最近のトラックバック

« ネイチャー写真と“光と陰” | トップページ | 2018年 年の瀬 »

雨上がりと夕日

夕日とか夕暮れ時というと夏のイメージが強い気がしますけど、案外冬の夕暮れ時の雰囲気も綺麗だと感じます。

 

Img_2781_2

.
前夜からの雨も午後になって雨足が緩くなったので、何気なくカメラバッグを片手に当て所ないドライブへ出かけました。
鍋谷峠を横目に鍋谷トンネルを抜けて紀ノ川を渡り、「雨の寺院も趣があっていいかな?」と期待してそのまま高野山へ登るもその道中で雨が上がってしまいました。 金剛峯寺に着いてもイマイチ中途半端な天候のせいでこれまたイマイチな絵面にしかお目にかかれなかったので、素直に諦めて引き返すことに…。

 

(降るにしろガスるにしろもうちょっとパンチが欲しいところです…)
Img_3411

 

帰路で「思いつきの無計画が祟って空振りだったけど、本格的な冬に向けての足慣らしだと思えばいいかな…」などとぼんやり思いながら運転していたその時、突然辺りが “光と陰” に包まれるのを感じました。
慌てて車を止めてカメラを取り出し歩き回ると、雲間から冬特有の軟らかい夕日が差してきます…。

 

Img_2780

 

Img_2782

 

Img_2783

 

少しばかりシャッターを切ってから再び帰路につきました。
すると暫し走って鍋谷トンネルに向かう登り坂の序盤で、再び辺りが “光と陰” に包まれるのを感じたのでまた車を止めました。 今度は僅かな時間でしたがまた少しばかりシャッターを切ってから再度帰路につきました。

 

Img_2785

 

この冬はあっちこっちへ気の赴くままに撮りに行きたいと思っているので、先日乗り換えた車でも雪道やアイスバーンに対応できるようにスタッドレスタイヤを手配することにしました。

早く届かないかナ…。

 

.

« ネイチャー写真と“光と陰” | トップページ | 2018年 年の瀬 »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨上がりと夕日:

« ネイチャー写真と“光と陰” | トップページ | 2018年 年の瀬 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ