最近のトラックバック

ファースト・ロット (ニッコールS Auto 50mm f1.4)

我ながら懲りない奴だとは思いますが、またニッコールの標準レンズを手に入れました。
実は色々と迷ったのですが 今回はこれまでとは異なるスタンスと動機から 入手に踏み切りました。

Ns01

» 続きを読む

2023年 年の瀬

今年も残すところ僅かとなりました。

Img_e3247_20231230214201

» 続きを読む

Ai 対応(ニッコールS Auto 50mm f1.4 Ai改)

かつて一眼レフ用の古いニッコールレンズ(ニッコール Auto やニューニッコール)には Ai 対応というメーカー純正改造サービスがありました。

Img_e3263  

» 続きを読む

4レンズ水平テスト

今年の紅葉は一つのスポットに絞り込んで通いながら撮りました。
最後の回にはもう少し朱に染まった十字紅葉の画を撮れる筈だったのですが、残念ながら直前で現地が豪雨に見舞われてしまった為に 散り落ちて空振りに終わってしまい、前回撮ったこの画が一番マシな色づきでした…💧

Dscf18001

» 続きを読む

メガネは良くなった

最近のメガネは昔の物に比べて造りが良くなりましたね。

5afe2f9962d24c02b27187d98bdec1fd 

» 続きを読む

『GP Car story vol.44  Wiliams FW15C』(三栄書房)

1990年代前半のF1で急激な電子制御・ハイテク化により成功を収めたウィリアムズF1チームに対抗するには 同様に電子制御・ハイテク化を避けて通れないことは明白でしたが、FIAは「それは同時に開発コストの過度な高騰によるコンストラクターの破産の多発というリスクも意味する」と称して 電子制御式アクティブサスペンションをはじめとするハイテク機器の規制に乗り出します。

ウィリアムズFW15Cはその時代の狭間に立った最後の電子制御式アクティブF1マシンとして知られています。

23092601

» 続きを読む

暑気

暑いですね…

Dscf6692

» 続きを読む

風を撮る

本来 目には映らない物の姿が見える…
たまにそんな瞬間に出会えることがあります。

Dscf21659

» 続きを読む

遺構

近年楽しんでいる趣味の中に不思議な風景を訪ね歩いて見学し撮り収めるというものもありますが、その対象となる物の中には遺構も存在します。

Dscf14551

» 続きを読む

蓮遊び

若い頃は撮りに行きたい日に限って雨が降ると恨めしく思ったものですが、最近は雨の日なりの画を撮ろうという気になれる時があります。

Dscf6130

» 続きを読む

«不思議な風景

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ