最近のトラックバック

« ありがとうございます。 | トップページ | 『茶話会(さわかい)』開催のご案内 »

ブロンプトンのカスタム その2(右ペダル)

ブロンプトンの純正ペダルは、左側が金属製の折り畳み式であるのに対して、右側は強化プラスチック製の物が付いています。 最新モデルでは右側も強化プラスチックの中心部に、金属製ワクの組み合わせとなっているようですが、盛豚は金属製の方が好みです。

たまたま手元に余っていた『三ヶ島プロムナード』がありましたので、これを取り付けています。

Dscf0503

.

このペダルは、一台目に購入したBSモールトンS18に標準装備で付いていたのですが、BSモールトンにはビンディングペダルを装着したので、余剰部品となってしまっていた物です。 デザイン的にもブロンプトンに良く似合うと思っており、自分では気に入っています。

取り付けた後に気が付いたのですが、このペダルにはリフレクター(反射板)が付けられていました。 パーツとして『三ヶ島プロムナード』を購入するとリフレクターは付いていませんが、ブリヂストンサイクルさんが完成車輌としてBSモールトンS18を販売するにあたり、リフレクター(反射板)を取り付けて販売されているのですね。

盛豚がこれまでに調べて知る限りでは、ペダルのリフレクター(反射板)そのものについては、厳密には法律上で義務付けられていない様ですので、これはメーカーさんとしての配慮なのだと思われます。
灯火リフレクター(反射板)の重要性については、常々強く感じていますので、安全に対するこうした配慮をするメーカーさんについては、その企業の姿勢を高く評価しています。(盛豚みたいな一個人が勝手に評価しても、メーカーさんは一文の得にもならないかもしれませんが…。(笑))

因みにブロンプトンに一般的なペダルを取り付けるためには、少々専門的ノウハウが必要になることがあります。 そのままでは付けられないペダルもあるからです。
販売店さんとの信頼関係を大切にして、素直にペダルの注文とセットでお願いする事をお勧めします。

« ありがとうございます。 | トップページ | 『茶話会(さわかい)』開催のご案内 »

ブロンプトン」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。同僚のK氏は盛豚さんと同じ緑ブロですが、2009年モデルです。
今度ペダルを金属製にしたいと言っていたので盛豚さんのはおおいに参考になると思います。
品のいいカスタムは真似したいですが没個性にならないようにするのが難しいところです。
私はヤンキー仕様にならないよう用心用心。

>いずみさん

強化プラスチックでも悪くはありませんが、万一の出先での転倒などによる破損のことを意識すると、金属製の方が丈夫で安心できる気がしたので、交換しました。
ペダル交換を検討されている同僚の方にも、私が7月28日に書いたログをご参照頂き、ぜひリフレクター(反射板)をセットで装着して頂きたいと願っています。 

>品のいいカスタムは真似したいですが

ありがとうございます。(照)  でも私のブロンプトンの仕様は、あのお店の新しいカスタムがリリースされる中から取り入れましたので、その商品のセンスが良かったという事でしょうね。 自分としては地味にいじっているつもりです…。(笑)

右ペダル、私は信頼出来るお店に相談してこれにしました^^
ttp://bicitermini.com/b/2009/08/10/2281/
但しリフレクターは付いてませんので、この辺り検討の余地ありですけど。

>wembleyさん

ご紹介下さったこのペダルはいいですよね~。 丈夫そうですし、右側だけの単体購入が可能ですものね!
私も余剰部品が手元になければ、きっとこのペダルを選んでいたでしょう。 あとはリフレクター(反射板)を付ければ完成ですね。(笑)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブロンプトンのカスタム その2(右ペダル):

« ありがとうございます。 | トップページ | 『茶話会(さわかい)』開催のご案内 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ