最近のトラックバック

« ならぐる 第2弾ポタ | トップページ | ラーメン食べに行っただけ!? »

リカンベントのチェーンチューブについて

リカンベントの中には、車種によってチェーンチューブを使用しているモデルとそうでないモデルがあります。

コンフォートモデルやツアラーほど装着率は高く、レーサーでもチェーンラインがフレームに近接して走っているモデルには装着されていたりします。
その目的はチェーンがフレーム・フォーク・タイヤ・ライダーの脚などに干渉する事を避ける保護的な意味合いもあれば、チェーンラインが暴れないようにするガイドレール的な意味合いやチェーンの汚れ対策的な意味合いもあったりするらしく、ストレートフレームのハイレーサーにはあまり装着されない傾向があるようです。

このチェーンチューブについてはただ取り付けるだけではなく、ちょっとした加工を施すノウハウがある事についてはあまり知られていないみたいです。

14090800_2

.
多くのベントライダーにとって、チェーンチューブは「始めから付いていた物」に過ぎず、「何となくそのままにしている状態」なのではないでしょうか?
盛豚のLYNXXについても例外ではなく、特に改造したりせずノーマルで乗っている事もあって、納車した頃から付いていた物を特にいじらずにそのまま乗り続けてきました。 そのLYNXXについても最近は徐々に手を入れ始めたので、チェーンチューブについてもそろそろ手直しを検討しています。

14090801 

リカンベントに乗り始めた頃に、「チェーンチューブは中を通るチェーンが擦れながら走るので、フリクションロスになるから効率重視なら外した方が良い」という話を聞いた事があります。
確かに一理ありますし実際にフリクションロスは感じるのですが、実はチェーンラインの形状によってはちょっとした工夫をする事で、そのフリクションロスを意外と軽減できる事が分かってきました。

.

盛豚が所有する二台のローレーサーについては、お世話になっているお店で色々と教えて頂いたノウハウを生かして試行錯誤した末に、チェーンチューブは全て引き直しました。

14090802 

メーカーにもよるとは思いますが、リカンベントのチェーンチューブには電気配線用のポリエチレンチューブを流用しているケースが多いのではないかと感じています。
そしてその両端部分の切り口については、切りっ放しもしくは若干のフランジ加工を施してあるケースが殆どであると見受けられます。

(切りっ放しの端部)
14090804 

(フランジ加工後の端部。 ちょっと分かり難いかもしれませんが外側だけでなく内側もちょっと口広がりになっていて、直径が約2mm広がっています)
14090806 

(上が切りっ放し品、下がフランジ加工品)
14090807 

LYNXXの場合はチューブの端が直径で約2mm拡大するフランジ加工が施されていました。

(黄色の○印の部分ね…)
14090803_2 

ペダリングをして走行していると、入り口側ではチェーンが走ってこのチューブに入って行く訳ですが…、

14090808_2 

その際にチューブの端部(黄色の○印の部分)とチェーンのダルマ部分(黄色の----部分)が僅かな干渉を起こします。

(黄色○印部分にチェーンの黄色----部分が順番にひたすら「コトコトコト…」とぶつかり続けます)
14090809 

もちろん出口側でもチェーンが走る方向が逆になってやや軽微になるとは言え同様の干渉が起こります。
この干渉による振動とフリクションロスの一回一回は僅かな物ですが、走行中にずっと発生し続けるとこの振動の回数が何回になるのかを計算すると恐ろしいモノがありますし、その回数だけペダリング付き纏う振動型の抵抗として両足に負荷を掛け続けるので、10kmも走ろうものなら疲労感に影響が出て来ますからバカにはなりません(細かい事の集積を侮るべからず)。
ましてチェーンラインが屈折する部分にチェーンチューブがある場合は、チェーンラインに沿ってチューブをカーブさせる加工をしているかどうか、またその入り口が切りっ放しなのかそれともフリクションロス対策を施しているのかなど、こうした一つ一つの条件の差が重なれば疲労感にも具体的な差が出てきます。

(チェーンチューブの端部に引っかかってチェーンラインが屈折すると、黄色○印の部分での振動とフリクションロスは益々大きくなってしまいます…)
14090810 

そして走る距離が100kmやそれ以上ともなると、条件次第では下手をすると疲労感が一割~二割増しになるケースもありますので(多分に感覚的な物ではありますが、実際にLOW-RACERで色々と試した結果そう感じました)、チェーンチューブをチェーンラインに沿って直線的に矯正したりカーブさせたりする事に加えて、両端部分を切りっ放しのままではなくフランジ加工をする事によって少しでも振動・フリクションロスを軽減するのは有効である事が分かりました。

そんな時に当時のハマモトサイクルさん(今のHC-WORKSさんの前身のお店です)へLOW-RACER用のチェーンチューブを買いに行ったのですが、その際に「場合によってはフランジ加工の効果をもう一歩前進させたテーパー加工を行う事もある」と教えて頂きました。
もちろんその時から両端部分にテーパー加工を施して貰うようになったのは言うまでもありません。 テーパー加工をすると押し広げた分だけチェーンチューブの全長が数mm縮む傾向がありますが、多少押し広げても縮むのはせいぜい1cm以内ですので無視できるレベルだと考えています。

(テーパー加工を施したチェーンチューブ。 端部がラッパ状に広がっています)
14090811 

実は盛豚がChinaMascotProducts LOW-RACERを手に入れた頃は、そのチェーンチューブの両端部分の処理がバラバラの状態で、ドライブ側のチューブは入り口がテーパー加工・出口が切りっ放し、リターン側のチューブは入り口がフランジ加工・出口が切りっ放しになっていました。
また、リターン側のチェーンラインをノーマルのストレートラインからハンガーラインに変更している形跡がありましたが、チェーンを延長してリターン側にアイドラープーリーを二個増設すべきところを、チェーンを延長せずにアイドラープーリーを一個だけ増設していたらしく、チェーンラインはシートに押さえつけられて湾曲しながら干渉していました。

そしてこれらのチェーンチューブはいずれも直線的な物ではなく少々蛇行気味の形状をしていました。

(ノーマルのチェーンライン。 リターン側のチェーンラインはアイドラープーリーを使わずチェーンチューブを湾曲させた、変則的なハンガーラインになっています)
14090814 

(盛豚が入手した頃のLOW-RACER。 リターン側のチェーンラインはアイドラープーリーを一個だけ配置した、変則的なハンガーラインになっています。 赤の○印がドライブ側の出口、黄色の○印がリターン側の入り口)
14090812 

この状態で大阪⇔京都間を一っ走りしてみると、重量級ながらレーサーなりの滑走感がそこそこ感じられた一方で、チェーンチューブとチェーンがセットでシートに干渉している事による振動とフリクションロスが大きかったので、リターン側のチェーンラインをストレートラインに変更してみました。
するとフリクションロスは激減してペダリングが大幅に軽くなりました。

その後も試行錯誤を重ねる中で当時のハマモトサイクルさん(今のHC-WORKSさんの前身のお店です)にチェーンチューブを買いに行ったところ、「必要に応じてフランジ加工の効果を一歩前進させたテーパー加工を施工する事もありますよ」と教えて下さいました。
早速テーパー加工を取り入れてLOW-RACERのチェーンチューブを引き直したのは言うまでもありません…。

(テーパー加工は自分でも試したものの意外と難しくて上手くいかなかったので、お店でお願いしました)
14090816_2 

チェーンチューブによるフリクションロスはチューブの長さに比例すると聞いた事がありますが、LOW-RACERの場合はチェーンの脈動によるタイヤ・スポークとの干渉を解決したかったので寸法は長めに取っています。
チェーンチューブが長い分フリクションロスが心配でしたが、端部の形状による振動とフリクションロスをテーパー加工で軽減してやるだけで、ほとんど気にならないレベルまで軽くなりました。

14090817_2 

M5の手直しの際は予め希望の寸法を測っておいてチューブを買う時にその場で希望の寸法へカットして貰い、さらに両端部分をテーパー加工して貰ってから持ち帰って組み込みました。

14090818_2 

テーパー加工をすると端部がチェーンのダルマに干渉する事はありません。

14090819_2 

切りっ放しやフランジ加工品とは違って振動はなく、「サラサラサラ…」と滑るようにチェーンが吸い込まれて行きます。

14090821_2 

口径を測ってみたところ実測値でチェーンチューブの外径が14mm、メーカー純正フランジ加工の端部の外径が16mm、テーパー加工の端部の外径が20mm前後でした。

※…(この数値は規格・保証値ではなく、あくまで実績参考値に過ぎませんのでご注意下さい)
 

.

.

この他にも湾曲しているチェーンチューブを治具(「じぐ」と読みます)と熱湯を使って矯正してから組み込むなど(梱包の関係上、メーカーは箱に入りきれない長さのチューブはひん曲げてねじ込み梱包・発送してきます…)、販売店さんによっては独自のノウハウで組み上げているケースもあるみたいです(きっと他にも色々なノウハウがあるんだろうなぁ…)。

ホイールバランスの話の時みたいに、やたらと細かい事を気にするヤツだなぁ」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、オフ会などで同じ車種を乗り比べると明らかに差があるケースがあります。
そういう時は細部を観察すると良く分かるのですが、乗り比べて良いと感じた方の車輌はこうした細かい所にもシッカリと手が入っています。

例え遠くて訪れる事はできないお店であってもそのお店から通販で買ったという車輌を観察すれば、そのお店のノウハウと仕事の質は伺い知る事ができます。
近場にリカンベントの取扱店がなくて通販に頼らざるを得ない場合は、候補となるお店から他の人が通販で買った車輌をこうして観察すれば、お店選びの判断基準というか参考にはなると思います。

.

こういう事を知ってしまうと、「同じ金額を払ってリカンベントを買うにしても、選んだお店によって届く物の質が違うんだろうなぁ…」と思わずにいられません。
ちなみにHC-WORKSさんの場合だとテーパー加工についてはチューブの購入時にお願いしたら無償で施工して貰えましたので、通販にしろ店頭購入にしろ新車を買う時にはこうしたお店でテーパー加工をセットでお願いするのも一つの方法かもしれませんね(盛豚は細かい事まで気になるタイプなので、ローレーサーのチェーンチューブは全てテーパー加工して貰いました)。

.

まっ、参考までに…。

.

※…(テーパー加工と矯正の記事掲載については、念の為HC-WORKSさんに承諾を得ております…sweat02

.

« ならぐる 第2弾ポタ | トップページ | ラーメン食べに行っただけ!? »

リカンベント」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ