最近のトラックバック

« 盛豚とマンリー商会さん | トップページ | パン天国とパン屋のオヤジ »

自転車用グローブの話 2 (夏でもフルフィンガー!)

自転車の夏用グローブを新調しました。

12091200

.

手持ちの夏用フルフィンガー・グローブ(指先まであるヤツね。)に穴が開いてきたので、お店に夏物がある内に買い足しました。 選んだのはパールイズミ・トライDシステム『にぎり上手』のLサイズです。 グローブのフィット感にうるさい盛豚のグローブ選びで、7個目にして初めてパールイズミさんの製品を購入しました。  

12091201  

市販品とはすなわち万人向けの汎用品ですので、フィット感についてはある程度は妥協しなければならない事なのですが、どんな乗り物でもその操縦において手と足は乗り物とのコンタクトポイントですから、そのフィット感がおざなりになる事は容認し難いものがあります。
少し大げさな事を言えば、同じメーカーの同じ銘柄の同じサイズであっても、時々その個体差によってフィット感が少し異なるケースもあります。 16歳でオートバイに乗り始めた頃から、盛豚は試着できない商品取り寄せや通販でグローブを購入した事がありません。

.

以前にも述べましたが、グローブには転倒時のケガを軽減する効果とグリップを握る時のフィット感の補助効果という、二つの大きな役割りがあると考えています。 この二点を重要視するなら夏場でもフルフィンガー・グローブ(指先まであるヤツね。)を選ぶ方がいいと考え、盛豚はよほどチンタラと出かける時でない限り、夏場でもフルフィンガー・グローブを使っています。

 

盛豚がオートバイに明け暮れていた頃、グローブをしていないライダーが転倒して「ガードレールで指を五本とも切断した」とか、「路面で指先の第一関節まで大根おろしみたく削れて無くなった」とかいうブラックなハナシをよく聞いたものです。 自転車も下りではオートバイ並みにスピードが出る乗り物ですので、ビギナーの方から相談を受けたら「天の声と思って聞いて欲しい!(盛豚が神サマという意味ではナイ…)」と前置きして、フルフィンガー・グローブをオススメしています。

 

そして今回、盛豚の手(少し大きめなのに、横幅がやや狭くて厚みも薄く、指も長くて少し細めです。)にフィットするグローブ探しは困難を極めました。 なんと探し始めてから実に一年半もかかったのです…。

.  

お気に入りのカンパニョーロ製は、平成オイルパニック以来値上がりしてしまったせいか、大阪界隈では店頭に置いているお店がほとんど無くなってしまいました。 その上近年では同社製のウェアー類に関して対日輸出用にアジアンサイズが導入されてしまったらしく、横幅は大きいわ指は短いわで盛豚の手にフィットする物が手に入りません。 ヨーロピアンMサイズが欲しい盛豚としては現物の仕様や質感・フィット感を確認する方法が無くなってしまい、泣く泣く新規開拓の道に進んだのでした…。

そして先日、フィルム現像の待ち時間に立ち寄ったお店で、やっと「これならまぁまぁだな…」と思える物を見つけました。 親指だけが少し短めな気もしますが(開発スタッフは試着しているのだろうか?)、ギリギリ妥協の範囲内でしたので、この際色は妥協して購入に踏み切りました。

(黄色は無いのか…。)
12091205  

実を言うと同社製品については、これまでグローブ・ソックス・ジャージ・レーパンのどれをとっても盛豚の体との相性がイマイチで(製品の性能の良し悪しという問題ではなく、単にサイズと形状の相性というハナシです。 誤解の無いように…。)、初めて買ったソックス以降は縁が無い日々が続いていました。 今回のグローブは指も四方縫いで長さは十分ながら太くなく(ココ大事!)、立体構造と謳うだけあって握り方向にカーブした形状になっています。 そして手の平の長さは若干不足気味ながらタイト感はまずまずです。 また、手の平・指の腹側の面はメッシュ構造なので暑さ対策もちょっと期待できます。

購入してから早速LOW-RACERで試乗に繰り出しましたが、これまで使っていた他社品(カンパじゃないよ…)に比べて格段の使い心地でした。 あとは経時変化で縮んで来るか伸びて来るかですが、こればかりは使い込んでいかないと分からないので、もし縮んだら次回はXLサイズを選ぶつもりです(珍しくリピートの意向?)。

12091202  

そうそう、自転車用のグローブって内縫い(縫いしろの耳が内側になっていて、外側がツルンとしているコトね。)の製品ばかりなんですよね。 みんな「そのほうがレバー操作がし易いから」と言われているんですが、オートバイ(レースごっこや大型バイク)の経験がある盛豚としては外縫いの方が好みなんですけど…。

(余談ですが盛豚がオートバイに明け暮れていた頃、外縫いのグローブは高級品扱いでしたが、品質と性能に厳しいGPレーサーやA級レーサーや峠小僧やリッターバイクのオーナーは、例外なく外縫いのグローブを使用していました。)

内縫いのグローブは指全体に四方・二方から縫いしろの耳が絡んでくるので、ガサガサした肌触りは不快感がありますし、指先はそれらが集中して爪先の生え際に挟まるので、操作感もヘッタクレもあったものではありません。 でも布製の四方縫いじゃあ強度的に縫いしろの耳が大きくなるから仕方ないのかもなぁ…。

 

どこかオーダーメイドに応じてくれるメーカーさんが無いものかなぁと、結構真剣に考える今日この頃です…。

 

 

« 盛豚とマンリー商会さん | トップページ | パン天国とパン屋のオヤジ »

自転車」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
自動二輪の経験が無いためか夏はグローブ装着を忘れるんですよね(汗)
ロードでも忘れるのであきません。
確かに未装着だと落車したときなどは非常に危険ですよね。
私の場合、まずはグローブ装着の重要性を頭の中に叩き込む必要がありますね(大汗)

>kimotoshiさん
.
物欲の対象となるグローブを見つける事が一番の解決策かと思われます。
やっぱりカンパっすかね?(笑)

この記事へのコメントは終了しました。

« 盛豚とマンリー商会さん | トップページ | パン天国とパン屋のオヤジ »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ