最近のトラックバック

« サイクルトレインツアーに行って来ました | トップページ | 自転車用グローブの話 »

自転車用ヘルメットの話

自転車に限りませんが、ヘルメットの着用が安全面において重要であるのは、言うまでもありません。

1

 

ヘルメットは転倒時の衝撃を吸収してくれます。 実際にあった話ですが、盛豚の知人が下り道で転倒して、立ち木に頭から激突した事がありました。(汗)  その方は首がムチウチになってしまいましたが、幸いにも命に別状はありませんでした。(ホッ…)  しかしその時にかぶっていたヘルメットは、真っ二つに割れていたそうです…。 ヘルメットが無ければ首を骨折していたかもしれません…。 ヘルメットがその方を守ってくれたのですね。

衝撃の吸収以外にも副産物的な効果として、自動車のドライバーに対して「あっ自転車がいる!」と視覚に訴える効果や、「ヘルメットをかぶるくらいだからスピードも出そうだし、車で追い抜いていきなり左折をしたら、巻き込んでしまうかもしれないな。」という警戒心を促す効果もあるようです。(実際に複数のドライバーの方々から聞いた意見です。)
ヘルメットには色々な形で降り掛かって来る危険を軽減する効果があるのです。 盛豚はのんびり走る時には帽子をかぶる程度ですが、行事に参加する時や多少スピードを出して走る時は、ヘルメットを用意します。

最近では自転車用のヘルメットも多くのメーカーさんから販売されています。 どのメーカーさんの物が良いのかは一概ではありませんが、外国製のヘルメットは頭の形が全く合いませんでした。 頭の形は欧米人が前後に長く、日本人は横幅が広い傾向があるそうです。 この辺がヘルメット選びの基準なのかもしれませんね。

盛豚は『Selev』を愛用していますが、周囲には『OGK』を愛用する方が多いと感じます。 いずれも横幅が広めで日本人の頭の形と相性が良いタイプで、試着して選んだそうです。
ヘルメット選びに試着は必須ですね。

J2

裏から見るとこんなカンジです。

« サイクルトレインツアーに行って来ました | トップページ | 自転車用グローブの話 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

ヘルメット、重要っすよね。
わたしも、過去にヘルメット未着用で自転車通勤してた頃に、転倒/脳震盪/頭部擦過傷になった事があり、以来ヘルメットをかぶるようになりました。

スピードに関わらず、路面に墜落する/頭を打ち付けるのは怖いっす。

通勤では収納の都合で簡易型タイプのカスクを着用しますが、遠出する際はOGKのヘルメットを着用します。慣れの問題でしょうか?今ではヘルメットと手袋がないとやっぱり不安です。

私も山で乗ってて下りで転倒し頭を打ちましたが、ヘルメットが割れただけで済みました。

>yukkyoさん

>過去にヘルメット未着用で自転車通勤してた頃に、転倒/脳震盪/頭部擦過傷になった事があり…

そんな過去があったのですか…、でも回復されて何よりです。 幸いにも私はまだヘルメットに実力を発揮してもらった事はありませんが、もっと普段からもかぶる様にしなきゃダメですね…。(反省)

>赤トラ乗りさん

なるほど、カスクとヘルメットを使い分けてられるのですね。 ヘルメットや手袋がないと不安に感じられるのは、良い事だと思いますよ。
私ものんびり普段乗りの時にも、帽子だけでなくもっとヘルメットをかぶらなければなりませんね。(反省)

>柏餅さん

ヘルメットが身代わりとなって自分を守ってくれたという経験は、とても貴重なものだと思います。 きっと柏餅さんは人一倍にヘルメットの大切さをご存知なのでしょうね。
せっかく助かったお体ですから、大事にして下さいね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自転車用ヘルメットの話:

« サイクルトレインツアーに行って来ました | トップページ | 自転車用グローブの話 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ