最近のトラックバック

« 続:あらぎ島を訪ねて | トップページ | のんびり奈良へ »

竹田城跡

先日、寒波の襲来に合わせて竹田城跡を訪れてみました。

Img_3671

.
『天空の城』のキャッチフレーズで知られる山城跡の竹田城跡ですが、最近では地元自治体も維持整備や冬季の入場規制など急激な観光客の増加対策に追われているようですね。

 

盛豚も以前この城跡を訪れて実際に入場したことがあるのですが その経験論として、どちらかというと京都の金閣寺みたいに「城跡そのものに入場することに拘るのではなく、離れた所から眺めてみてナンボの物」なのではないかと感じました(「金閣寺を見て感動した」という観光客はいても「金閣寺の中に入れなかったので不完全燃焼だった」なんて不満を言う人はいませんよね。 それと同じようなモンです…)。

 

(眺めて美しい金閣寺には大勢の観光客が入れる広めのビューポイントが設置されていて、建物や庭園などに負荷をかけることなく観光客が満足できる環境が整備されています)
Img_3082

 

そこで何年振りかで訪れる今回は周辺の展望台から鑑賞する方向で(どのみち冬季は城跡に入場したくてもできませんけどね…)下調べを進めました。

 

.

 

狙うのは寒波の襲来にタイミングを合わせて雪化粧の竹田城跡の絵面を撮ることなのですが、雪そのものについては運次第だと割り切って行ってみることにします。 「明日は寒波が来て冷え込みますよ〜」という予報が出た晩に早寝して、翌日は夜明け前から小さな車にカメラを積み込んでえっちらおっちらトコトコと走って朝来へ向かいました。

 

下調べの段階で今回の目的地は周辺に複数ある候補地の中から立雲峡の展望台に絞り込みました。
おそらく周囲から眺めるビューポイントという意味では定番というかありきたりなのではないかと思われますが、こちらは駐車スペースや展望台も整備されているという明確な情報が掴めていたので、路上駐車だの環境破壊だのといった負荷の懸念が少なかったというのが、ここを選んだ一番の理由です。

 

ナビアプリが「2時間ちょいで着くで!」という道のりを休憩込みで4時間近くかかって現地入りしました。 前日の天気予報は60%の降水確率で雪予報だと言っていたのですが、展望台の駐車場へ到着するまでに雪の気配は見当たらなかったので、まぁなんというか気負うことなく入山しました…。

 

(立雲峡では遊歩道や展望台や四阿なども含めて色々と維持管理されている環境整備への協力金を支払って入山します)
Img_3694

 

小雨が降る中を歩き出したのですが幸いにも道中に何箇所か四阿が設置されていた為、雨を凌いでカメラの出し入れやレンズ交換の作業をするのに困ることはなかったので有り難かったです。

 

(遊歩道の道中で何箇所か四阿が設置されています)
Img_3687

 

三脚持参の写真家がよく訪れることを想定されているのであろう展望台が道中で二箇所ありました。

 

(三箇所あるという情報だったのですが…)
Img_3683

 

到着した時はシルエットしか見えなかった竹田城跡も…

 

Img_3008

 

遊歩道を歩き始めて程なくその姿が見え始めました。 歩いているうちに小雨が雪に変わることもしばしばありましたけど、それでも積もるほど降ることはありませんでした。

 

Img_3025

 

スッキリ見えた時もありましたけど光線に恵まれず、何より雪化粧を目当てに来ていたので 雪に霞んでいるくらいの方が見応えがあったかナ…(苦笑)

 

Img_3031

 

これ以上の雪は期待できそうになかった一方で、竹田城跡そのものだけでなく周囲の水墨画のような山景も味わうことができたので、お昼と温泉を求めて移動することにしました。

 

Img_3036

 

その道中で「そばの店」という看板が目に留まり、県道を逸れて分け入った先にあるそばの店右衛門五郎さんに吸い込まれてちょっと寄り道です…。

 

(県道277号線脇にある丘の中腹あたりにそのお店はありました)
Img_3696

 

お店の方が大きな窓枠を額縁に見立てた遠景が売りのカウンター席に案内しようとしてくれたところを、わがままを言って窓辺の席に通して貰いました。 お店に入る前から目の前の段々畑の風景に目を奪われていたもので…。
そのせいでカウンター席が意味するところに気づいたのは、もう食事も終わろうかという頃になってからでした。(苦笑)

 

(段々畑の風景を眺めたくて窓辺の席に通して貰ったのですが…)
Img_3042

 

(上の画像の左奥、段々畑の向こうに竹田城跡が見えているのだと気づくのには時間がかかりました…)
Img_3053

 

ちなみにこちらで頂いたのはおむすびと…

 

Img_3043

 

野菜天ぷらと…

 

Img_3044

 

岩津ネギ天そば(岩津ネギは日本三大ネギの一つに数えられていて、このお蕎麦は季節限定メニューとのこと)です。

 

Img_3046

 

特にPRは書かれていませんでしたがおむすびや天ぷら用に使われている塩も結構な一品らしく、非常に美味でした。 そしてお蕎麦もたいそう美味だったのですが、特に岩津ネギも含めて天ぷらの類が猛烈に美味しゅうございました。m( _ _ )m

 

お蕎麦や野菜類の天ぷらが好きな方がこの地域を訪れるのであれば、お食事については是非にと自信を持ってお勧めしたいお店でした。

 

.

 

腹ごしらえが済んだ後はよふど温泉さんで温まってから…♨️

 

Img_3706

 

竹田城下町を散策してゆっくりと鑑賞していきました。
城下町の城跡に面した通りは神社と寺院がビッシリと並んでいたのが印象的でした。

 

Img_3056

 

Img_3059

 

Img_3063_2

 

(見上げるとそこには城下町を見守るかのように佇む竹田城跡の石垣が…)
Img_3086

 

Img_3088

 

Img_3089

 

Img_3090

 

Img_3091_2

 

この冬はしっかりと雪が降った時に限ってうまく時間が取れなくて残念でした。
もう一回ドサっと降ってくれたらその時こそは…。
.

« 続:あらぎ島を訪ねて | トップページ | のんびり奈良へ »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 竹田城跡:

« 続:あらぎ島を訪ねて | トップページ | のんびり奈良へ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ