最近のトラックバック

« 『Coast to Coast』に憧れて⑫ | トップページ | 盛豚は甘い物が好き! »

自転車販売店さんとの『お付き合い』

盛豚は自転車を楽しむ生活のために、お世話になり面倒を見て頂くお店との関係は、大切にしなければならないと考えています。 言葉にして表すのなら、

『お店との付き合いは人付き合いであり、お世話になる方との信頼関係である。』

と考えています。
ですからお店選びや買い物は『商品の価格』ではなく、『ここのお店のこの人は、確かな技術を持っておられるのだろうか? そして心を開いて信頼を交わす事ができる人なのだろうか?』という選択基準で行っています。

自転車の事に限らず、人は買い物をする立場になると忘れ物をしがちだと感じます。 盛豚は経験的に、その忘れ物によって失うものは大きいと考えています。 その忘れ物の名前は、

『初心と謙虚』

です。 

自分の無知を自覚しない消費者ほど、「自分はお金を払う客なのだから、自分と店員の関係は上下関係だ。 相手が全て自分の要求を満たし奉仕するのは当然だ。」という勘違いよる驕りが強いように感じます。
そして買い物をした後にも、自分が日頃のメンテナンスを怠っているのに、「ネジがゆるんで外れた!」とか、「壊れた。 不良品を売りつけやがった!」 とか、「頼んでない物を売りつけようとした!」などと、自分の怠慢を棚に上げて責任転嫁をするような、人として恥ずかしいことを平気でしています。

自分がこれから買い物をする立場という『無知な初心者』であることを自覚できたら、経験と知識のある店員さんに対して横柄な態度などをとらず、素直に教えを請い、店員さんの丁寧な応対に対して、自分は誠意ある初心者としての言動・態度を示す事にしています。 そうすればたいていの店員さんは、その方が知る限りの説明や、様々なアドバイスをしてくれます。 その後に自分がすることは、

『色々と教えて頂いて、有難うございました。』

と、自然に笑顔で頭を下げてお礼を言って、感謝をしながら買い物をする事だけです。 こうして『私はあなたを信頼したいです。 私を信頼して厳しいことも教えて頂き、これからも面倒を見て頂けませんか?』という気持ちを示して、後は相手の方の出方という返事をじっくりと見ていきます。 価格は求めていません。

盛豚が考える最高の買い物は、『品物の購入と一緒に、相互の信頼関係を手に入れる事』です。 これはなかなか見つかりませんし、値段も付いていません。 そしてお金を払っても買えません。 自分が『初心と謙虚を持ち、相手を信じること。』を支払うことで、初めて手に入れることが出来るのだと思っています。

盛豚は出会いに恵まれましたので、信頼できる方がいます。 必要に迫られてカスタムをする時にも、その理由や趣向・意向を伝える事から始めます。 そして賛同を得る事ができたら、初めてそのカスタムをお願いします。 信頼しているから相談ができるし、相談に応じてもらえるのです。

自動車のエンジンを自分で組む盛豚ですが、自転車に関してはその方に手を入れて頂くこの関係が、とても心地よいです。

幸せな自転車生活です。

« 『Coast to Coast』に憧れて⑫ | トップページ | 盛豚は甘い物が好き! »

自転車」カテゴリの記事

コメント

赤トラもブロンプトンを購入するまで典型的なそんな客で、恥ずかしながら定価で購入にも疑問を感じました。

運良く盛豚さんと毎日お話できる環境にあり、お金で買えないプライスレス的なお話を伺い確かにお店とのお付き合いについてそう感じるようになりました。

今お世話になっている自転車販売店の方には全幅の信頼を寄せています。理由は「ただ売れればいい」というお店が多い中、個々の顧客ごとのサイクルライフをよーく見て提案してくれています。

ハードに使うユーザーにはごまかしの部品修理でなくできるだけ部品ごと新品に交換を勧めます。ずっとブロンプトンを乗り続けたいので赤トラには少々高くても確かなパーツを提案してくれています。

ただただ売れればいいとか、安く修理できればそれが本当に顧客のためになるのか等考えさせられます。

赤トラはブログをしていませんが、ブログのコメントにも重々気をつけるようにしています。

>赤トラ乗りさん

わかるでしょ? 私がブロンプトンを買うお店のオープンを待った理由。(微笑)

見た目では壊れていない部品の交換を進めてくれる人がいる訳は、『いつ壊れてもおかしくない危険な状態まで消耗しています。 壊れてあなたが事故を起こし、怪我されては大変だと心配です。』という有難いメッセージなのですよね。

本当に、いいお店に出会えたものです。

こんばんは。本日お世話になりましたいずみです。
今日は楽しくためになる時間を本当にありがとうございました。

盛豚さんの考えに賛成です。
よい買い物をしたければよい店員さんと信頼関係を築くことが必須です。特に自転車のような長いお付き合いになるアイテムでしたらお店との信頼関係は絶対必須です。
信頼を得るにはまずは自分が相手から信頼を得られる行動をしているか、態度をしているか、が重要ですよね。
今日のことで自分のお手入れがまだまだで勉強不足だな、と痛感しました。少しづつでも知識が増えていけばいいな、と思います。

自転車のように後々のメンテナンスが必要な買物の場合は僕もそう思いますね。
ただ、その必要のない商品を買うときや、
あまりにレベルの低い店員さんが相手の場合は、
僕自身、対応が変わってしまうように思います。
ほんとはいけないんでしょうけどね(笑)

>いずみさん

いらっしゃいませ。(笑)  コメントありがとうございます。

こちらこそ楽しいひと時をありがとうございました。 そしてこのログにご賛同下さり、ありがとうございます。
さすがですね。 そう、おっしゃられる通り、『長いお付き合いになる』という事に気が付くことができるのは、とても大切なことですよね。
まだまだ拙い私ですが、自分なりに学んだことをこうして書き綴っていきたいと思っています。
宜しければこれからもゆっくりとお付き合い下さい。(笑)

>A2Cさん

お店にとっては、純正部品の販売や修理などは殆ど利益になりません。 そんな自分の相手などせずに、新規のお客さんへの応対をして新車の販売に時間を費やす方が、遥かに利益へ繋がります。 それなのに自分の相手をしてくれているという事は、大変有難い事なのですね。

だからこそ、買い手である自分自身が謙虚にならなければと思っています。(微笑)

こんばんは。
販売店との信頼関係、確かに大切ですよね。
以前ある車の購入ガイドのような雑誌に買い手も売り手もフィフティ・フィフティの立場であることを忘れなければ最終的には得をするみたいなことが書かれてましたがまさしくその通りですよね。
買い手も横柄な態度に出るべきではありませんよね。
しかしレベルの低い売り手が実在することもまた事実でしょう。
まあそういう店には以後絶対に立ち寄らないようにしています(笑)
お互いが信頼関係を築けるお店、私も巡りあえて本当に良かったと思ってます

こんばんは。
盛豚さんの書かれてること、その通りだと思います。
お金では買えないものって色々あると思いますが、信頼関係もその一つですよね。
何歳になっても教えを請うという姿勢は忘れてはいけないことだと思ってます。
また、自分で出来そうなことはなるべく自分で出来るように努力して、つまらぬことでお店に時間を取らせないように、とも心掛けています。

>kimotoshiさん

私もこれまでの自転車に限らない色々な買い物で、信頼関係を得られたケースは限られたものでした。 こちらが礼を尽くしても、相互関係に至ることは決して多くはありません。
売り手も買い手も横柄な態度は禁物ですが、時々『敬語で話す人には横柄で、高圧的な人には腰が低い。』みたいな変わった人を見かけることがあります。 このような手合いには信頼関係など期待できませんね…。

私があの方に出会う事ができたのは、幸運というより他にありません。
kimotoshiさん、お互いに良い縁に恵まれましたよね!

>wembleyさん

こんばんは。

自分で綴った言葉を読み返す事で、自分に言い聞かせる事にもつながると思っていますが、こうしてコメントを頂けますと、更に改めて感じるものがあります。

自らを律する事。 そして賛同頂ける事。 自分なりに学び考えた事を確かめる事ができて、大変有難く思います。

これからも一緒に微笑んでいきましょうね。(笑)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自転車販売店さんとの『お付き合い』:

« 『Coast to Coast』に憧れて⑫ | トップページ | 盛豚は甘い物が好き! »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ