最近のトラックバック

« 自走でアワイチに行ってみよう! | トップページ | 丹波篠山味まつり 2015 »

三田グルメツアーに行ってきました

先週末は三田グルメツアーに行ってきました。

15100400

.
Force5の暫定仕様で繰り出した先日のアワイチではまずまずの手応えを得られたのですが、その一方で灘土生を含む二箇所の激坂で一部ブースターに頼ってしまった為、〝上りの為のForce5″として一定の仕上がりに達しているのか否かを再評価せざるを得なくなりました。

上りの評価となるとこれまでに同じコースをLYNXXとLM5で走った経験のある三田方面へと続くルートを走ってみれば、同一条件下で直接比較した評価が出来ます。 ついでにいわしやさんへ久し振りにうどんを食べに行きたいところですが、実は三田→西宮間の一部郊外区間のコースを覚えきれていません。
無理に単独行で向かったものの山の方で迷子になったらシャレになりませんので、Yおかさんに遠回しなおねだりをして久し振りの三田方面ツアーに参加する形で繰り出しました。

15100401_2 

三田方面へ行くには自動車ならR176が鉄板ルートかもしれませんが、交通量が多いわりに道幅が狭くて長い上り坂を自転車で上るのは得策ではありませんので、自転車でも走り易い猪名川から北摂里山街道を通る郊外ルートがお馴染みです。

そしてこの北摂里山街道のアップダウンや千刈C.C.越えのアップダウンこそ、盛豚にとっては格好の「上りの実力を測るテストコース」なので(今回はグルメ以上にこれがお目当てです)、これまでもLM5やLYNXXの駆動系を見直す度にこのルートを走って最終評価をしてきました。

まずは池田から猪名川を遡行して…、

15100402 

道の駅猪名川から北摂里山街道の上り区間が始まります。 上り始めて程なく手応えが伝わって来ました。

15100403 

「軽い…!」

斜度が強くなって来るほどに軽快感が際立ってきます。 確かに比較対象となるLYNXX(NET車重:17kg)やLM5(NET車重:15kg)に比べればはるかに軽いForce5(NET車重:12kg)ですが、実は元々の上りの実力だけで比較するとトリプルクランクを搭載しているLYNXXは車重の差を覆してLM5よりも良く上ります。

LM5のシートを加工して呼吸対策をした今でこそ上りの実力差は逆転しましたが、トリプルクランクやMTB用カセットスプロケットによって、低速域のパワーバンドも広くて上りに強いギヤレシオを持っているLYNXXの上りの実力は、決して侮れない物があります。
少なくともLYNXXにLM5と同様の加工シートを取り付けたら、上りの実力は再び逆転するのは間違いありません(とても手間がかかるのでやる気になれませんが…)。

ですがForce5は上りの実力で比較的拮抗しているそれら二台と比べても、明らかに差があると言えるほど良く上る事が感じられました。

15100404 

この区間をフロントアウター一本で上り切ったのは初めてでした。 確かにLYNXXやLM5のアウター50Tに対してForce5はアウター48Tと若干低めですが、リヤをローまで落としたのはごく短時間だけでほとんどは2・3速と、終始LYNXXやLM5の時よりも高めのギヤレシオで上り切りました。

15100406 

そのまま進んで千刈で北摂里山街道に別れを告げ、いよいよこの日の盛豚的メインイベントである千刈C.C.越え区間に臨みます。

15100407 

流石にこの区間ではフロントインナーまで落としたものの2・3速を多用して、やはりLYNXXやLM5に比べれば比較的軽い負担で上る事が出来ました。 しかしながら最終的にはこの区間でインナーローまで使い切ってしまいました。

Force5で目指しているのは「LYNXXやLM5よりも楽に上ればいい」などというレベルではなく、「LYNXXやLM5ではとても上って行けない所まで単独でも行けるようになる事」であり、アップライト自転車で例えるなら「スピードではロードレーサーには及ばずとも、ランドナーとスポルティーフの長所を併せ持った力強い車輌」ですので、目指す高みを手にする為にはギヤレシオについてまだ検討の余地がある事は否めませんでした(現にこの仕様で淡路島の灘土生後半を自走でクリヤーできていないので…)。

(今までよりは楽だったけど、もう少し余裕というか保険が欲しいところです…)
15100408 

上りテスト区間も無事終了して三田市内に入りこの日最初のグルメポイントへ向かいます。 ちょうどお腹も空いてきた頃に蕎麦 一さんへ到着しました。

15100409 

こちらでは蒸し三田ポークとお蕎麦の大盛りを頂いたのですが、これがとっても美味でした!

(リピート決定です!)
15100411 

腹ごしらえが済んだのでお次は食後のデザートを目がけて走ります。 緩やかなアップダウンを繰り返して三田市の郊外から三木市へと向かいました(多分Yおかさんとkimotoshiさんの記憶の中では「平坦な道を走っていた」のだと思います…sweat01)。
その道中では季節がら稲穂が満ちて黄金色に染まった田園風景が広がっていて、そんなのどかな風景を眺めながら走っていると何だか満ち足りた気分になって来ます。

(開放感に満ちた里山と田園の風景が…)
15100412 

実は盛豚、ハイレーサーのForce5を手に入れた理由はこうした郊外の田園風景や山間部の風景を眺めに行きたいと思ったからでした。
実際にこうして郊外の景色を眺めながら走っているとただそれだけで十分に心地良く、良好な視界を確保しながら上りにも強いハイレーサーなら、こうしたアップダウンの続くコースでも盛豚の身体能力と上手く折り合いをつけてくれる事を実感できました。

(のどかだねェ~)
15100413 

そしてとある丘を登り始めて間もなく…

15100414 

この日二番目のグルメポイントである西山牧場アイスクリーム工房BOSS&MOMさんに到着しました。

(もっと上ると思っていたのに上り始めてすぐ着いてしまったのでちょっと拍子抜け…?)
15100415 

(手前の篭の中には…)
15100416 

(道を挟んで向かいには牛舎が…)
15100417 

牧場があるだけあって辺りを見回すとそりゃあもうのどかでイイ感じですね。

(こういう「何にもない感」は好きですね~!)
15100418 

お店の中に入ると目移りするほど沢山の種類が!

15100419 

散々迷った挙句〝牧場ミルク″と〝パンプキン″のジェーラートを頂きました。

(麿は満足じゃ!)
15100421 

美味なジェラートに舌鼓を打った後は来た道を途中まで引き返して、アップダウンが続く郊外の道を一路西宮方面へと向かいます。

(あっ、コスモスが…)
15100422 

この日最後のグルメポイントとなるいわしやさんに到着しました。 昨年後半に定例行司に昇格したいわしやさんを訪れるポタでしたが、年始早々に海よりも深い事情によって定例を解除になって以来久し振りの訪問です。
一縷の望みを抱いて店内に入ると…

15100423 

ごちそうさまでした。 相変わらず腰の強い自家製麺が食べ応え満点で美味ですね。

(相変わらず食べ応えは満点で美味でしたが心の渇きは…sweat02
15100424 

今回はヤケに早く食べ終わってアッサリとお店を後にしたYおかさんと盛豚だったのでした…(もう少しの間は念の為パトロールをすべきか迷うところです…)。

その後はR176を下って武庫川C.R.経由で帰る事に。

(影が長くなる季節がやって来ましたね…)
15100426 

こうして見ると二年前には想像もしていなかったほど身の周りでハイレーサー率が高くなりましたね。

15100428 

参加された皆さん、お疲れ様でした。
企画・引率して下さったYおかさん、ありがとうございました。

また次の機会も宜しくお願いしますね。

.

« 自走でアワイチに行ってみよう! | トップページ | 丹波篠山味まつり 2015 »

リカンベント」カテゴリの記事

自転車でツーリング・ロングライド」カテゴリの記事

コメント

軽量ボディーにストレートでロスのないチェーンの取り回しでハイはローより2枚程重ギヤで上れてしまうし上りは楽ですね。
おまけに風景も楽しめるし、郊外では最高ですね♪
どちらかといえば上りを避けてきた盛豚さんですが、今後は行動半径が広がりそうですね!

>Yおかさん
.
全くもって仰る通りですね! 気が付いたらローより2速高いギヤで上っていて、それでいてローよりも楽なので驚きました。
正直言ってLM5の加工シートが出来上がってからは「ハイレーサー並みに上ってるんじゃないかな!?」なんて思ってましたけど、Force5を手に入れてから見知った上り坂を走る度に「まるで今まで時間を無駄にしていたかのような気がする…」という思いに駆られます。(苦笑)
次のクランクの準備がほぼ揃いましたので、シェイクダウンを済ませたら今月~来月上旬辺りで美山に挑戦してみようかなと思っています。

この記事へのコメントは終了しました。

« 自走でアワイチに行ってみよう! | トップページ | 丹波篠山味まつり 2015 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ