最近のトラックバック

« LYNXXとLOW-RACERでランデブー2 | トップページ | 人生の財産 »

下積みと勉強

何かを志す人がどれだけ本気なのかを判断する一つの基準として、下積みに対する姿勢が挙げられると思う。

12100700_2

.

下積みには振い落としの意味もあると同時に、忍耐力の鍛錬も含まれていると思う。 中学時代のクラブ活動でも、体育会系クラブでは入部後しばらくはひたすら走らされたものだった。 テニス部だと自分のラケットを握らせてもらえるのは三ヶ月以上経ってからで、初めてボールを打たせてもらったのは半年後だったと記憶している。

食の世界ではひたすら洗い物だろう。 腰や背中が悲鳴を上げるが、この世界での下積みはちょっとラッキーな例外だと思う。 なぜなら下積みをしながら究極の勉強ができるからだ。
食の世界において味はその店の顔であり、究極のノウハウの結晶でもある。 洗い物をしているといきなりその全てを毎日勉強できるのだ。 そう、洗い物の器にはその店のノウハウの結晶が付着しており、その全てを味見してながら修行できるのである。
もし皿洗いをさせられて不満を言う者がいるのなら、その人物に食を志す適性は無いだろう。

 

下積み… それはある意味究極の勉強だと思う…。

 

« LYNXXとLOW-RACERでランデブー2 | トップページ | 人生の財産 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
私もテニス部だったんですが、1年のときは球拾いと素振りばっかりでしたね。
球拾いで脚力つけながら先輩の打ち方みて学んでいたんですよね。
どんなことにしても下積みって必要ですよね。
たくさん学んで素敵なパンを作ってくださいね。楽しみにしております。
写真はあのクリームなのでしょうか。

こんにちは。
目標への次ステップは順調な滑り出しのようですね。
盛豚さんのその姿勢があればきっと成功されることでしょう。
夢が実際に形になった時を楽しみにしてますよ。

>いずみさん
.
ハイ、あのクリームです。 洗い物は美味で… 楽しいです。 「いずみさんがクリームが思ったほどトロトロじゃなかった」と言われてたと伝えたら、店長は本気になった様です。 トロトロのクリームを包むのは物凄く難しいのですが、「食感優先でヤル!」と言ってました。

>kimotoshiさん
.
ありがとうございます。 ようやく潜り込む先を見つけました。 頑張ります。

この記事へのコメントは終了しました。

« LYNXXとLOW-RACERでランデブー2 | トップページ | 人生の財産 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ