最近のトラックバック

« 2017年 新年挨拶 | トップページ | X-Pro2 »

季節の風景便り

年末に注文しておいたポストカードが仕上がってきました。

Img_0222


.
盛豚は一眼レフカメラを手に持つようになって二十余年になりますが、それと負けず劣らず以前から自分が撮った写真で年賀状やポストカードを作っています。
そうは言うものの自転車趣味に熱が入るようになってからは、年賀状だけになっていたというのが実情です。

そんな忘れかけていた趣味を思い出させる出来事が、昨年起きました…。



昭和の転勤族の家庭に育ち、宿命的に幼馴染みという存在がいなかった生い立ちの盛豚ですが、そんな何処か乾いたところのある人生にもそれを癒すかのように今なお続くオアシスのような定期同窓会が二つあります。
一つは柏で過ごした中学時代最後のクラスの同窓会(流石に関西からでは滅多に出席できませんが…)、もう一つは関西に引っ越して来て最初のクラスの三年周期の同窓会です。

後者は今も近いという事もあってなるべく出席しているのですが、この同窓生の中には病弱で卒業後に入退院を繰り返している方が一人います。 その方が昨年の春先に体調を崩して一時は危篤にまで陥ったのですが、幸いにも容態は持ち返しています。
この方とは十年くらい前に盛豚が同窓会の持ち回り制の幹事を務めた時から年賀状だけはやりとりしていたものの、この数年は体調が芳しくないと風の便りに聞こえていただけあって返信は届いていませんでしたが、特に気にする事なく書き続けていました。


そして二回振りに出席した作秋の同窓会の時に、ここ数年のその方の容体について今なお近しくされているという同窓生諸氏や先生(先生も同窓会には毎回出席して下さっています…)から話を伺い、その方がもうずっと入退院を繰り返して外出もままならない年月を送っているのだと知りました…。
転校して来た年に脳梗塞で倒れた祖父の介助を手伝っていた関係で人付き合いの浅い学生時代を過ごした影響もあったとはいえ、事がここまで深刻だったとは知らなかった自分を恥じ入ると共に、「今更だけど自分にも何かできないだろうか?」と考え始めました。

時はちょうど紅葉のピークを迎えようとしていた頃でした…。



「外出もままならないあの人へ紅葉の景色を届けたい。 届けよう…」 そう思いました。



そうは言っても手持ちに手頃なストックのポストカードがなかったので、すぐさま毎年のように通っている東福寺の光明院へと赴いて一日中撮りまくり、翌日にはマンリー商会さんへ飛び込んでウルトラ超大至急の納期で注文しました。


積年の付き合いのお陰もあってかかなり早く仕上がってきたポストカードを季節感がズレない内にとすぐさま投函すること数日…、同窓生を通じてお礼の知らせが届きました。
ポストカードを作るのは好きでも字が汚いので実は書くのが苦手だったりする盛豚ですが、この季節の風景便りは今後も続けていく事にしました。

Img_0225

時期的に年賀状が済んだところなので今回仕上がってきたのはその次に出す冬の風景便りです。
今回選んだ作品は十五年以上前に盛豚が雪山をやっていた頃に撮った物で、ネガが経年劣化して変色してしまっていたのですが、マンリー商会さんが何度も補正をかけて本来の発色を上手く再現してくれました。

この冬の風景便りの投函は月末頃の予定です…。

.

« 2017年 新年挨拶 | トップページ | X-Pro2 »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ