最近のトラックバック

« 第十一回戦 | トップページ | 調整 時々定食… »

信号待ち

信号待ちのひと時は、時にちょっとした出会いやドラマを生むことがあります。

12072200

. 
自転車で、オートバイで、自動車で…。 信号待ちのひと時には、結構色々と出会いや思い出があったりします。

 

この日はブロンプトンで大阪市内へ出かけていました。 帰り道に変形型の交差点があったので歩道を押して歩き、横断歩道に向かってブロンプトンのフレームを跨いで立った状態で信号待ちをしていると…

  
声 : 「Nice bike.(いい自転車だ)」

  
声の方を振り向くと、カジュアルな服装ながらやけに紳士的な二人の黒人さんが、盛豚と並んで信号待ちをしてこちらを見ていました。
そして続けてきます。

  
黒人さんA : 「Nice bike.(いい自転車だな。)」

盛豚 : 「Thank you.(ありがとう。)」

黒人さんB : 「Brooks.(ブルックスのサドルじゃん。)」

盛豚 : 「Yes.(うん。)」

黒人さんB : 「Nice choice.(いい趣味だな。)」

盛豚 : 「Thank you.  …England. Ah… Brompton.(ん、ありがとう。 イギリスのだよ。 えっと…、ブロンプトンっていうんだ。)」

黒人さんA・B : 「I know. Nice bike.(ああ、知ってるよ。 いい自転車だよな。)」

盛豚 : 「Thank you.(ありがとう。)」

  
やがて信号が青になり、国境を越えたひと時の出会いに終わりを告げます。
盛豚はブロンプトンにまたがって走り出しました。

  
盛豚 : 「Bye.(じゃぁね。)」

黒人さんA・B : 「Bye.(じゃあな。)」

 

一期一会。 信号待ちがもたらしたひと時でした。

 

« 第十一回戦 | トップページ | 調整 時々定食… »

自転車」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。こういうのって時々ありますね~。
私は外国の方には一度だけ声かけられたことあります。
おそらく「ええ自転車やね、なんていうの?高いんやろ?」って言ってはったような
気がします。ありがとう、くらいしか返せなかったですけどね~。
自分の英語のできなさにサドルに片手をかけて反省・・(笑)

>いずみさん
 
おぉ、関西弁の英語(?)をしゃべる外人さんですか! さぞ驚いたでしょう?
 

……
おっ、早速片手をかけてますね。(笑)

この記事へのコメントは終了しました。

« 第十一回戦 | トップページ | 調整 時々定食… »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ