最近のトラックバック

« 冷やしラーメン後 鶏白湯ラーメン | トップページ | 鶏白湯&雨宿りポタ? »

上手に追い越される (後続車輌をコントロールする)

自転車で公道を走っている時に「ちょっと怖いと感じる場面」の一つとして、〝自動車に追い越される時″が挙げられるのではないでしょうか。

14071400

.
自転車で公道を走る上で認識しておくべき大前提の一つに、「基本的に自転車よりも自動車の方が速い速度で走っている」という事が挙げられます(意地や極論は却下ね…)。

つまり自転車に乗って出かけるとかなりの頻度で自動車に追い越される場面があるという事を意味するので、一般的な交通の流れよりも緩やかな速度の乗り物である自転車の場合は、運転における後方への注意がより多く必要となる訳です。
にも拘らずバックミラーの装着が義務付けられていないなどの構造的な課題もあり、自動車が後方から追い越しをかけて来ている事に気付かずに自転車側が後方不注意のまま迂闊にマンホールを避けて右へ寄ったり右折でもしようものなら、接触事故に繋がりかねません。

こうしたケースを警戒しているせいか、自動車が自転車を追い越すタイミングを見出せずに躊躇いながら真後ろにつけて走っていたり、警戒し過ぎて恐る恐る追い越しをかけた自動車が結果的に自転車と併走してしまっている場面を見かける事があります。
それでも道幅が広い道路であればまだマシなのですが、道幅や路側帯が狭い道路でこうしたジワジワ追い越しをかけられると危険ですし怖いですよね。

できる事なら安全かつ速やかに追い越して欲しいものです…。

.

一方で自動車のドライバーはドライバーで、「もう少し端に寄って道を譲ってくれないかなぁ?」とか、「前の自転車がこちらに気付いてるのか気づいていないのかが分からないから、迂闊に近付けないし慎重に行かざるを得ないなぁ…」といった具合に、ドライバーなりの都合や思惑というモノがあったりします。

こうした自動車と自転車の両方の立場をある程度以上経験して双方の立場や視点を理解できているライダーが、主観的にならず冷静に判断できた場合に限っての話ですが、客観的に双方が安全かつ速やかな追い越しが成立するタイミングやポイントというモノが分かるようになって来ます。

そうなると、「後ろから車が来てるけどここは追い越しには狭いし、あと100m先に道幅が広い場所があるからそこまで待って欲しいなぁ…」とか、「200m先に見通しの悪いカーブがあるから、今すぐスパッと追い越して欲しいなぁ…」というカンジで、追い越しポイントとタイミングを指定したくなる事があります(この指定はあくまで客観的に最も安全な追い越しが成立する為のモノであって、こちらの都合という訳ではありません)。

.

実は盛豚、100%とはいかないにしてもかなりの確率で後続車輌をコントロールして、追い越しのポイントとタイミングを指定すると同時に、スパッと速やかな追い越しをしてもらっています。

これはリカンベントだとかアップライトだとかいう車種を問わず、どの自転車に乗る時でも共通して使えるテクニックですし、徒歩の時もまた同じ事をしています。
それはちょっとしたサインを出す事によって後続車輌のドライバーの心理をコントロールする(洗脳ではナイ…sweat02)、言わば心理的テクニックだと考えています。

.

この後続車輌をコントロールする心理的テクニックの例について、具体的な画像を交えて述べてみたいと思います。

.

.

【パターンA】

「ちょっと狭い道だけど自転車と自動車の双方がお互いの存在に気付いている状態で位置関係も把握できていれば、安全な追い越しは可能な状況なのでスパッと追い越して欲しい」という場合について。
上から見た位置関係の概念図はこんなカンジです。

14071401_2  

路上駐車や対向車輌がおらず条件が整っている事が確認できたら、目は前方を見たままの状態で2秒間だけ頭の向きを右に45°の角度へ向けます。

※…(この頭の向きを曲げる動作が後続車輌のドライバーから把握し易いという意味では、視認性の高い色のヘルメットや帽子を被っていると頭の動きが見え易くなるので、より効果的です。)

(条件が整ったら、頭の向きを右に向けて合図を送る…)
14071402 

再び頭の向きを正面へ向けると、後続車輌は加速して追い越しを始めます(同時にペダリングを止めて走行ラインを少しだけ左に寄せると更に効果的です。 ちなみに盛豚は実走行では基本的に「左に転倒しても頭が縁石に届かない位置」を走っています…)。

(頭の向きを正面へ戻すと…)
14071403 

(後続車輌は合図を待っていたかのように加速して…)
14071404 

(スパッと追い越して行きます…)
14071406 

この例では一体何が起きているのかというと、自転車のライダーが頭の向きを右に向ける動作は自動車のドライバーの視点から見ると「自転車のライダーがこちらに気付いて、自動車による追い越しに備えた側方確認をしている」という印象を与えているのではないかと考えています。
つまりライダーのこの〝擬似振り向き動作″によって後続車輌のドライバーの心理に、「今だ!」という追い越しのGOサインが働いているのではないかと推察されます。

この時に先行する自転車のライダーが注意しなければならないのは、ドライバーと目が合うほど後ろを振り返り過ぎない事です。 振り返り過ぎるとドライバーに、「ライダーが右折をしようとしているのかもしれない」という印象を与えてしまい、後続車のドライバーは追い越すどころか後ろについたまま自転車の出方を待つ事を選んでしまう傾向があるからです。

.

.

【パターンB】

「ちょっと先に広い場所があるので、そこで追い越して欲しい」という場合について。
上から見た位置関係の概念図はこんなカンジです。

(この図の①と③の区間は道幅が狭いので、道幅が広い②の区間で追い越して欲しい…)
14071407 

③の区間では追い越して欲しくないので前述の【パターンA】の教訓を応用して、後方確認は頭の向きを動かさずにバックミラーを使って目線だけで行います。 こうする事で後続車輌のドライバーには心理的なGOサインが出ないので、ある程度は「安易には追い越し難い」という心理的作用が生じる可能性を見込めます。

この時に注意しなければならないのは、走行ラインをある程度は車線の左側にしておく事です。 別に隅の方まで寄る必要はありませんが、道幅が狭いからといって車線の中央を走っていると、後続車輌のドライバーに「邪魔なヤツだ」という悪い印象を与えてしまい、ホーンを鳴らされたり煽られたりするなどの威圧行為を受ける可能性が生じるからです。

(振り向かないのでこちらに気付いているのか気付いていないのかが分からない…)
14071408 

そして②の区間に到達したら速やかに左に避けて、前述の【パターンA】の時と同様に目は前方を見たままの状態で2秒間だけ頭の向きを右に45°の角度へ向けます。

(②の区間に入ったら首を右に向けて合図を送る…)
14071409 

すると後続車輌は「待ってました!」とばかりに加速してスパッと追い越して行きます。

14071411 

.

.

【パターンC】

「ちょっと先に路上駐車している車輌があるので、今すぐスパッと追い越すか駐車車輌の向こう側まで待ってから追い越して欲しい」という場合について。
上から見た位置関係の概念図はこんなカンジです。

(見極めが難しいパターン…)
14071412 

このパターンの場合、後続車輌の処理の仕方は条件次第で大きく二通りに分かれます。 一つは今すぐスパッと追い越してもらう方法、もう一つは駐車車輌の向こう側まで待ってから追い越してもらう方法です。

.

このように〝どちらにするべきか迷うケース″については、自分なりに分かり易い判断の基準を予め見出しておく事が大事です。

これはあくまで盛豚の個人的な判断基準に過ぎないのですが、まずバックミラーで後続車輌との相対的な速度関係を確認して、このままの速度で走行したら駐車車輌の手前10mの地点(上の図の(A)の位置です)に到達するまでに⑥の区間で後続車両がこちらを追い越せそうな場合については、前述の【パターンA】の方法で速やかに追い越してもらいます。

※…((A)の位置を手前10mに設定している理由は、これ以上手前にするとタイミングが早すぎて後続車輌に「邪魔だな!」という不快感と悪印象を与えてしまうからです。)

(⑥の区間で頭の向きを右に向ける合図を送って…)
14071413_2 

(先に追い越してもらってから駐車車輌を追い越す。)
14071414 

一方、このままの速度で走行したら後続車両が追いつく頃には⑤の区間(つまり駐車車輌までの距離が10mも残っていない至近距離)に入ってしまう状況であれば、後続車輌に追い越してもらうよりも前に駐車車輌を追い越します(盛豚が⑥の区間にいても先行している仲間が⑤の区間に入ってしまう場合を含みます)。

まず駐車車輌の手前10mの地点(上の図の(A)の位置です)辺りでハンドサインを出しながら走行ラインを右へと移して駐車車輌を追い越し、その後で④の区間に入ったところで走行ラインを左へ戻しながら、前述の【パターンA】の方法で今度は後続車輌に速やかに追い越してもらいます。

(⑥の区間で後方確認は頭の向きを動かさずにバックミラーを使って目線だけで行い…)
14071416 

(A)の位置で「ゴメン、ちょっと右に寄るね…」のサインを出して右に寄って…)14071417 

(駐車車輌を追い越したら…)
14071419 

(④の区間に入ってから頭の向きを右に向ける合図を送って、後続車輌に追い越してもらいます。)
14071418 

この時に注意しなければならないのは、駐車車輌を追い越す時にも走行ラインをあまり右に寄せ過ぎず、後続車輌の正面よりはやや左寄りのラインにしておく事です。

駐車車輌が急にドアを開けても届かない程度の距離は確保しておきつつ、後続車輌の正面を塞ぐのではなくやや遠慮しているように見える程度の位置取りをする事で、後続車輌のドライバーに「こちらがやや遠慮している」という印象を与え、「正面を塞いでいる」・「邪魔だ」とは感じさせないのが狙いです。

道路は公共の設備ですので自分の都合だけで走るのではなく、周囲への気配りもある程度は必要ですからね…。 もちろん後続車輌のドライバーに「キチッとした走り方をしているな…」というカンジの良い印象を与えておいた方が、車間距離や追い越しの時の間隔についてもこちらに配慮して十分に空けて行ってくれる事を期待する狙いもあります。

こういう事も含めて〝後続車輌の動きとそのドライバーの心理をコントロールするテクニック″という訳です。

.

あくまで個人的な経験論に過ぎませんが、このテクニックによる後続車輌のコントロールの成功率は90%を超えています。
盛豚の一つ後ろを走る機会がよくある人の中には、こうした盛豚の動作をご覧になった事があるという方もいらっしゃるかもしれませんね。

.

.

それからハンドサインの話が出たついでと言ってナンですが…

あくまで自論ですが、やりようによっては「ハンドサインが後続車輌からより見え易くなる方法」というモノがあると考えています。
その方法とは…、

1.手の甲が視認性の高い色のグローブを着用する事。

2.ジャージなど上着の肩と袖の色は視認性の高い色の物を選ぶ事。

3.サインを出す手の甲が後続車輌から見え易い角度になるように出す事。

(手首の角度に注目! 視認性の高い色のウェアでも、何となくサインを出すよりは…)
14071421 

(手の甲が見える角度の方がよりサインが見え易い…)
14071422 

これは静止画像ですので視認性の差は分かり難いかもしれませんが、走行中に見るとその差はハッキリと確認できますし、夕方や曇り空の時にはその差が際立ちます。

実はこの手首の角度については、やまおかさんのハンドサインを見ていたら他の人よりも手首の角度が少し斜めになっていて後ろから見え易い事に気が付いたので、これを応用して更に見え易いようにとアレンジしたものです。
できる事なら蛍光色のグローブが手に入るといいんですけどね…。

.

あくまで私見に基づく個人的な小技に過ぎないので保証の限りでありませんが、リカンベントに乗っている時でもアップライト自転車に乗っている時でも効果を実感できていますし、頭の向きを右に向ける〝擬似振り向き動作″については徒歩の時でさえ効果を実感できています。

自分の意思だけでなく相手のある事ですので(しかも声が届かない…)、上手に追い越されるのは簡単な事ではありません。 それに他人をコントロールする事まで含めると、「案外高度で大事な運転技術なのかもしれないなぁ…」と思う今日この頃です…。

.

« 冷やしラーメン後 鶏白湯ラーメン | トップページ | 鶏白湯&雨宿りポタ? »

リカンベント」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

どんぐり先生!
また大層なレポートを・・・
教習所のマニュアルみたいやし、先生と呼ばせてもらいやす。

わたしゃそんなことまで考えて走ったことないですわ。

参考にさせてもらいます(^^)

車同士の場合でもそうですが、結局、前後左右に「時空間的な余裕」がある状態を確保して走るのが「上手な走り方」なのだろうな、と思うのであります。

そういう意味では、今回のお話は、「上手に追い越される」だけではなく、コース選択というかどういう道路を通る(使う)のが良いのか、という事も暗示されているように思いました。

後続車(のドライバー)に対する意思表示も、盛豚さんと全く同じということではありませんが、主旨は同じやり方を自分もしているように思います。いつも完全にできているワケではないので、ギクシャクした時はこういうコトが上手にできてない時なんだと思います。

大きな身振り手振りだけではなく、最少の動きで周囲に自分の意思を上手く伝える術ってのも大事ですね。

>えむきゅうさん
.
実は画像でレポート枚数を稼ぎました!(←大学時代は十八番でした…)
「今すぐ追い越せ!」の指示と同じ効果を持つ〝擬似振り向き動作″は、ホントに使えますのでお試しあれ。(^ω^)

>ゆっきょさん
.
そうですね。 車→バイク→自転車と交通弱者の立場になればなるほど、前後左右の「時空間的な余裕」がより重要な意味を持って来ますね。
仰る通り「上手に追い越される」意外にもコース選択など、総合的な〝自分の走行環境作り″に寄与する事全てに気を配るべきなのかもしれませんね。 そしてその要素は数に限りがありませんので、改めて「安全の追求に終わりは無い」という事を再認識させられます。
いつもながら学ばせて頂く事が多いコメント、ありがとうございました。

この記事へのコメントは終了しました。

« 冷やしラーメン後 鶏白湯ラーメン | トップページ | 鶏白湯&雨宿りポタ? »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ