最近のトラックバック

« 続:無印良品!? | トップページ | カーボンディープリムホイールのシェイクダウン »

ビジュアル仕様化はまだまだ続く!?

M5のブレーキと小物入れをちょいといじってみました。

14040400

.
カーボンホイールリムには専用のシューを組み合わせなければならないので(ノーマルリム用のシューとカーボンリムの組み合わせではブレーキが効かない…)、こちらも変更する事にしました。 と言っても市販の物を吊るしのまま組み込んだ訳ではありません。 何せM5はビジュアルにも拘っていますので…。

.

前回ブレーキ周りの仕様を変更した際にタッチの立ち上がりに優れた105の黒色を調達しておきながら、「リムの外観に『お歯黒』が入るのがイヤ」というだけの理由で、シューをわざわざ台座とラバーに分解組み換えしてまで、元から付いていたテクトロのポリッシュ台座に105ラバーという変態的拘り仕様のシューを製作してしまいましたが、今回届いたカーボンリム用シューはポリッシュ台座+青色のラバーという物でした。

(左から前回作った「ポリッシュ台座+105ラバー」、前回の残骸「105黒色台座+テクトロラバー」、今回届いた「カーボンリム用シュー」)
14040401  

ポリッシュの台座のままカーボンホイールを組み込むと、「エディー・マーフィーに金歯」みたいになってしまうので、今回もビジュアル対策を施す事にします(ここまで拘るともはや変態度はえむきゅうさんと同レベル!?)。

(コレはアカンやろ…)
14040402  

そんな訳で前回のビジュアル対策・組み直しで余剰部品になっていた105黒色台座にお出まし頂く事にしました。
シューを並べてバラして…

(整列! 右向け~右ッ! バラせーッ!)14040403  

(組み換えヨ~シ! 組み込めーッ!)14040404  

(整列ッ!)
14040405  

お待たせしました。 中央のんが今回使うカーボン用黒色シューです。 組み込んでみると…

(変更前)
14040407  

(変更後)
14040408  

いいカンジにシューの視覚的存在感が消せました。 ブレーキ周りはこれで良しとしておきましょう。

お次は小物入れを変更します。
軽工具と修理具を携行する為には小物入れが必須ですが、従来の小物入れはオーストリッチのバッグを側面に取り付けてありました。 収納容量には満足していたのですが、如何せんこの高さで横に飛び出しているとCRなどで車止めのポールに引っかかる事があり、先日神戸に行った時にもポールにぶつけてマウントごともぎ取れてしまうというハプニングがありました。 この時は幸いにも応急処置で対応できる程度の破損だったのですが、以前から外観的にも空力的にも課題を感じていたのでこれを機に変更に踏み切る事にしました。

(今までのバッグは…)
14040409  

(車体のラインからはみ出しているからよくポールにぶつかるんですよね…)14040411  

.

やまおかさんのM5みたいに搭載位置を低く抑えつつ車体のラインからはみ出さない範囲にとどめ、前方投影面積と空力はグロスの車体と同等に収めつつ容量は1.2リッター以上という条件(我ながらかなり厳しい条件…)を満たす物を探し続けた結果、MTB用のフレームポーチタイプで丁度良い物が見つかりました。

選んだのはこれ。 ドイター・フロントトライアングルバッグです。

14040412  

(MTBにはこんな風に取り付ける物らしいです)
14040413  

このバッグの良いところは容量が1.3ありながら横幅が細い上に、ベルクロで直接フレームに取り付けるので破損の原因となるマウントが存在しない事と、ベルクロの長さに余裕がある事です。

(この時は予備チューブを切らしてたけど工具やポンプも入る容量です)
14040414  

(全長は約35cm)
14040416_2  

(高さは約12cm)
14040417  

(横幅はスリムな4.5cm)

14040418  

(最大の売りはコレ、ベルクロの長さが23cmもある!)
14040419  

ロード用のバッグやポーチはシートポストに取り付ける前提の物がほとんどですので、ベルクロが短くてリカンベントのフレームに巻く事ができない物ばかりですが、このバッグはMTBの太いフレームに巻き付ける為にベルクロが長いので、リカンベントのメインフレームにも余裕で巻き付けられます。 盛豚のM5のフレーム径は45φですが、60φのアルミフレームにもギリギリで付けられるんじゃないかなぁ…(保証の限りでは無いので、関心のある方は念の為に自己責任で確認して下さい)。

取り付けてみるとサイドビューはこんなカンジになりました。 前方投影面積はフレームに隠れて形状的にもフレームのラインに沿っているので空力も良く、最低地上高もほとんど変わらないまま狭い場所での車体の見切りが良くなったので、飛躍的に運転し易くなりました。 一本余ったベルクロを切除するかどうか迷いましたが、非常時に役立つかもしれないので念の為にこのまま暫くは様子を見るつもりです。

14040421  

側面部分の生地が薄いのものの正面部分の強度がしっかりしているので、この状態で1kg以上の工具が入っているにも拘らずダラっとした形崩れが起きていません。 色も黒なので自己主張が無く、従来よりも車体のシルエットが引き立つようになったので満足しています。

工具と修理具さえ積めればいいというベントライダーにとって、このバッグはリカンベント用バッグとしては見っけ物かもしれませんね。

.

« 続:無印良品!? | トップページ | カーボンディープリムホイールのシェイクダウン »

リカンベント」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ 四四久です。
ツィーターの方ではいつもアドバイスありがとうございます。

先日、スーパーロー用にシートとフレームの間に入るポーチを購入しましたが
このポーチもいいですね、容量もありますし装着した見た目すごく良いですね。

このド変態度は、最早ワタシごとき足元にも及びますまい( ̄∇ ̄)ゞ

バッグいいですねぇ。
とはいえ、また黒が増えて、計画通りに かつ順調にバイオレンス街道まっしぐら!

やはりあのアクシデントが転機になりましたか(笑)
スマートでカッコ良いバッグですね♪
カラーのこだわりは重要です。
M5、綺麗⇒カッコ良いに変化しましたね。

あ、今回のブレーキシュー変更って、やっぱアレですか。
コーナー手前のハードブレーキングで、摩擦熱でリムが
カーッとオレンジ色に輝く、アレですかね。

それはともかく(ぉぃ)、バッグ、なかなか良いですね。
めっちゃスマートに収まってますやん。

>四四久さん
.
あのポーチをシートとフレームの間に隠す手も考えたのですが、今使っているポンプ(全長24cm)が収納できるサイズを優先しました。 容量が1.3リットルあるので気に入っています。

>えむきゅうさん
.
>このド変態度は、最早ワタシごとき足元にも及びますまい( ̄∇ ̄)ゞ
.
いやいやご謙遜を! どんぐり兄弟の主席「A」さんにはまだまだ適いません。(笑)
バッグの形や容量も良かったのですが、色が黒でなければ買ってなかったと思います。 でも黒が増えれば増えるほど益々バイオレンス基調になって行くのが悩みどころです…
 (TT)

>Yおかさん
.
はい、あの時もぎ取れたアクシデントで決心が付きました。 パンが入りそうに無い代わりに、真後ろからは全く見えないスマートさが気に入っています。 色についても今さら別の色は入れたくなかったので、黒があって助かりました。
Yおかさんみたいなカラーコーディネートのセンスが無いので、銀と黒以外は入れないでごまかし続けます。(笑)

>ゆっきょさん
.
そうそうF1みたいにオレンジ色に焼けてって、お~い! 火事になりまんがな!(笑)
バッグはMTB用の物が上手い具合にマッチしました。 私はMTBに乗っていませんがMTBの存在意義を初めて感じましたよ!(←おいおい…)

この記事へのコメントは終了しました。

« 続:無印良品!? | トップページ | カーボンディープリムホイールのシェイクダウン »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ