最近のトラックバック

« WILD TURKEY AMERICAN HONEY | トップページ | 2016年 年の瀬 »

託す思い

諸般の事情によりLM5ローレーサーを次のオーナーへと託す事になりました。

16120401

.
これまで基本的に獲得記事を書く事はあっても後を託す記事は書いて来なかった盛豚ですが、今回は車輌が車輌なのでその区切りとして記しておく事にしました。

.

思い起こせば三年前、Yおかさんにご助力頂いて前オーナーとコンタクトを取る事に成功して、このLM5ローレーサーを受け継ぎました。

この個体は盛豚が受け継ぐよりも以前から、フロントフォークを純正のモノブレード(片持ちフォーク)からNAKAGAWA社製の特注フロントフォークに交換されており、トレールオフセットは±0mm・フォーク長は純正品対比+30mmと若干ジオメトリーが変更されていました。

16120402 

その時にオドメーターに刻まれていた走行距離は453km、新品の電池に交換してそれ以降の日々で盛豚が走った走行距離が3,880km。 把握できている走行距離はそが全てです…。

.

仕様を仕上げていく事と走る事の喜びに夢中になっていた一年半。 そしてローレーサーを車道で運行する事の重みにようやく気が付いて、仕様変更した後は地元のCRでの走行に限定して楽しんだ一年半…。

積み上げた走行距離こそ大した物ではありませんが、ビワイチや淡路島を始めとする色々な場所へ走りに行った思い出の一つ一つが、盛豚にとっては輝かしい財産です。
特にR43やR25のハイスピードステージではライダーの圧倒的な実力差を車体の性能が補ってくれて、短時間ながら地域の実力者諸氏に追随して走れる喜びを与えてくれた事は決して忘れません(流石に某サイボーグの黒い隼や某物欲魔人にはチギられましたが…sweat02)。

16120403 

ただ一つ心残りなのは、仕様変更当時に純正ステムが手に入らず(今なら関目が取扱店になっているので何とかしてくれると思いますが…)在り合わせの流用品(ワイヤー類内蔵の物)で組み上げてしまったせいで、ワイヤー類にステアリング系の動きが束縛されて本来のソリッドなハンドリングが影を潜めてしまい、外観上の美観的にも完成の域まで仕上げてやれなかった事です。

.

ずっと手元に置いて愛用し続けていたかったのですが、一身上の都合により従来通りの自転車生活やブログ活動を継続する事が困難になった為、このまま希少なLM5を手元で死蔵させてしまうくらいなら、造詣が深くて環境が整っており理解のある方の手に委ねるべきだと考え、予てよりその意向を表明して下さっていた最も信頼する方の手に後事を託す事にしました。

引渡しにあたり、「しろいねこさんのオフ会参加が実現するなど来阪される時は、ご本人が事前に試乗希望の意向を表明されるようであれば、可能なら乗って来て頂ける事を希望します」という旨、盛豚の意向を伝えました。

本来なら手放す者が引き継ぐ側に対して注文を付けるのは好ましい事ではありませんが、物が物で事情が事情ですし可能ならという事でご容赦下さい…sweat01

16120404 

ツカモトさん、後は宜しくお願いします。 奥さん、ご理解頂いて本当にありがとうございました。

私が手に入れてからは一通り手を入れて私の仕様を仕上げたように、前オーナーである私に遠慮する事なくツカモトさんの仕様に仕上げて可愛がってやって下さい。

.

16120405 

LM5ローレーサーよ、

見かけだけ健常者の私にも走る喜びと数々の楽しい思い出を与えてくれて、本当にありがとう。

お前の事は決して忘れないよ。

いつまでも達者で走ってくれる事を心から祈っています。

.

« WILD TURKEY AMERICAN HONEY | トップページ | 2016年 年の瀬 »

リカンベント」カテゴリの記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ