最近のトラックバック

« メンテナンスの話 | トップページ | ヘッドパーツの話 »

自転車の灯火について

今回はいつもにも増して頑張って書きます。 長い文章のわりに表現力が不十分で解りにくいところもあるかもしれませんが、最後までお読み下さり、参考にしてやって頂ければ幸いです。

「安全の為、暗くなったらライトを点けましょう。」誰でも聞いたことがある言葉だと思います。 言葉どおり安全のための呼びかけです。 では、どのくらいの暗さになったらライトを点ければ良いのでしょうか? 自転車乗り読本みたいな本でさえ、あまり詳しく述べられていない気がします。 そこで盛豚なりに考えてみました。 

車輌の灯火が義務付けられている目的は、

 ①『車輌の存在・位置を周囲に知らせるため』

 ②『運転者の視界を確保するための照明としての役割』

などが代表的です。 ②の重要性については車輌を運転する人なら誰もが経験済みだと思いますが、①については②ほど充分に認識されていないような気がします。 そして①を重要視すると、意外と早い時間帯からライトを点けるべきだということが解ってきます。

目安としては暗くなってからではなく、『暗くなる前にライトを点ける』と表現したいと思います。 『ライトの光が見える時間帯』になったらもう点けてしまいましょう。 例えばライトを点けっぱなしにしている自転車とすれ違ったとします。 日差しが強い日中では周囲が明るいので、自転車のライトが点いていることに気づきません。 しかし日差しが弱くなって、夕方の始まりとも言える時間帯になると、「あっ、あの自転車はライトが点きっぱなしだ!」とわかる様になりますね。 これが『ライトの光が見える』ということであり、光の存在が目に訴えかけてくる現象です。 すなわちライトの効果が表れていることを意味します。 効果があるのならライトを点ける甲斐があるというものです。 「まだ周りが見えているから…。」などと言わずに、ライトを点けましょう!

 

Dscf04761 

7月11日17時に街中でライトを点灯してみました。(しかも手でペダルを回していますので、実走行よりも発電力は弱いはずです) 特に暗いとは感じていないのに、こんなにライトの光がはっきり見えます。 つまり自分が思っている以上に、すでに周囲は薄暗くなっているのです。

.

その昔、オートバイの世界では「バイクは昼間もライト・オン!」という安全標語がありました。 この標語が広まったことで、オートバイと自動車の右直事故(直進するオートバイと右折する自動車が正面衝突する事故です。)が半減したそうです。 ダイナモ式ライトではペダルが重くなることに抵抗感があるのなら、電池式のライトを着ければ解決できます。

盛豚のブロンプトンM3Rには、標準装備でダイナモ式ライトが装着されており、今でも愛用しています。 たまに周りの人から、「ダイナモって、点けるとペダルが重くなってイヤじゃありません?」と訊かれることがあります。 確かに点けると重くなりますが、イヤだと思ったことはありません。 「人の命を守る安全の重みを、ペダルの重さが教えてくれているのだ。」と思えば、むしろ頑張れるくらいです。

安全を高めることは、大変価値のあることだと思いませんか? さあ、今日からはいつもよりちょっと早めにライトを点けてみましょう!

.

拙い文書を長々と書き綴ってしまいましたが、最後まで読んで頂いてありがとうございました。 また、添付画像の撮影にあたり、快くご協力下さった柏餅さんには、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

« メンテナンスの話 | トップページ | ヘッドパーツの話 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

>『車輌の存在・位置を周囲に知らせるため』

車道を走るケースでは前照灯も(点滅スピード、色も青・緑とか)タイプの違うライトをもうひとつ装着するとより効果がありそうですね。

こんばんは。
昨日はいろいろとありがとうございました。
大変参考になり、ダイナモ装着が楽しみです。
ライトの選定についてはまだちょっと悩んでいますが、、、

暗くなってから河川敷を走っている時の対向車のライトですが、LEDのものより電球タイプのものの方が目立つような気がしています。
実際に明るいのはLEDなのかもしれませんが。
赤トラ乗りさんのアイデアを取り入れるとさらに良さそうですね。

>赤トラ乗りさん
灯りを着けるだけでなく、どんな灯りを着けるのか? 工夫によって更に安全を高めるのは良いことですよね。

>柏餅さん
コメントありがとうございます。 ようこそお越し下さいました。
こちらこそ昨日はブログ用の画像撮影にご協力頂きまして、ありがとうございました。 灯火類につきましては機能だけでなく趣味性の面でも色々な選択肢がありますので、楽しく迷えますよね。
LEDは光量が強いのはいいのですが、電球タイプに比べて光の波長の関係から、人間の視覚的には距離感がつかみにくいのが難点です。
灯火類に関心を持つことは安全に関心を持つことでもあります。 柏餅さんの灯火類の仕様がどう仕上がっていくのか、楽しみにしています。

こんばんは。
土曜日、入れ違いでしたね。
もう少し居てれば良かったです。
ブロのダイナモはほんまエエですね。
僕はブロはダイナモ、もう1台はLEDと両方使ってますが、LEDは電池の事もあるので、ついつい暗くなってから点灯しがち。
目的1を頭ではわかっているつもりでしたが、
もう少し意識しないといけませんね。

>A2Cさん
LEDはついつい「電池が減る…。」という気がしてしまい、どうにもそわそわしてしまいます。 その点、ダイナモはペダルが重くなるだけですので、私としてはむしろお得な気分が味わえるので、気に入ってます。(笑)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自転車の灯火について:

« メンテナンスの話 | トップページ | ヘッドパーツの話 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ