の一押しはあらたです。
機会がありましたらお試し下さいませ。

ハイエンドローレーサー揃い踏み。

こんだけ長いのんが連なると、フレームの対角に入れるのが収まりが良いですね。(写真ね)

こちらに来られてたんですねえ。
姫路方面から来られる方はたまちゃんに行かれる方が多いみたいですね。でも五味の市の北側の狭い路地に入ると小さなお店がわんさかありますよ。駅の北側にも美人姉妹のお店が(^。^)。あと路地の先にはおいしい水餃子屋も!

カキフライソフトはソフトクリームの甘さと冷えたカキフライの生臭さのハーモニーが何とも言えなかった記憶があります。

また夏のミッドナイトや、灘崎クリテにもお越しください。

>Yおかさん
.
お疲れ様でした。
好天に恵まれましたね。 後半も何とか持ちこたえてくれましたし、ドライブとサイクリングで二度美味しい一日でした。 また行きましょう。
「走るカキフライソフト」、ご理解頂けました? ね、そうでしょ???

>kimotoshiさん
.
今晩は。
七曲りはよかですね。 帰りはそちらをのんびりドライブで堪能しながら走りましたよ。 リカンベントで走るアップダウンもBSMで行った時より楽でした。
原住民のガイドで行ったカキオコはたまちゃんでした。 kimotoshiさんのオススメとあるからには期待できますので、次回はあらたを攻めてみたいですね~。(笑)

>えむきゅうさん
.
低くて長くてフレーミングに治めると豆粒というか線みたいになっちゃいます。(笑)
ごまかしの対角構図の収まり具合は良いカンジになってますか?

>自転車のごった煮さん
.
お久し振りです。
そうですか、五味の市の北側の狭い路地にわんさかですか…知らなかった…。 知っていたらその美人姉妹のお店に行ったのに…。 で、お店の名前は???
.
夏のミッドナイトや灘崎クリテには、カーボンローレーサーに乗った仲間のサイボーグがお邪魔するかもしれませんので、その時は軽く捻ってやって下さい。(笑)

>盛豚さん
店の名前は「うまうま」です。

そのカーボンローレーサーには昨年灘崎クリテで軽く捻られました((+_+))。
今年はスーパーマンハンドルに付け替えて再戦です!
あ、その前にエンジン鍛えなきゃ(汗!)

>自転車のごった煮さん
.
「うまうま」ですね、ありがとうございます。 φ(..)メモメモ
.
昨年の灘崎クリテに出ていたカーボンバイクは今回ガイドをしてくれた原住民で、それとは別にもう一人同じ車輌で後輪にカーボンホイールを入れて乗っているサイボーグがいます。 今年はそのサイボーグが各地のレースを荒らし回ると思われますが、こちらは300kmツーリングの終盤で50km/h巡航して自動車もオートバイも手当たり次第にブチ抜くバケモノです(←車検を通すべきだとの声もあります…)。
まぁ軽く捻ってやって下さい。(笑)

この記事へのコメントは終了しました。

« 久し振りに撮りに行ったような行ってないような… | トップページ | 『GP Car story vol.07  Wiliams FW16』(三栄書房) »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ