最近のトラックバック

« LYNXXでフッフッフッ | トップページ | ならぐる 止めポタ »

いわしやのうどんポタ

ならぐるポタの後半でうどんが恋しくなったというYおかさんの呼び掛けで、トリトンさんへ朝パン&西宮北のいわしやさんへうどんを食べに行こうという事になりました。

14092300

.
貼り出された告知には「往路には緩い上りがあります」と書かれていました。 「察するに結構長く上り続けるんだろうなぁ…」などと思いつつもM5でインナー・ローまでフル稼働すれば上れる範囲だろうと推察して、フロント・トリプルが標準装備であるLYNXXの出動は見送る事にしました。

盛豚は三田方面を走った事はありませんが、Yおかさんがわざわざ〝緩やかな上り″と書かれるからにはそれなりの標高になり、盛豚の尺度に変換すると〝随分と上る″事になると予想されます。
上るからには下りがある事を意味しますのでホイールもカーボンリムよりアルミリムの物を装着するのが無難だろうと思われます。 先週末のメンテナンスついでにチェーンルブをドライからワックス系に変更してフリクションロス対策を講じると同時に、フルカーボンホイールへの換装を途中まで進めてあったM5でしたが、前日にアルミリムのホイールに戻してささやかな対策を済ませました。

迎えて当日の朝は三台のローレーサーと一台のハイレーサーが集結しました。 上りを前に集まったのがハイレーサーだらけであれば、その殺伐とした雰囲気に先が思いやられるところだったのですが、ローレーサーが多いメンバーで臨む上りとあってはそれ相応ののんびりペースが期待できますので、安心して出発しました。

(そろそろ上り用にハイレーサーが欲しいなぁ…)
14092301 

池田から猪名川沿いにすいすい走ります。

14092302 

途中から幹線道路が川沿いを逸れて行きますので、コースは自ずと山道の趣が漂ってきます。 標高的にじわじわ上るコースですが〝上り″と言うほど上りでもなく、緩やかにさり気なく上っていくといったカンジです。

(この辺りは以前も一人で来た事があるのですが、特にこの区間は環境的にも好きなんですよね…。)
14092303 

ほどなくトリトンさんに着きました。 こちらはパン屋さんとイタリアンレストランが併設されているのですが、食べログではイタリアンレストランとしてのみ登録されているのか、パン屋さんで検索してもヒットしません。
以前一人でこの近所まで来た事があるのですが、パン屋さん検索にはかからなかったので素通りしてしまいました…。

14092304 

では朝ご飯にしましょうかね…。
ホントはパンを買って食べるだけの予定だったのですが、美女の店員さんの至福の笑みに吸い込まれてテラス席に根を生やしてしまい、しっかりと朝食を頂いたのでした。sweat01

そして食事を取りながらここから先の上り具合を量る意味で、Yおかさんに「ここまではいくらか上ってますか?」と尋ねてみたところ、「ここまでは平坦や」と即答が…。sweat02
思わず「いや、僕らは結構上りました!sweat01」と返すタチさんと盛豚、それを見ながらクスクス笑うきせるさんだったのでした…。(笑)

14092306 

腹ごしらえも済んだところでいよいよ山越えです(Yおかさんの中ではタダのアップダウン…)。

14092307 

だんだん傾斜がキツくなってきます…。

(すいすい上っていくYおかさん。 この後はまるで盛豚がバックしているかのように離れていきました…。)
14092308 

山奥のあっちこっちで第二名神高速と思われる道路工事が行われています。

(デケェ…)
14092309 

やがて大峰山系と暗峠を縄張りとする上り番長のきせるさんの姿が背後に迫って来たかと思うと、盛豚などまるで止まっているかのように「プチッ」と追い越して消えていきました…。sweat02

平地の巡航速度やトップスピードが少々出せるよりも、こうして上りでもペースを落とさずに走れるタイプのライダーの方が〝強い″と思うんですよね。

(上り番長が迫る! 既にタチさんは追い越されたらしい…)
14092311 

上りきったところで先行していたお二人が休憩モードで待機されていました。

(これがホントの一服の図!?)
14092312 

(お疲れ様~。)
14092313 

ここからは尾根周辺でアップダウンを繰り返してから宝塚の山奥へ向かいます。

14092314 

(えっ、まだ上るんですか…?sweat02
14092316 

(田園風景にはお日様みたいに真っ赤なローレーサーが良く似合う?)
14092317 

(稲穂色のローレーサーには稲穂が良く似合う?)
14092318 

心配していた台風の影響による交通規制は思いのほか少なく…、

(えっ、通れないの!?sweat01
14092319 

川下川ダムへと通じるワインディング・ロードは貸し切りの様相を呈していましたよ。

14092321 

(水を得た赤い魚は、それはもう気持ち良さそうに泳いでます…。)
14092322 

川下川ダムに着きました。 他のベントライダーさんの日記で見た事はあったのですが、実際に来たのは初めてです。
NETや冊子でよく見た風景の場所に来ると、何とも言えない達成感があるんですよね…。

14092323 

その後は武庫川沿いに三田方面へと向かいます。

14092324 

武庫川沿いのアップダウンを走っていると(Yおかさんは平坦に走ってられます…)、そこかしこに第二名神高速らしき巨大建造物が…。

14092326 

こんなショボい… 細い橋桁で大丈夫なんでしょうか…?

(でかっ!!)
14092327 

(アップダウンの下りはローレーサー先行で…)
14092328 

(上りになるとプチッと追い越されます…)
14092329 

(まぁ、このお方には上りも下りも関係ないんですが…)
14092331 

このアップダウン区間で盛豚のM5の前輪がリム打ちパンク!(皆さん、お待たせしてしまって済みませんでした。 まぁ日陰で休憩時間を取れたという事で…sweat02
「もしやパンクの神様のご利益では…」という不吉な予感に駆られつつ修理に取り掛かりました(パンクの神様のご利益はタダのパンクとは違って、同じ日に二回とか一週間に三回とかいうカンジでご利益が何度も続きます…sweat02)。

チューブ交換はサクッと済んだもののこのリムとタイヤの相性はイマイチ良くないので(以前フィッティング・芯出しに何時間もかかっています…)、案の定即席作業では芯が出ずにその後は終始前輪の振動に悩まされる事になりました。

やがて山間部を抜けて〝Yおかさんの通学路″に入りました。

14092332 

のどかで良い道なのですが例によって現在地は不明です…。

14092333 

この時期ならではの黄金色の稲穂がきれいですね。 でも現在地は不明です…。

14092334 

道端にはコスモスが咲く季節になりましたね。 いやぁ~キレイなんですけど現在地は不明です…。

14092336 

更に尾行を撒くかのように市街地・住宅街をクネクネと通り抜けて(実はこの間もタチさんと盛豚はさり気なく上り続けていますが、Yおかさんは〝完全な平坦″を走ってられたそうです…)いわしやさんに着きました。

(この画像はお店を出た時に撮影したのですが、14時前に到着した時には行列ができていました…)
14092337 

季節限定の梅しそ冷しかけうどんと一品の天ぷらを頂きました。 流石Yおかさんセレクトだけあって美味でした。 これは再訪決定です!(←道を憶えられたらの話ですが…)

14092338_2 

さてと、帰りましょうかね… と思ったら、きせるさんのハイレーサーの後輪がスローパンク! これはいよいよパンクの神様のご利益なのでしょうか!? ((((;゚Д゚))))

14092339 

無事に修理作業が済んだ後はちょっとだけ上ってから、R176→武庫川CRと下って帰りました。

14092341 

〝肉の日″だったら大劇場丼を食べて帰ったんですけどね…。(笑)

14092342 

.

盛豚は三田・丹後方面にアクセスの良い地域に住んでいますので、ロード乗りみたいにヒルクライムや山越えが好きな人にとっては絶好の環境なのでしょうね。

左膝靭帯損傷の古傷の関係でロードレーサーや上りは避け続けてきた盛豚ですが、リカンベントのペダリングはロードレーサーのそれとは違って踏襲力に頼り過ぎずに済みますし、体重を掛ける事による脚関節への過剰負荷で怪我をする懸念も少なくて済みます。
その上この数年で脚ができてきたりそれなりにペダリングが身に着いてきたせいか、速度はともかく上るだけなら以前よりも上れるようになってきた気がします。

若い頃はオートバイでこうした山越え・丘越えコースでロケーションと滑走感を楽しんでいた事もあり、やはり自転車でもこうしたアップダウンのコースは楽しいと感じるようになってきました。
そのせいか「上りに強いハイレーサーとGPSが欲しいなぁ…」なんて感じる今日この頃です…。

.

参加された皆さん、お疲れ様でした。

また次の機会も宜しくお願いしますね。

.

« LYNXXでフッフッフッ | トップページ | ならぐる 止めポタ »

リカンベント」カテゴリの記事

自転車でお出かけ」カテゴリの記事

コメント

私も前十字靭帯切れてるし、腸脛靭帯炎も克服したので、
鍛えて慣れればどないかなるもんです。
平地200km走れるなら少々の峠は問題ナシ。
後は気の持ちよう。
ローレーサーでもフツーに登れるよ。

お疲れさまでした。
登坂中にも沢山写真撮っておられるあたり余裕じゃないですか!
私なんぞは日頃トライクばかり乗っているせいかバランスを取るのが下手で
登坂中に片手をハンドルから離すなんてとてもとても…

お疲れ様でした。
えむきゅうさんも仰られてる様に上りは経験と気の持ち様で苦手意識は無くなります。
それとマシン云々よりもダイエットが大きな効果をもたらすでしょうね(笑)
我々の仲間内の変態さん達みたいに半年先には盛豚さんも案外クライマーに変身してるかも!

こちら方面の企画も追々やって行きたいのでまた宜しくお願いしますね。

>えむきゅうさん
.
そんなにやってるんですか!? とても靭帯に前科があるとは思えない上りっぷりですね…。sweat01
ロングクランクを使い始めると同時に回しペダリングを強く意識するようになった頃から靭帯に悩まされる事は減りましたけど、実は今でも高いギヤで踏みペダリングをすると左ヒザが抗議し始めます…。
.
>ローレーサーでもフツーに登れるよ。
.
フツーっすか…sweat02

>きせるさん
.
お疲れ様でした。
こうして見ているときせるさんの上りってカッコイイですよねェ~。
実はワタクシ、こっそり何度も止まりながら上ってたんですけどね…。(苦笑)

>Yおかさん
.
お疲れ様でした。
特に初めてのコースなど「いつまで続くのか分からない上り」ほど、止まってしまう回数は多いと感じています。 先日の穴虫峠も以前鉄下駄号で言った時には二~三回止まりましたが、今回はコースというかどこまで上ればピークを越えるのかを知っていたせいか、ノンストップで上れました(「穴虫峠を一気に越えられなくてどうするねん」という話なのですが…)。
某サイトのYおかさんの日記に写る後姿を見て、「これはイカンなぁ…」と思った次第ですが、Yおかさんに遊んで貰って食いしん坊ハシゴポタをしていると、ダイエットからますます遠ざかっている気がする今日この頃です…。(苦笑)
毎度上りの度にお待たせしてしまうと思いますが、こちらこそまた宜しくお願いしますね。

この記事へのコメントは終了しました。

« LYNXXでフッフッフッ | トップページ | ならぐる 止めポタ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ